Written by ツッキー

【OpenSea(オープンシー)】NFTアートの買い方|初心者向けに丁寧に解説

NFT

NFTを買いたいひと「OpenseaでNFTを買いたいな~。買い方を教えて欲しい。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • NFTアートを買うための事前準備
  • NFTアートの買い方【4つの手順】
  • NFT購入時によくある質問Q&A

本記事のミッション

NFT初心者のあなたがNFTアートをOpenseaで買えるように解説すること。

この記事では、NFT取引を行う筆者がOpenSea(オープンシー)でNFTアートを買う方法・購入手順を丁寧に解説していきます。

ツッキー
ツッキー

完全初心者向けに、一歩ずつ解説していくので、記事を読み終えることで、あなたもNFTを買えるようになります。

それでは最後までよろしくお願いします。

NFTをOpenseaで買うための事前準備【全体像を確認】

【OpenSea(オープンシー)】NFTアートの買い方|初心者向けに丁寧に解説

はじめにNFTをOpenseaで買うまでの全体像・流れを確認しましょう。次の通り。

  • 手順①:イーサリアム(ETH)を購入
  • 手順②:MetaMask(メタマスク)にETHを送る
  • 手順③:MetamaskとOpenSeaを接続
  • 手順④:OpenseaでNFTを買う

図で表すと以下のような流れ。

NFTをOpenseaで買う流れ

正直「Metamask?ETH?なに…」という感じかと思うので、まずはこのあたりの説明をしつつ、事前準備をしていきましょう。

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)はNFT売買で使われるメインの仮想通貨。メタマスクにイーサリアムを送ってNFTを買うのです。

NFTを買いたいなら必須ですね。

イーサリアムが買える国内取引所

ちなみに、このイーサリアムを買うのは上記の国内取引所がいいです。なぜなら取引所自体が使いやすく、信頼できるところだからです。

実際多くの個人投資家に、メインの取引所として選ばれてます。(»引用記事

コインチェックかビットフライヤーの口座開設を進め、NFTを買う事前準備として、イーサリアムを買いましょう✨

>>ビットフライヤー(bitFlyer)でイーサリアムを買う※手数料が少し安いです

>>コインチェック(coincheck)でイーサリアムを買う

Metamask(メタマスク)

メタマスクは、仮想通貨の保管専用のお財布。※通常ウォレットと呼ばれる。

ウォレットの種類はさまざまですが、メタマスクは対応範囲が広いので、これさえあれば安心です。Openseaでも推奨されてるウォレット。

Openseaでも推奨されてるウォレット-metamask

※注意点としては、Metamaskは人気すぎて、偽物まで出回ってること。インストール時は、信頼できるリンクを踏んで、インストールするようにしましょう。

なお、以下URLは安全。安心してインストール・登録してください。

»メタマスク(Metamask)のページはこちら。(Google拡張機能)

メタマスクの使い方

【Opensea】NFTアートの買い方|手順4つを丁寧に解説します

NFT取引の全体像、事前準備がだいたいわかったと思いますので、次に実際にNFTを買っていきましょう。

手順は次の4ステップです。

  • 手順①:イーサリアム(ETH)を購入
  • 手順②:MetaMask(メタマスク)にETHを送る
  • 手順③:MetamaskとOpenSeaを接続
  • 手順④:OpenseaでNFTを買う

ではひとつずつ解説します。

手順①:イーサリアム(ETH)を購入

繰り返しですが、NFT売買にはイーサリアム(ETH)が必須。

まずはイーサリアムを購入し、準備しましょう。

手順②:MetaMask(メタマスク)にイーサリアム(ETH)を送る

次に購入したイーサリアムをメタマスクに送ります。

具体的な手順については、以下の記事で実際の画面をお見せしながら、解説してます。見ながら進めてみて下さいね😊

手順③:MetaMask(メタマスク)とOpenSeaを接続

次にメタマスクとOpenseaを接続します。

まず右上のウォレットマークをクリック。

右上のウォレットマークをクリック

そこでMetamaskを選択。

Metamaskを選択

署名をして、ウォレットをOpenseaを接続します。

ウォレットをOpenseaを接続
これでOpenseaとメタマスクの接続は完了。
ツッキー
ツッキー

あとはNFTを買うのみ✨早速ですが、買っていきましょう!

