Written by ツッキー(Tsucky)

【疑問】NFTは意味ない?【基本的に無価値、断言します。】

NFT

NFTを始めようか迷ってるひと「NFTが最近ブームになっていてやってみたい気持ちはあるけど、どうにも価値を感じません、、、、というか意味ないように思いますが、どうなんですかね・・。やってみる価値ありますか?」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • NFTに意味・価値はありますか?
  • NFTアートを始めることに価値はあるか
  • NFTアートは今後どうなりうるか

この記事を書いているぼくはNFTコレクターです。またNFTアートだけでなく、仮想通貨にも投資してます。

そんなぼくが「NFTって意味ないの?価値はあるの?」という疑問にお答えします。

それではよろしくお願いします。

NFTに意味はあるの?【基本的に『無価値』です】

【疑問】NFTに意味はありますか?【基本的に意味ない、断言します。】

結論をまずお伝えしますが、「NFT」自体は無価値です。

なぜならNFTはあくまでも技術であり、デジタルデータに証明書をつける程度の役割だからです。

ツッキー
ツッキー

本質的には、「アート」自体に価値があります。

あくまでもアート作品自体の価値を守る技術がNFTというわけです。(※アートに限らず他のデジタルデータも同様です。)

もしかするとひとによっては「NFTというすごい技術にも価値はあるんじゃないの?じゃないとただの画像ファイルに高額な価格が付くわけないでしょう・・・」と思うかも。

これも至極まっとうな意見ですが、やはりNFTという技術は無価値です。(※当たり前ですが、すごさは認めます。)

なぜなら、ありきたりのNFTアートがある一方で、以下の「Zoobie」や「おにぎりまん」さんのように作品の魅力によりファンが多い、価格が高いNFTアートがあるからです。

Zombie Zoo

おにぎりまん

上記は素晴らしい作品ですが、これまでは画像ファイルはいくらでもコピー可能だったため、価値が付きにくく魅力はありませんでした。

しかし、NFTにより「一点もの」であることを証明し、所有権を主張できるようになったことで、価値が付いたわけです。

もし、NFT自体に価値があるのであれば、すべてのNFTアートに価値がつくはず。

ツッキー
ツッキー

ですが、現状はそうなっていません。

このように、あくまでも、作品に価値があり、その価値を守るのがNFTという技術であることが分かるかと。

要するにまとめると「NFT自体は無価値、作品に価値がある」というわけです。

素晴らしいNFT作品だとそれを担保にお金がひっぱれます。

なお素晴らしいNFTアートの場合、それを担保にお金を借りることもできます。(参考記事)

また、米暗号資産取引サービス大手クラーケン(Kraken)はNFTを担保としたローンを開発すると発表してます。(参考記事)

しかしながら、すべてのNFTアートを担保にすることはできません。

あくまでも「素晴らしいNFTアート作品」の場合に、資金を借りられるわけです。

ツッキー
ツッキー

このことからもNFTという技術自体に価値はなく、あくまでもアート作品自体に価値があるのがわかるかと。

金額面以外のNFTアートの価値

金額面以外の価値をtochiさん(@tochi1203)がわかりやすくまとめていたので引用させていただきます。

NFTを買えばわかる5つの価値(by とちさん)

  • ①所有欲求の充満
  • ②手放さない
  • ③ギャラリーにニヤける
  • ④クリエイター支援
  • ⑤ホルダーのつながり

上記全ては、NFTだから価値を感じるわけではなく、「魅力」ある作品を買うことでわかる価値です。

繰り返しになりますが「NFT自体は無価値、作品に価値がある」というわけです。
※大事なことなので、繰り返しました。

NFTを始めることに価値はありますか?【大丈夫、価値あります】

NFTを始めることに価値はありますか?【大丈夫、価値あります】

ここまでで「NFT自体は無価値、作品に価値がある」ことを繰り返しお伝えしました。

これを聞いたひとのなかには「NFTではなく、アート作品に価値があることはわかったよ。では、自分がこれからNFTを始めることに価値はありますか?」と思う方もいるかも。

この質問に対する答えですが、結論としては、『価値あります!』

というのも、現状のNFTアート界は絶対的なアート作品というものはなく、まだまだ参入できる分野だからです。

ちなみにNFTを始める方法としては、「NFTを買う」「NFTを作る」の二つの選択肢があります。

  • NFTを買う:価値のあるNFT作品を買う。
  • NFTを売る:価値のあるNFT作品を作って売る。

ほかにも、NFTアート作品をプロデュースするなどの選択肢がありますが、実績がない状態では厳しいです・・。

上記、二つのどちらかでNFTに参入するのがいいかと思いますね。

「NFTを買う」「NFTを売る」どちらがコストを抑えてNFTを始められますか?

圧倒的に「NFTを売る」の方がコストを抑えられます。一方で難易度は「NFTを売る」の方が高いです。

ツッキー
ツッキー

トレードオフですね。

なので、まずは「NFTを売る」でNFTてどんなもんかを掴んでみるのがいいかと。

こちらの記事「NFTアートの販売方法と売るコツを徹底解説」でNFTアートを販売する手順を解説してます。ご参考に。

※ちなみに初心者には「ドット絵」もおすすめです。ズービー(Zoobie)のように魅力ある作品が作れるかも。

上記のようなドット絵のNFTアートが作れる無料アプリをこちらの記事「【無料】ドット絵のNFTアートを作るアプリ2選!Openseaに出品しよう」でお伝えしています。ご一緒にどうぞ。

よくある質問①現状のNFTはバブルじゃないの?【バブルかも・・】

もしかすると、現状のNFTはバブルかもしれません。

ツッキー
ツッキー

「バブルなのか、バブルではないのか」それは誰にもわかりません。

とはいえ、インターネットがバブルだった時もそうですが、バブルがはじけても、インターネットがなくなったわけではありませんでした。

それと同様にNFTのバブルが弾けても、なくなることはありません。

ツッキー
ツッキー

あくまでも、くだらないもの、価値が低いものが淘汰されるだけです。

個人的には「NFTはバブルじゃないの?」とは思いつつも、そのバブルにうまく乗れるように行動するのがベストな行動だと思います。

まとめ、価値を感じよう

ということで、今回の記事は以上です。

以下で内容をおさらいします。

NFTに意味はありますか?

NFT自体は無価値、作品に意味があります

NFTの始め方

  • NFTを買う:価値のあるNFT作品を買う。(»参考記事)
  • NFTを売る:価値のあるNFT作品を作って売る。(»参考記事)

初期投資が少ないのは圧倒的に「NFTを売る」です。

絵を作る必要があるので、手間はありますが、ドット絵であればそこまで手間をかけないでも作れるかと。(»参考記事:ドット絵のNFTアートを作るアプリ2選【無料】)

まずは「NFTを売る」でNFTてどんなもんかを掴んでみてから、NFTを買うかどうか決めてもいいと思いますね。

ということで以上です。

※ちなみに100名が本記事の情報を得てもほとんど行動しません。
ひょっとすると1~2人くらいですかね。「価値のある作品が作れないし、やる必要がないや。」てな感じで。しかし、そこにチャンスがあります。あなたはぜひNFTに参入してみて、参加する1~2人になりましょう。

それではまた。