Written by ツッキー(Tsucky)

【簡単】OpenseaでNFTアートを出品する手順5ステップ【販売までイメージできます!】

NFT

自分のNFT作品を出品したいひと「自分でNFT作品を出して稼ぎたいな。NFTの出品・販売のやり方を教えてください。」

上記のような悩みを持つあなたにとって、本記事は大いに読む価値のある記事です。

本記事の内容

  • OpenseaでNFT作品を販売する手順5ステップ

NFTで儲かると、今の生活を変えることができるかも。日々の生活があると、リスクを背負って今の生活を変えようと行動するのは、なかなかできないのが現実ですよね。

なので、あなたのお金のかからない趣味(絵描き、写真撮影など)を生かしながら、NFTという現在進行形で盛り上がっている領域に踏み出すことが大切。

本記事を読みつつ、一緒に操作することで、誰でも簡単にNFT作品の出品を始められます。

実際の操作画面をお見せしながら、お伝えするので、あなたを置いてけぼりにすることもありません。

ツッキー
ツッキー

安心してついてきてください。

それでは一緒にあなたの作品を出品していきましょう。

※後述しますが、NFTをOpenseaで出品するには、ガス代(手数料)として取引通貨であるイーサリアムが必要になります。
「NFT作品を出品したい!・・だけどまだイーサリアムを持ってない」という方は、コインチェックなどの取引所に口座を開設しておきましょう。
なお、仮想通貨取引所の口座開設は基本無料なので、安心してオッケーです。

スポンサーリンク

OpenseaでNFTアートを販売する手順5ステップ【簡単】

【簡単】OpenseaでNFT作品を出品する手順5ステップ【販売までイメージできます!】

OpenseaであなたのNFT作品を出品する手順は以下の5ステップです。ご覧ください。

  • STEP①:取引所(コインチェック)で仮想通貨を入手する
  • STEP②:メタマスクでウォレット(お財布)を作成
  • STEP③:MetaMaskにイーサリアム(ETH)を送金
  • STEP④:OpenSeaでアカウント作成
  • STEP⑤:OpenSeaでNFTアートを出品

ステップが多い・・と感じたかもですが、ステップ①さえ終われば、残りステップ②~⑤は30~40分あれば余裕で終わります。

なので、審査・セキュリティ設定に多少時間がかかるコインチェックの無料口座開設はあらかじめしといて、仮想通貨(イーサリアム)を入手する準備を整えておくといいかも。

なお、各ステップの操作方法にあなたが不安を抱かないように、画像をふんだんに使いつつ、わかりやすくお伝えしますので、安心してついてきて下さい。

STEP①:取引所(コインチェック)で仮想通貨を入手する

まず仮想通貨取引所を口座開設して、NFTの購入に使う仮想通貨〝イーサリアム(ETH)〟を購入します。

NFTマーケットのシェア90%以上のOpenseaはイーサリアム(ETH)で決済するので。

なお、ぼくはコインチェック(Coincheck)という販売所を使っています。

コインチェック(Coincheck)がおすすめの理由

  • ①スマホアプリがシンプルかつ使いやすい
  • ②マネックスグループが運営しており、セキュリティが安心
  • ③取扱仮想通貨が国内最多の17種類

ちなみに、コインチェック(Coincheck)はコンビニ決済や銀行振込可能、初心者でも簡単に取引可能です。日本円で仮想通貨を買いたいなら、「コインチェック(Coincheck)」が無難かと。

大手の取引所なので怪しくないですし、口座開設自体は無料なので損はしません。
»コインチェック(Coincheck)の無料口座開設はこちら

ツッキー
ツッキー
まずは仮想通貨を買えるように準備を整えよう。

STEP②:メタマスクでウォレット(お財布)を作成

MetaMaskでウォレット(お財布)を作成

MetaMaskとはウォレットサービスのひとつ

ウォレットとは、仮想通貨を入れておくお財布のイメージです。

ウォレット(仮想通貨用のお財布)を作成し、取引所で買った仮想通貨を入れると、いろいろなサービスで仮想通貨が使えます。

どのウォレットが良いかというと、ぶっちゃけ「MetaMask」一択です。

GoogleCromeの拡張機能なのでPCでも使いやすいですし。(もちろん、スマホでも使いやすい)

ちなみに、Metamaskには偽物もあるみたいなので、インストールする時に注意しましょうね。

※なお以下URLは安全です。安心してインストトール・登録してください。
https://metamask.io

スマホの方はこちらからどうぞ

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet
開発元:MetaMask
無料
posted withアプリーチ

ここはサクッとMetamaskで仮想通貨用のウォレットを作りましょう。
Appleストア内の評価が2.2と低めなので、若干怪しげですが大丈夫です。

STEP③:MetaMaskにイーサリアム(ETH)を送金

つぎに作成したウォレット(Metamask)に、コインチェックからイーサリアムを送金します。

まず、送金先の宛先を編集しましょう。(移動順:①暗号資産の送金→②Ethereumを送る→③送金先リストの編集)

ツッキー
ツッキー
アプリ版でも同様で、Metamaskのアドレスを送金先のアドレスに追加します。

注意点ですが、絶対にコピペしてください。もし宛先を間違えると仮想通貨は消えます。

STEP③:MetaMaskにイーサリアム(ETH)を送金-1

そこにメタマスクの上にあるあなたのウォレットのアドレスをコピペ。ラベル名はmetamaskとかでオッケー。

STEP③:MetaMaskにイーサリアム(ETH)を送金-2

送金する金額を決めたら「送金」ボタンをクリックします。

ツッキー
ツッキー
これで送金作業は以上になります。

ちなみに、コインチェック(Coincheck)では送金手数料として0.005ETH(約2500円)かかります。(2021年11月末現在)