手順④:OpenseaでNFTを買う

まず買いたいNFTコレクションを検索します。※今回はCNPを例にします。

Crypto Ninja Partners(CNP)を検索

そうすると、下のようにNFT一覧が見れます。

CNPコレクション

そこで購入するNFTを選択し、【BUY NOW】をクリック。

購入するNFTを選択しBUY NOW

内容を確認する画面になるので、内容を確認したうえで、チェックボックスにチェックを入れます。

【checkout】をクリック。※初めてのNFT購入の場合は、同意画面がでるので、そちらにもチェックを入れます。

【checkout】をクリック

【Unlock】をクリック。

【Unlock】をクリック

つぎに【Sign】をクリック。

【Sign】をクリック

最後に発生するガス代(手数料)が表示されます。内容を確認して【確認】ボタンをクリックしましょう。

ガス代(手数料)が表示

ステータスが下のように、【Your purchase is processing!】から【Your purchase has processed!】になったら、取引完了です✨

↓↓↓↓↓↓↓
Your purchase has processed!

【確認】最後に買えてるかどうかを確認します。

プロフィールの左側にある【Collected】のところに入ってますので、確認しましょう😊

NFT取引-最後に買えてるかどうかを確認

お疲れさまでした。これでNFT取引は完了。

»最初からもう一度確認したい人は、こちらからどうぞ。

OpenseaでのNFT購入時によくある質問Q&A

OpenseaでのNFT購入時によくある質問Q&A

最後にOpenseaのNFT購入時によくある質問にお答えしていきます。

質問①:日本語表示にできますか?

右クリックで【日本語に翻訳】をクリックすると、ページ全体を日本語訳してくれますよ。

日本語表示にできますか?1

※戻す場合は、ページの上部のGoogle翻訳のアイコンから変更可能。

日本語表示にできますか?2

質問②:買えないNFTがあるんだけど・・。

OpenseaのNFTには3つのステータスがあります。

OpenseaのNFTには3つのステータス
  • ①Price:販売中
  • ②Top Bid/Bid:オークション中
  • ③Last/無表示:非販売中

①の販売中のものはすぐに買えるNFTです。まずはここから選ぶのがいいと思います。※カーソルを合わせたときに【Buy now】と表示される。

opensea-すぐに買えるNFT

質問③:NFT購入の初期費用・手数料は?

NFT購入の初期費用は2万円ほど。買うNFTにもよりますが、だいたいこのくらいあれば大丈夫でしょう。

内訳は下記の通り。

  • ①:メタマスクへのETHの送金手数料(1,000~3,000円)
  • ②:NFT購入時の手数料※ガス代(5,000円~10,000円)
  • ③:NFT自体の値段(ものによる)

なので、メタマスクに送金する際は、購入したNFTの値段+1万円ほどを入金するとベターですね。

※より細かく知りたいひとは以下の記事をご覧ください。

質問④:購入したNFTはどこで保管すればいいですか?

ハードウェアウォレット「Ledger Nano」を使用するのがベストです。

ハードウェアウォレットに入れとくことで、インターネットから切り離したオフラインでの管理が可能に。

メタマスク内に入れとくと、ハッキングにあってNFTを盗まれやすいですからね。

関連記事

まとめ:OpenseaでNFTデビュー

今回の記事では、OpenSea(オープンシー)でのNFTアートの買い方、購入手順を確認しました。

NFTアートの購入手順【Opensea】

  • 手順①:イーサリアム(ETH)を購入
  • 手順②:MetaMask(メタマスク)にETHを送る
  • 手順③:MetamaskとOpenSeaを接続
  • 手順④:OpenseaでNFTを買う

今回の記事と、それぞれの手順の関連記事を見ることで、OpenseaでNFTを購入できます。

今回の記事を見つつ、進めてみて下さいね✨(ブックマ推奨)

ぜひOpenSeaでNFTにデビューしていきましょう。

ということで、以上です。
それではまた。

>>NFTをOpenseaで買うための事前準備に戻る