Written by ツッキー

NFT銘柄に投資できるETF「NFTZ」とは【徹底調査】

NFT

NFTにETFで投資したいひと「NFT関連のETFはあるの?NFTが気になるけど、仮想通貨とかはリスクが高そうで踏み出せない・・。NFTにリスクを抑えて投資したい。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • NFT銘柄にETFでまとめて投資できる『NFTZ』とは
  • NFT銘柄のETF「NFTZ」の構成銘柄
  • NFT銘柄のETF「NFTZ」に投資する方法

ぼくは米国株、仮想通貨に投資する個人投資家です。

NFT関連の銘柄やNFTのETFにも投資してます。
※ETF=上場投資信託、複数の会社にまとめて投資できる

そんなぼくがNFT銘柄にまとめて投資できるETF『NFTZ』について、この記事では徹底調査します。

なお、いまのところNFT関連のETFはこの『NFTZ』だけです。

NFTZ:正式名称Defiance Digital Revolution ETF(»公式HP)
NFTとブロックチェーン関連企業に特化したテーマ型ETF
ティッカーシンボル『NFTZ』

ETFを活用することで、リスクを分散できるメリットがあります。(»参考記事)

記事の前半では『NFTZ』とはどんなETFなのか、その後、記事の後半では具体的な投資方法をお伝えします。

»「NFTZ」の購入方法が知りたいひとはこちらから。

それではよろしくお願いします。

NFT銘柄にまとめて投資できるETF『NFTZ』とは

NFT銘柄に投資できるETF「NFTZ」とは【徹底調査】

繰り返しですが、「NFTZ」はNFT、ブロックチェーン、NFTマーケットプレイスなどのデジタルエコノミーに投資する世界初のETFです。(»公式HP)
※正式名称Defiance Digital Revolution ETF

以下、NFTZの基本情報です。

ティッカーシンボル NFTZ
上場開始日 2021年12月1日
取引所 NYSE
構成銘柄数 34社
発行済株式数 850,000
経費率 0.65%
純資産 $9.93M(上場開始)
→ $12.38M(2022年2月17日時点)
ベンチマーク BITA NFT and Blockchain Select Index

「NFTZ」はNFTを直接購入するのではなく、NFT関連銘柄に投資していくものです。

「NFTZ」にはNFT関連のサービスを提供してる企業だけでなく、ブロックチェーン技術・暗号資産から利益を上げている会社も含まれてます。

「NFTZ」を利用すれば、そんな会社(34社)に0.65%と低い経費率で投資できるわけです。

また、純資産額も増えてて($9.93M(上場開始)→$12.38M)、投資家からの人気があるのも安心できます。

Defiance社の「NFTZ」の投資すべき理由

NFTZを作ったDefiance(ディファイアンス)社とそのCEO(ビエルスキー氏)は、NFTZに投資するべき理由を以下のように書いています。(»参考ページ)

  • ①NFTは、すでに美術品、音楽、スポーツに革命を起こしてる
  • ②NFTは多くの業界のモデルを変える可能性がある
  • ③NFTはインターネットを超える可能性がある
  • ④取引量が爆増してる(2021年は130億ドル※前年比400倍超)

上記のような理由から、NFTに投資すべきなんです。

投資するためのツールがNFTZ。

NFT銘柄のETF「NFTZ」の構成銘柄

NFT ETF「NFTZ」の構成銘柄

つぎにNFTZの構成銘柄トップ10を確認しときましょう。

ETFの中身を知ることで「本当に投資しても大丈夫なのか」判断できます。

Ticker 企業名 構成割合 ※2022/2/17時点
8473 JP Sbi Holdings Inc 6.06%
IREN Iris Energy Ltd 5.26%
EBAY Ebay Inc. 4.96%
CAN Canaan Inc 4.57%
COIN Coinbase Global Inc 4.26%
SI Silvergate Cap Corp 4.19%
HUT CN Hut 8 Mng Corp New Com 3.83%
HIVE CN Hive Blockchain Technologies 3.83%
DKNG Draftkings Inc 3.66%
BBIG Vinco Ventures Inc 3.62%

