Written by ツッキー(Tsucky)

【初心者向け】NFTアートの販売方法と売るコツを徹底解説【注意点あり】

NFT

NFTアートを販売したいひと「NFTアートを販売して稼ぎたいな・・。でも、NFTの出品方法がわからないや・・。」

このような悩みに答えます。

この記事をわかること

  • NFTアート販売の事前準備
  • NFTアートを販売する方法3ステップ
  • NFTアートを売るために人気アートから真似すべきこと2つ
  • NFTアートを販売するうえでの注意点

ぼくはNFTを買いつつ、NFTアートを販売してます。

そんなぼくが本記事ではNFTの販売方法を解説します。

記事を見ながら、一緒に操作すれば、簡単にNFT作品の出品を始められます。

実際の操作画面をお見せますので、あなたを置いてけぼりにすることもありません。

ツッキー
ツッキー

安心してついてきてください。

また、この記事ではNFTアートの販売方法だけでなく、記事の前半ではNFTアート販売の事前準備、後半では売るためのコツや注意点も解説します。

あなたのお役に立つ記事かなと思いますので、ぜひ参考にしてください。

NFTアート販売の事前準備

NFTアート販売の事前準備

まずNFTアート販売の事前準備をまとめます。
サクッと終わらせときましょう。

①NFTアートを作ろう

「NFTアート作品を作ること」これが最重要かなと。

NFTアート作りにオススメのアプリ3選

シリーズで作っていく、もしくはひとつひとつ丁寧に作品を作っていくかはあなた次第です。

ツッキー
ツッキー

自由ですよ。

もし、どんな絵を描くか決めきれない場合は「二次創作」アートにチャレンジするのも立派な戦略なのです。

知名度が高い作品の二次創作をすれば、無名なアーティストでも売れやすいので。

②ガス代の準備:仮想通貨を買う

ガス代を準備します。
※ガス代はNFTアートの出品でかかる手数料、初回の出品のみかかる。

ガス代は仮想通貨(イーサリアム)なので、どこかで買う必要があるのです。

ちなみに、ぼく含め多くのユーザーはコインチェックビットフライヤーという販売所を使い、ガス代分の仮想通貨を買ってます。

イーサリアムの買い方

③ウォレットの準備

おつぎにウォレットを準備します。
※ウォレットは仮想通貨専用のお財布のこと

ツッキー
ツッキー

ウォレットに仮想通貨を入れると、NFTアートの販売等で使えるようになります。

ウォレットのなかでは『Metamask』というのが一番メジャーなので、ここを使えばいいかなと。PCでもスマホでも使いやすいので。

ちなみに、Metamaskには偽物もあるみたいなので、インストールする時に注意しましょうね。

※なお以下URLは安全です。安心してインストールしてくださいね。
https://metamask.io

作成したら、購入した仮想通貨をウォレットに送れば、準備完了です。

NFTアートを販売する方法3ステップ

NFTアートを販売する方法3ステップ

NFTアートを販売する方法は下記の3ステップです。

  • ステップ①:OpenSeaでアカウント作成
  • ステップ②:OpenSeaで作ったアートをNFT化
  • ステップ③:NFTアートを出品

上記は順番が大切です。ひとつずつ進めていきましょう。

ステップ①:OpenSeaでアカウント作成

Openseaのアカウント作成は簡単。

ツッキー
ツッキー

Openseaとウォレットを接続すれば完了なのです。

下の手順①~③を順番にやりましょう。

手順①:まずOpenSeaにアクセス

手順②:次にMetamaskを接続します。右上のアイコンのところからProfileをクリックしてください。

OpenseaのSettingをクリック

次のこの画面でMetamaskを選択して、右側に出てくるMetamaskから署名を行います。

Metamaskを選択し、署名する。

これであなたのMetamaskをOpenseaに接続完了です。

手順③:さいごにですが基本情報(Username、Email Address)を入力しておきましょう。

基本情報(Username、Email Address)の入力

ステップ②:OpenSeaで作ったアートをNFT化

つぎにいよいよ作ったアートをNFT化します。
ここまで来れば、あと少し。(出品の操作手順は以下の①~⑤)

①右上のクリエイト(Create)

→②画像ファイルをアップ

→③Nameの設定

→④Blockchainの選択

→⑤Supplyで発行枚数を設定します。

①右上のクリエイト(Create)→②画像ファイルをアップ→③Nameの設定
④BlockchainはPolygon、⑤Supplyで発行枚数を設定

ブロックチェーンの選択は目的に合わせて。

ブロックチェーンはポリゴンとイーサリアムを選択可能ですが、どちらを選択すべきかは目的次第です。

以下、ご参考に。

  • ①本気でNFT作品を売りたい→イーサリアム
  • ②NFT作品を海外向けに売りたい→イーサリアム
  • ③プレゼント用→ポリゴン
  • ④試しに出品したい→ポリゴン