手数料はかなり高めなので、本記事を見つつ、まとめて送金しましょう。

STEP④:OpenSeaでアカウント作成

Opensea

つぎに以下の手順でOpenseaにアカウントを作成します。

手順①:まずOpenSeaにアクセスしましょう。

手順②:次にOpenseaにあなたのMetamaskを接続します。右上のアイコンのところからProfileをクリックしてください。

OpenseaのSettingをクリック

次のこの画面でMetamaskを選択して、右側に出てくるMetamaskから署名を行います。

Metamaskを選択し、署名する。

これであなたのMetamaskをOpenseaに接続完了です。

手順③:さいごに任意ですが基本情報(Username、Email Address)を入力しておきましょう。

基本情報(Username、Email Address)の入力

STEP⑤:OpenSeaでNFTアートを出品

つぎにいよいよOpenSeaでNFT作品を出品します。(約1分ほどで終わる作業)

ここまで来れば、あと少しです。(出品の操作手順は以下の①~⑤)

①右上のクリエイト(Create)→②画像ファイルをアップ→③Nameの設定
→④BlockchainはPolygon、⑤Supplyで発行枚数を設定します。

①右上のクリエイト(Create)→②画像ファイルをアップ→③Nameの設定
④BlockchainはPolygon、⑤Supplyで発行枚数を設定

なお、ブロックチェーンはポリゴンとイーサリアムを選択可能。どちらを選択すべきかは目的次第です。以下、ご参考に。

  • ①本気でNFT作品を売りたい→イーサリアム
  • ②NFT作品を海外向けに売りたい→イーサリアム
  • ③プレゼント用→ポリゴン
  • ④試しに出品したい→ポリゴン

ポリゴンとイーサリアムのどちらを選ぶべきかは、こちらの記事「»参考:イーサリアムとポリゴンどちらでNFTを出品すべき?【結論、はじめはポリゴン】」で詳しく説明しています。合わせてどうぞ。

ということで、ここまでであなたのNFT作品をOpenseaに出品できました。

ツッキー
ツッキー

お疲れ様です。これでNFTクリエイターデビュー完了!

OpenseaのNFT出品でよくある質問(Q&A)※随時追加

Q&A

おまけになりますが、OpenseaのNFT出品に関して、よくある質問(Q&A)をまとめていきます。

  • ①ガス代高すぎるんですが・・、安くなりませんか?
  • ②絵が特にうまいというわけではないですが、なにを出品すればいいと思いますか?
  • ③売れるNFT作品をプロデュースするにはどうすればいいですか?

①ガス代高すぎるんですが・・、安くなりませんか?

ブロックチェーンを「Polygon(ポリゴン)」にすることで、NFT作品を出品するさいのガス代を無料にできます。

なお、ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン使い分けに関しては、こちらの記事「»参考:イーサリアムとポリゴンどちらでNFTを出品すべき?【結論、はじめはポリゴン】」でお伝えしてますので、ご参考に。

ツッキー
ツッキー

結論としては、以下のように目的に応じて使い分けが必要です。

  • ①本気でNFT作品を売りたい→イーサリアム
  • ②NFT作品を海外向けに売りたい→イーサリアム
  • ③プレゼント用→ポリゴン
  • ④試しに出品したい→ポリゴン

②絵が特にうまいというわけではないですが、なにを出品すればいいと思いますか?

絵にあまり自身がない方は、①ドット絵、もしくは②写真を出品すればいいかと思います。

ドット絵であれば、絵の上手い・上手くないはあまり気にせず、誰かに「いいなぁ~」と思ってもらえる作品・コンセプトを作ることに専念すればオッケー。

なおオススメのドット絵が作れるアプリはこちらの記事「【無料】ドット絵のNFTアートを作るアプリ2選!Openseaに出品しよう」で紹介しているので、一緒にどうぞ。

また写真も極めるのは大変かもですが、撮影自体は絵を描くよりもだいぶハードルが低いので、絵が苦手なかたにはいいかと。

③売れるNFT作品をプロデュースするにはどうすればいいですか?

この質問は難しい質問です。ぶっちゃけ、答えはありません。

実際、多くの方は試行錯誤しているところですし。

ただ、これからNFTを出品したいあなたにとって、こちらのサムさんマトンさんが出している電子本「誰でもできるNFTマーケティング: 新人NFTアーティストに贈る「売れる仕組み」を徹底解説!」は非常に参考になると思います。

「まずはひとつ売りたい!!」という方はポチリましょう。値段も300円ほどで、ぶっちゃけ買わない理由はない。

さいごに、

ということで今回の記事の内容は以上です。

本記事は、OpenseaでNFT作品を出品する手順5ステップをお伝えしました。

OpenseaでNFT作品を出品する手順5ステップ

  • STEP①:取引所(コインチェック)で仮想通貨を入手する
  • STEP②:メタマスクでウォレット(お財布)を作成
  • STEP③:MetaMaskにイーサリアム(ETH)を送金
  • STEP④:OpenSeaでアカウント作成
  • STEP⑤:OpenSeaでNFT作品を出品

なお、「NFTアートを出品するだけなく、買ってみたい!!!」という方は以下の記事「NFTアート投資の始め方5STEP【知識ゼロの完全初心者向け】」もご一緒に。

今回の記事が「これからNFT作品を出したい!!」と思うあなたの参考になれば嬉しいです。

本記事を参考にNFTを出品されたかたはTwitterよりDMしてもらえれば、あなたのコレクションを宣伝しに行きます。(»Twitter@ツッキー)

それではまた。