Written by ツッキー(Tsucky)

メタバースに投資する4つの方法【メガトレンドに「今」投資すべき理由も伝える】

Metaverse

メタバースに投資したいひと「なにやら近頃メタバースが盛り上がってるらしい。メタバースに投資して儲けたいな・・。でもどうやって投資すればいいんだろう。だれか教えてくれ。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • メタバースに投資する4つの方法
  • メタバースに投資すべき理由3つ
  • メタバース投資が抱えるリスク

この記事を書いているぼくは仮想通貨投資家です。メタバースだけでなく、NFT、仮想通貨にも投資してます。

そんなぼくが「メタバースに投資する方法4つ」をこの記事でお伝えします。

この記事を読むことで、今後数年間かけて巨大なトレンドになりそうなメタバースにどうやれば投資できるのか、なぜ投資すべきなのかを把握できます。

ツッキー
ツッキー

大きく資産を増やせる可能性もありますので、すべて把握して実際に投資してみましょう。

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

メタバースに投資する4つの方法【まるっと解説】

メタバースに投資する4つの方法
  • ①メタバース関連の企業の株式/ETF/投資信託を買う
  • ②メタバースの土地を買う
  • ③メタバース内で使われるアイテムのNFTを買う
  • ④メタバース関連の仮想通貨を買う

上記4つがメタバースに投資する方法です。

それぞれの投資方法について、それぞれ見ていきましょう。

①メタバース関連の企業の株式/ETF/投資信託を買う

メタバース関連の企業の株式/ETF/投資信託を買う

メタバースに投資する1つ目の方法は「メタバース関連の企業の株式/ETF/投資信託」を買う方法です。一番イメージしやすい方法かと思います。

ツッキー
ツッキー

今後メタバースに関わるビジネスをする会社の株を買うわけです。

下記の記事「NFT・メタバース関連銘柄6選【米国株】」でメタバースに関連する事業を今後展開する米国株をまとめています。ご参考に。

まだメタバースの勝者はわからない。

とはいえ、メタバースは始めったばかりの産業ですし、最終的な勝者となる会社がどこかはわかりません。投資信託やETFを活用して、まるっと投資するのもいいかと思います。

調べたところ楽天やSBIでは、メタバース関連のETF・投資信託は買えないですが、サクソバンク証券では「Metaverse ETF」の取り扱いがあります。

「いちはやくトレンドに乗りたい!」と思う方は楽天やSBIは遅いかもなので、サクソバンク証券で「Metaverse ETF」を買ってみるのがいいかと思います。

以下の記事で詳しく調べています。ご参考に。m(_ _)m

②メタバースの土地を買う

②メタバースの土地を買う

メタバースに投資する2つ目の方法は「メタバースの土地を買う」です。

メタバース内の土地は区分けされていて、数が限られています。
※The Sandbox(ザ・サンドボックス)だと16万6464区画

そのメタバースで遊ぶひとが増えるほど、土地の値段が上がるのが予想できます。

現実世界でいう土地の値上がり益(キャピタルゲイン)的なイメージ

ゆえにメタバースの土地を買うことで、メタバースに投資できるわけです。

メタバースの土地を買う方法4ステップ

  • ①仮想通貨取引所を開設し、イーサリアムを購入
  • ②ウォレットを作成
  • ③仮想通貨取引所→ウォレットにイーサリアムを送金
  • ④Openseaで「土地」のNFTを買う

上記の通りです。下記の記事でより詳細に解説しているので、ご参考に。

なお国内の取引所「コインチェック」のNFTマーケットでもThe Sandbox(ザ・サンドボックス)の土地は買えます。

上記手順でもコインチェックは口座開設(無料)しますので、試しに見てみるのもいいかと思いますね。

③メタバース内で使われるアイテムのNFTを買う

メタバース内で使われるアイテムのNFTを買う

メタバースに投資する3つ目の方法は「メタバース内で使われるアイテムのNFTを買う」です。

メタバース内の希少性が高いアイテムを買っておけば、プレイヤーが増えたときに、そのアイテムを欲しい人も増えます。

そうするとアイテムのNFTも値上がりするわけです。

なおNFTのマーケットプレイスは、現状「Opensea」というところがシェアをほぼ独占してます。なので、アイテムのNFTを買うのであればOpenseaで買うのがいいでしょうか。

④メタバース関連の仮想通貨を買う

メタバースに投資する最後の方法は「メタバース関連の仮想通貨を買う」です。

メタバースが盛り上がることで、メタバース内で使われる通貨の需要も増えるので、値上がりが期待できますからね。

各メインどころのメタバースとその通貨は以下の通りです。

  • The Sandbox(ザ・サンドボックス):SAND
  • Decentraland(ディセントラランド):MANA
  • Axie Infinity(アクシーインフィニティ):AXS
  • Enjin Craft(エンジン・クラフト):ENJ
  • illuvium(イルヴィウム):ILV

メタバース関連の仮想通貨を買い方

  • ①国内の仮想通貨取引所でビットコインorイーサリアムを購入
  • ②海外の仮想通貨取引所(バイナンス)に送金
  • ③バイナンスでメタバース関連の仮想通貨を買う