ステップ③:NFTアートを出品

いよいよ最後、NFTアートを出品します。

とはいっても手順は簡単。
まず右上の出品をクリックします。

ステップ③:NFTアートを出品①

値段(Price)と販売期間(Duration)を決めて、「Complete listing」をクリックします。

ステップ③:NFTアートを出品②

その後、メタマスクでの承認ボタンを押せば完了となります。
※下の画面が出ればOKです。

ステップ③:NFTアートを出品③

ということで、以上。
かなりイメージできたのはないでしょうか。

NFTアートを売るために人気アートからマネすべきこと2つ

NFTアートを売るために人気アートからマネすること2つ

ここまでで、NFTアート作品の販売方法を解説しました。

つぎにNFTアートを販売するために「人気アートからマネすべきこと」を2つ紹介します。

  • ①コミュニティ性・ストーリー性を高めること
  • ②初期販売価格を安めに設定すること(0.01~0.03 ETH)

①コミュニティ性・ストーリー性を高めること

これはマーケティング的な視点ですが、ぶっちゃけ最重要です。

作品の質ももちろん大切ですが、作品を持っていたいと思う「コミュニティ性・ストーリー性」が超重要なわけ。

たとえば「Zombie Zoo」を作る小学生のクリエイターなんかはその典型かなと。

ツッキー
ツッキー

イケハヤさんみたいなインフルエンサーは、SNSを活用しながら、自身のNFT作品をブランディングしてますよね。

このあたりは、SNSでの宣伝の仕方や、販売方法を分析して、マネできるところは、積極的にマネしましょう。

SNS初心者ならGiveAway(ギブアウェイ)を活用

実は、ギブアウェイ(いわゆる無料配布)を使えば、SNS初心者でもわりと簡単にSNS伸ばせます。

まずは、あなたのNFTアートを持ってるひとを増やしましょう。

②初期販売価格を安めに設定すること(0.01~0.03 ETH)

まずはあなたの作品を買ってもらうハードルを下げることが必須です。

そのためにも、初期販売価格を安めに設定しましょう。

ツッキー
ツッキー

買ってくれる人が増えることで、コミュニティ性も高まりますので。

NFTアート販売での注意点・よくある質問Q&A

NFTアート販売での注意点・よくある質問Q&A

さいごに、販売するうえでの注意点とよくある質問に解答していきます。

①ポリゴン(Polygon)とイーサリアム(Ethereum)はどっちがおすすめですか?

試しに出してみたい程度であれば、確実にポリゴンがいいかなと。

ツッキー
ツッキー

ガス代がかからないので。

一方で、本気でやるなら絶対にイーサリアムです。

なぜなら、NFTを本気で買ってるひとは基本的にイーサリアムで買ってるので、市場規模が大きいからです。

ポリゴンのユーザーも増えてるみたいですが、現状では本気でやるならイーサリアムでしょう。

②NFTアートを販売し始めるうえで特に注意することはなんですか?

一番気を付けないといけないのは、セルフゴックスですかね。
※セルフゴックスとは仮想通貨をなくすこと

原因としては以下↓↓があげられます。

  • ①秘密鍵の紛失
  • ②間違ったアドレスに送金
  • ③スマホやハードの故障・紛失

仮想通貨とはいえあなたの大事なお金なので、しっかり管理して「セルフゴックス」しないようにしましょう。

③NFTアートの販売は稼げますか?

稼げます。
というか、当たり前ですが、売れれば稼げます。

ランニングコストもかからないので、売れただけ稼げる世界かなと。

しかも、二次流通時にもお金が入るので、不労所得的なところもあるかもですね。

イーサリアムの値上がりでも儲かるかも

また売れると仮想通貨のイーサリアムが手に入ります。

ツッキー
ツッキー

こちらの値上がりでも儲かる可能性もありますね。

さいごに、NFTアートを販売しよう

ということで、今回の記事は以上。
以下でNFTアートの販売方法をおさらいします。

NFTアート販売の事前準備

NFTアートを販売する方法3ステップ

  • ステップ①:OpenSeaでアカウント作成
  • ステップ②:OpenSeaで作ったアートをNFT化
  • ステップ③:NFTアートを出品

人気のNFTコレクションを作るうえでは、現時点で人気のあるアートから学びのも大切なのです。

人気アートからマネすべきこと2つ

  • ①コミュニティ性・ストーリー性を高めること
  • ②初期販売価格を安めに設定すること(0.01~0.03 ETH)

ということで、今回は以上。

今回の記事がNFTアートを販売したいあなたの参考となれば、心から記事を書いて良かったなと思えます。

記事を読んで、「NFTアートの販売を始めたよ~」というひとはTwitterからこっそりDMを送ってもらえると嬉しい。

ツッキー
ツッキー

それでは素敵なNFTライフを送りましょう!

それではまた。

NFTアートは買ってみるのもあり【初心者向け】

なお、NFTアートの作成・販売のハードルが少し高いな・・と思うひとは、シンプルに買ってみるのがおすすめ。

考えることが少なく、「いいな~」と思ったものを買うだけなので。