Written by ツッキー(Tsucky)

MetaMask(メタマスク)に仮想通貨が反映されないときの解決法

仮想通貨

MetaMask(メタマスク)を使っているひと「MetaMask(メタマスク)に買った仮想通貨(トークン)を送ったはずなのに、反映されてない。。。消えてしまったの?」

このような悩みを解決します。

この記事を読んでわかること

  • MetaMask(メタマスク)に仮想通貨が反映されないときの解決法
  • MetaMask(メタマスク)にコントラクトアドレスを追加する手順2STEP

NFTアートが欲しくて、MetaMask(メタマスク)を使い始めたばかりの方とかだと、送った仮想通貨が表示されてなかったり、買ったはずの仮想通貨が見えていない場合があります。

なので、「え、仮想通貨なくなった?ロストしたのでは・・・」と絶望する方も多いのではないでしょうか?

ぼくも、コインチェックから送った仮想通貨が消えたかと思って、かなり萎えた経験があります。

ぼくと同じようなお悩みを現在持っている方のための記事です。この記事を読んで、速攻で解決していただければと思います。

それではよろしくお願いします。

MetaMask(メタマスク)に仮想通貨が反映されないときの解決法【コントラクトアドレスの追加】

結論から先に伝えますが「コントラクトアドレス」を追加することで解決できる可能性【大】です。

コントラクトアドレスを追加することで、MetaMask(メタマスク)に入ってはいるけど、表示されていない仮想通貨(トークン)を見える状態にできます。

コントラクトアドレスとは
仮想通貨(トークン)それぞれが持っている住所みたいなイメージ。

MetaMask(メタマスク)にコントラクトアドレスを追加する手順2STEP

それでは実際に以下の2STEPでコントラクトアドレスを追加していきましょう。

  • ①CoinGecko(コインゲッコー)でコントラクトアドレスをコピー
  • ②Metamask(メタマスク)にコントラクトアドレスを追加
ツッキー
ツッキー

超簡単なので1分あれば余裕でできます。一緒にやっていきましょう。

なお、今回はぼくが最近気になっているNFTBというトークンを追加していきますね。

①CoinGecko(コインゲッコー)でコントラクトアドレスをコピー

まずこちらのCoinGecko(コインゲッコー)の公式ページに飛びます。

CoinGecko(コインゲッコー)の公式ページに飛ぶ

右上にある検索窓に追加したいトークン名をアルファベットで入力し、自分が追加したいトークンを選択しましょう。

右上にある検索窓に追加したいトークン名をアルファベットで入力

すると、以下のような画面になるはずです。

CoinGecko(コインゲッコー)-NFTb検索結果

そこで右の方にある「コントラクト」がコントラクトアドレスがある場所です。キツネの横の部分をクリックして、アドレスをコピーします。

CoinGecko(コインゲッコー)-コントラクトアドレス-コピー

スマホ版の場合

なお、スマホ版では以下の箇所にあります。

CoinGecko(コインゲッコー)-コントラクトアドレス-コピー-スマホ

②Metamask(メタマスク)にコントラクトアドレスを追加

つぎにコピーしたトークンアドレスをMetamask(メタマスク)に追加していきます。

まずMetamask(メタマスク)を開き、「トークンを追加」もしくは「Import tokens」をクリックします。

Metamask(メタマスク)にコントラクトアドレスを追加

そこにコントラクトアドレスをペーストして、「トークンを追加」をクリックします。なお、コントラクトアドレスをペーストすると、トークンシンボルやトークンの桁数などは自動で入力される。

コントラクトアドレスをペースト

これだけで以下のようにMetamaskにトークンを表示させることができるようになります。

MetaMask(メタマスク)に仮想通貨が反映された

まとめ、それでも解決できない場合は

ということで、今回の記事の内容は以上になります。

無事、あなたが表示させたかった仮想通貨(トークン)は見れましたか?

もし、表示はできたけど、残高がゼロになっているなど、解決できない場合は他の可能性が考えられます。

  • 送金の処理中。
  • 間違ったトークンを追加してしまった。
  • 実際は取引ができておらず、購入ができていない。
ツッキー
ツッキー

上記をひとつずつ確認してみて下さい。

今回の記事があなたの参考になれば嬉しいです。

なお、これから本格的に仮想通貨について学びたいひとはメルマガを活用し、学習・情報収集をするのがおすすめです。最新の情報をいち早くキャッチし、いち早く動けるので。

それではまた。