国内だと取扱いのある仮想通貨が限られるので、海外の仮想通貨取引所で取引をするのがメインです。

コインチェック→バイナンスに送金することで、海外の取引所で簡単に取引できますよ。

メタバースに「いま」投資すべき理由3つ【メガトレンドに乗ろう!】

メタバースに「いま」投資すべき理由3つ【メガトレンドに乗ろう!】

ここまででメタバースに投資する方法をお伝えしました。

つぎに「なぜいまメタバースに投資すべきなのか」、その理由を整理しておきましょう。

理由①メタバースの市場は急速に拡大しているから

まず1つ目の理由は、メタバースの市場は急速に拡大していることが挙げられます。

というのも、今後メタバース産業は年40%の成長が期待されてるのです。

実際、メタプラットフォームズ(旧Facebook)は社名を変えてまで、メタバース分野でも参入を証明していますよね。

100兆円規模に膨らむと期待される新市場「メタバース」

ツッキー
ツッキー

今後、他分野にはない成長が期待できるので、投資すべきというわけです。

理由②個人でも参入しやすい分野だから

つぎに2つ目の理由ですが、メタバースは個人でも投資しやすいことが挙げられます。

いくら今後トレンドが来るとわかってはいても、その分野に参入しにくければ、その成長の果実を得られないですよね。

実際に、電気自動車が来るとはわかってはいても、ぼくたち個人ができるのは「テスラ」などの電気自動車を作る会社の株を買う程度。

その一方でメタバースであれば、株を買うだけでなく、そのメタバースで使われる通貨を買ったり、土地を買ったりをいろいろな形で参入できます。

ツッキー
ツッキー

ゲームのメタバースプラットフォームであれば、ゲームのプライヤーとしても参入できますよね。

なので、個人でも投資しやすい分野なので、投資すべきというわけです。

理由③まだメタバースに投資してるひとが少ないから

さいごですが、上記が「今」メタバースに投資すべき理由かと。

身の回りを考えてみて欲しいですが「メタバースをがっつり投資してます!」というひとは聞いたことがありません。

ツッキー
ツッキー

ぼく自身、会社・友人等で、メタバースを触ってるひとにすら出会ったことはない。

今参入しているのはあくまでも「先行者・企業」ですし、いまから参入するのでも十分早いです。

より大きなリターンを得るには、人が他のひとが投資し始める前に投資する必要あるので、メタバースに「いま」投資すべきということが分かると思います。

上記をカンタンにまとめると、メタバースは今後「超」が付くほどの成長が期待されます。そに個人でも乗ることができ、ほかのひともまだ投資してないので「今投資すべき」というわけです。

メタバース投資が抱えるリスク2つ

メタバース投資が抱えるリスク2つ

とはいえ、メタバースに投資するうえではその『投資リスク』を理解するのは大切。ここでしっかり押さえましょう。

メタバースに投資するうえでのリスクは以下の2つ。

  • リスク①メタバースという産業自体が廃れる
  • リスク②投資したメタバースが廃れる

リスク①メタバース産業が廃れる

これはメタバースという産業自体が廃れるリスクです。

言い換えると、メタバースが流行らないリスクです。

メタバースはまだ生まれたての産業ですし、廃れるまで行かなくても、「思ったより成長しないな・・・」なんてことはありうるかと。

とはいえ、メタプラットフォームズ(旧Facebook)は社名を変えて、本気で開発に取り組んでますし、数兆円の投資をします。

ツッキー
ツッキー

ぼくはとても期待しています。

なお上記のリスク回避する手段としては、あなたの「全資産」を投資するのではなく、10%以内と決めて投資するのがいいでしょう。

リスク②投資したメタバースが廃れる

続いてのリスクは、あなたが投資したメタバースが廃れるリスクです。

ツッキー
ツッキー

現状、メタバースは勝者が決まっていません。

いずれ勝者が決まりますが、一方で「流行らなかったメタバース」があることを意味します。

現状有望とされているメタバースでも「ユーザーが思ったよりも増えない・・」なんてことは全然ありうる話です。

なので、上記を回避するために、1つのメタバースに集中投資するのではなく、いくつかのメタバースに分散させて投資するのがいいかと思います。

まとめ、ドデカい波に乗って資産を増やそう

メタバース-ドデカい波に乗って資産を増やそう

ということで、今回の記事は以上です。

下記で記事の内容をおさらいします。

メタバースに投資する4つの方法

  • ①メタバース関連の企業の株式/ETF/投資信託を買う
  • ②メタバースの土地を買う
  • ③メタバース内で使われるアイテムのNFTを買う
  • ④メタバース関連の仮想通貨を買う

メタバースに「いま」投資すべき3つの理由

  • ①メタバースの市場は急速に拡大しているから
  • ②個人でも参入しやすい分野だから
  • ③まだメタバースに投資してるひとが少ないから

メタバースに興味があり、少しでも「投資したい・・」と思うのなら、どれかひとつでも実際にやってみるのをオススメします。

その際はぜひ下記メタバース投資のリスクも頭に入れつつ、投資しましょうね。

メタバース投資が抱えるリスク2つ

  • ①メタバース産業が廃れる
  • ②投資したメタバースが廃れる

今回の記事が「投資したいけど、どうやって投資すればいいかわからない」そんなあなたの参考になる記事であれば、とても嬉しいです。

素敵なメタバースライフを送っていきましょう。

それではまた。