上記保有銘柄を見ると、ETFの説明にあるように、NFTやブロックチェーン関連の企業を中心に保有しているのがわかるかと。(»全銘柄が確認したいひとはこちら)

コインベースとかはわかりやすいですね。

NFTZの説明ページを見ると、各構成銘柄が0.5%~最大4%になるように、四半期ごとにリバランスされるそうです。(»参考ページ)

また途中で適さないと判断された銘柄については、その都度除外することになってます。

サブセクターの構成割合

サブセクターの内訳も確認しときましょう。

サブセクター 構成割合
Crypto Mining 32%
Crypto Asset Management & Trading 24%
Non Fungible Tokens 22%
Crypto Banking, Payments & Services 15%
Blockchain Technology 6%

NFTが22%なので、NFTZはNFT特化というよりも、ブロックチェーン関連企業のETFという印象ですね。

NFTZの株価のパフォーマンス

つぎにNFTZの直近のパフォーマンスを確認します。

とはいえ、NFTZはまだ始まったばかりのETFです。

パフォーマンスについては随時アップデートしますね。


NFT銘柄のETF「NFTZ」に投資する方法

NFT銘柄のETF「NFTZ」に投資する方法

NFT銘柄のETF「NFTZ」に投資する方法ですが、結論からいうと現状買えるのは『IG証券』だけです。

日本の証券会社(SBI、楽天、マネックス)でETFを検索をしましたが、ありませんでした。
証券会社 IG証券 楽天 SBI マネックス
NFTZ

ぼくは元々IG証券の口座を持ってなかったですが、NFTZへの投資をきっかけに開設しました。

IG証券は斎藤工さんがアンバサダーです。
取扱い銘柄が多いことで知られてますが、さすがですね。

日本の証券会社だと、アーク社のETFのように、いくら待っても取り扱いが始まらない可能性が【大】です。

いち早く投資したいひとはIG証券で買うのがいいでしょう。

IG証券の無料口座開設の流れ

IG証券の口座開設は、とても簡単な手順です。

マイナンバーカードもしくは通知カードの提出が必要なので、それだけ注意点ですかね。

とはいえ、ほかの証券会社の口座開設でも同じなので、気にしなくて良いかと。

繰り返しですが、NFT銘柄のETFを購入するには、IG証券の口座開設が必須です。

口座開設は時間がかかることもあるので、気が向いたときに(なんなら今)やっておくのがいいかと。

»IG証券証券|公式サイト
※クリックすると公式HPにジャンプします。

さいごに、ETFでNFT銘柄に投資しよう

ということで今回の記事は以上です。

以下でおさらいします。

NFT銘柄にまとめて投資するETFとは

NFTZのみ。(※正式名称Defiance Digital Revolution ETF)
NFTとブロックチェーン関連企業に特化したテーマ型ETF

NFTZに投資すべき理由

  • ①NFTは、すでに美術品、音楽、スポーツに革命を起こしてる
  • ②NFTは多くの業界のモデルを変える可能性がある
  • ③NFTはインターネットを超える可能性がある
  • ④取引量が爆増してる(2021年は130億ドル※前年比400倍超)

なお、上記NFTZが買えるのはIG証券だけです。

残念ですが楽天証券、SBI証券など国内の大手証券会社では取り扱いがなく、現状買えません。

いちはやく投資したいひとはIG証券の口座を作りましょう。
»【無料】IG証券の口座開設をする
※クリックすると公式HPにジャンプします。

ちなみに、NFTZは少額から買うこともできます。

この記事を読んでくれた方には、ぜひ少額からでもNFTZを利用して、NFTへの投資を始めて欲しいなと思います。

NFTに投資して資産を増やしましょう。

それではまた。