Written by ツッキー(Tsucky)

OpenseaでNFTアートをGiveawayするやり方3ステップ!あなたの作品を広めよう

NFT

自分のNFTアートを売りたいひと「自分のNFTアートを売りたい。まずは自分のNFTアートを持っているひとを増やすためにも、Giveaway企画で無料配布したいなぁ。Giveawayのやり方を教えて。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • OpenseaでNFTアートをGiveawayする方法3ステップ

あなたのNFTアートの初期のファンを獲得する方法を知りたくはありませんか?

それはGiveaway、つまり無料配布をすることです。

具体的には「あ、この作品良さげだし、無料なら欲しいな。」このように思ってくれる人が増え、保有者が増えることで、コミュニティ性も高まります。そうすると、徐々に「買いたい!」と思ってくれる人が増えます。

事実、SNSを見ると、活動初期はGiveaway企画をやって、徐々に販売していくパターンで成功している方が多いです。

ツッキー
ツッキー

上手にGiveaway企画をすることで、ファンを作っていけてるわけです。

この記事では、このNFTアートのGiveawayの方法をお伝えしていきたいと思います。

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

OpenseaでNFTアートをGiveawayする方法3ステップ

OpenseaでNFTアートをGiveawayする方法3ステップ!あなたの作品を広めよう

OpenseaであなたのNFTアートをGiveawayする流れは、次の3ステップです。

  • ①NFTアートをミント(mint)
  • ②送付先のアドレスを確認
  • ③アドレスにTransfer

ひとつずつ画像付きでご説明していきますね。

①NFTアートをミント(mint)

まずGiveawayしたいあなたのNFTアートをミント(mint)します。(ミント=NFT生成の意味)

①右上のクリエイト(Create)→②画像ファイルをアップ→③Nameの設定→④Supplyで発行枚数を設定→⑤BlockchainをPolygon

①右上のクリエイト(Create)→②画像ファイルをアップ→③Nameの設定
④BlockchainはPolygon、⑤Supplyで発行枚数を設定

なお、使用するBlockchainを「Polygon」にするのは、ガス代を抑えるためです。

ツッキー
ツッキー

NFTアートをこれから始める方はできる限りコストを抑えて、小さく始めましょう。

②送付先のアドレスを確認

Mint(ミント)が済んだら、送付先のOpenseaのアドレスを確認します。送付先のアドレスは、送付先のOpenseaのアカウントのページから確認できます。

②送付先のアドレスを確認

Twitter等で企画を行う場合は、DMで直接アドレスを確認することもできますね。

③アドレスにTransfer

つぎにいよいよGiveawayしていきます。とはいえ、手順は非常に簡単。

GiveawayしたいNFTアートの右上にある「Transfer」をクリックします。

右上のTransferボタンをクリック

ここに送付先のアドレスをペースト、Transferします。ガス代を確認し、Metamaskで承認作業を行えば、完了。

送付先のアドレスをペースト、Transfer

ということで、Giveawayのやり方は以上になります。

ぶっちゃけとてもカンタンだと思うので、二回目以降は説明がなくてもできるかと思います。

NFTアートのGiveawayでよくある質問Q&A※随時追加

Q&A

NFTアートのGiveawayでよくある質問(Q&A)をまとめましたので、ご紹介します。

  • ①NFTアートを送ったはずなのに、相手に見えてないみたいです。
  • ②そもそもなんでGiveaway企画すると自分のNFTアートが売れやすくなるの?
  • ③Polygon(ポリゴン)チェーンならGiveawayのガス代が無料なので、コストなしですか?
  • ④GiveawayしてくれたNFTの受け取り方はどうすればいいですか?

①NFTアートを送ったはずなのに、相手に見えてないみたいです。

Giveawayで送ったNFTアートは一時的にHiddenにところに入ります。そこから、Unhideにすれば、見えるようになります。

NFTアートを送ったはずなのに、相手に見えてないみたい-hiddenされてる

②そもそもなんでGiveaway企画すると自分のNFTアートが売れやすくなるの?

Giveawayすることで、徐々にあなたのNFTの保有者を増やすことで、認知を広げ、「あ、あのアートいいなぁ」と思ってくれるひとも出てくるようになるからです。

ツッキー
ツッキー

企画時にRTとフォローを条件にしているのもありますかね。

以下、ぼくが大好きなアートを作っているPONSOさんのGiveaway企画時のツイートです。

 

あなたが参考にするNFTアーティストさんを決めて、そのひとの過去のツイート等を見ながら、研究してみましょう。

③Polygon(ポリゴン)チェーンならガス代が無料なので、コストなしですか?

Polygon(ポリゴン)チェーンならGiveawayにかかるガス代は無料です。

ただ初回のNFTアートのMint(ミント)時に、ガス代がかかるので、そこだけコストがかかります。なので、完全にコストゼロではないですね。

とはいえ、初期投資としてはかなり小さく、1~2個売れるだけで、もとは取れると思うので、リスクとしては小さいかと。

初回ミント分のガス代は、コインチェック(Coincheck)等の取引所で買って、Metamaskに送るだけで準備完了です。

④GiveawayしてくれたNFTの受け取り方はどうすればいいですか?

なお、自分でGiveawayするだけでなく、Giveawayしてもらうこともあるかと思います。

GiveawayしてくれるNFTの受け取り方ですが、あなたがアドレスを教えれば、それ以外にすることはなにもありません。

受け取るために、アドレスを教えたら、無事届いたことをクリエイーターに報告しましょう。(以下はぼくがPONSOさんからGiveawayしてもらったときのツイート)

 

さいごに、Giveaway企画を上手に実施することでファンを増やそう

ということで、Giveawayのやり方の説明は以上になります。

この記事では、OpenseaであなたのNFTアートをGiveawayする3ステップをお伝えしました。

OpenseaでNFTアートをGiveawayする3ステップ

  • ①NFTアートをミント(mint)
  • ②送付先のアドレスを確認
  • ③アドレスにTransfer

NFTアーティストを目指すうえで、初期のファンを獲得することはとても大切です。今後もあなたを応援してくれる方が増えるということだからです。

ツッキー
ツッキー

その手段として、Giveaway企画を上手に実施することは効果的。

SNSを見ると、活動初期はGiveaway企画をやって、徐々に販売していくパターンで成功している方が多いですよね。

あなたもGiveaway企画を上手に実施することでファンを増やしていきましょう。

ということで、今回の記事は以上になります。

なおNFTアートのクリエイターは他の人のNFTアートを買うことも大切です。

なぜなら欲しくなるNFTアートを知れるからです。

あなたが欲しくなるNFTはどんなNFTなのかを考えれば、他の人が欲しくなるNFTアートの理解にも繋がります。

NFTアートへの投資の始め方はこちらの記事「【簡単】NFTアート投資の始め方5STEP【知識ゼロの完全初心者向け】」でご紹介しています。参考に。

今回の記事があなたの参考になれば嬉しいです。

コメントや質問がある場合は、ツイッターからメッセージか問い合わせからコメントを頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします。