Written by ツッキー(Tsucky)

超簡単にメタバースの土地を買う方法4ステップ【不動産投資ができるメタバース2選】

Metaverse

メタバースの土地が買いたいひと「メタバースの土地を買ってメタバースに投資したいな、、、でも具体的にどうやればいいかよくわかりません。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • メタバースの土地を買う方法4ステップ
  • 土地が買えるメタバースおすすめ2選
  • メタバースの土地を購入する前に知っておくべき注意点2つ

この記事を書いているぼくは仮想通貨投資家です。メタバースだけでなく、NFT、仮想通貨にも投資してます。

そんなぼくが「メタバースの土地を買う方法」をこの記事でご紹介します。

メタバースの土地を買う方法4ステップ

超簡単にメタバースの土地を買う方法4ステップ【土地が買えるメタバース2選】
  • ステップ①仮想通貨の購入
  • ステップ②Metamaskのウォレットを準備
  • ステップ③暗号通貨取引所からウォレットにイーサリアムを送る
  • ステップ④Openseaで土地を買う

メタバースの土地を買う手順は上記の4ステップです。

トータルで操作にかかる時間は1時間もないですね。 (※一番時間がかかるのは、口座開設)

ツッキー
ツッキー

それでは順番にご説明していきますね。

ステップ①仮想通貨の購入

まず仮想通貨を買います。具体的にはイーサリアムを買う。

ツッキー
ツッキー

メタバースの土地を買うプラットフォームが、イーサリアム決済なので。

仮想通貨取引所の口座をすでに持っている場合はそこを使うのが一番早いかなと。

ちなみに、ぼく含め多くのユーザーは「コインチェック」「ビットフライヤー」という販売所を使ってますね。

日本円で仮想通貨を買いたいなら、大手の取引所なので怪しくないですし、この二つから選ぶのが無難かと。

もちろん口座開設は無料なので、失敗することもありません。

イーサリアムの買い方

ツッキー
ツッキー

口座開設が済んだら、日本円を入金して、イーサリアムを購入しましょう。

ステップ②Metamaskのウォレットを準備

MetaMaskでウォレット(お財布)を作成

つぎにウォレットを作ります。
※ウォレットとは仮想通貨専用のお財布のこと

ウォレットをつくって、取引所で買った仮想通貨を入れることで、その仮想通貨をほかのところで使えるようになるわけです。

どのウォレットが良いかというと、ぶっちゃけ「MetaMask」一択です。

MetaMaskがおすすめの理由

  • スマホアプリで利用可能
  • GoogleCromeの拡張機能があり、PCでも使いやすい
  • 操作性も良い

なおMetamaskには偽物も出回っているのでインストールする時に注意が必要です。

※以下URLは安全です。安心してここでインストールしてください。
https://metamask.io

スマホの方はこちらからどうぞ

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet
開発元:MetaMask
無料
posted withアプリーチ

Appleストア内の評価が2.2と低めなので、若干怪しげですが大丈夫です。

ステップ③暗号通貨取引所からウォレットにイーサリアムを送る

つぎに作成したウォレット(Metamask)に、コインチェック(Coincheck)からイーサリアムを送ります。

ツッキー
ツッキー

上記記事を参考にしつつ、ウォレットにイーサリアムを送金します。
これでウォレット内にイーサリアムが準備できました。

ステップ④Openseaで土地を買う

メタバース-サンドボックスの土地

あとはいよいよOpenseaで土地を買います。

買い方はとても簡単で、購入予定の商品をクリックし、メタマスクを接続して、以下のように「入札」するだけです。

Openseaでの土地の購入手順①
Openseaでの土地の購入手順②

オークション期限がきたときに、最高額だったら落札することができます。

ツッキー
ツッキー

ということで、以上です。

「メタバースは今後来ると確信している。メタバースの土地が買いたいな・・」このように思うのであれば、買ってみる価値はあるかと思います。

【補足】最短で買うには「Coincheck NFT」がおすすめ【デメリットあり】

なお「Openseaで土地を買うのは大変そう・・」というかたには「Coincheck NFT」で買うのをオススメします。超簡単なので、初心者におすすめの買い方なんですよね。

というのも、Coincheck内のNFTマーケットで買うので、ウォレットへの送金等をする必要がないんです。

コインチェックの口座を開設して、一度見てみるのがいいでしょう。
※クリックするとコインチェックの公式HPに飛びます。

Coincheck NFTでメタバースの土地を買う方法

  • Coincheckの口座開設(無料)
  • イーサリアム(ETH)を購入
  • 土地を買う
Coincheck NFTでメタバースの土地を買う方法

不動産投資ができるメタバース2選

土地が買えるメタバースおすすめ2選

土地が買えるメタバースのおすすめは下記の二つです。

  • Sandbox(ザ・サンドボックス)
  • Decentraland(ディセントラランド)

どちらもOpensea内で土地が買えますし、メタバースとしても期待されています。

メタバースの土地を買うのであれば、ひとが大勢来そうなところに買うのがマストなので、まずは人気どころを抑えるのがベストかと。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)のLand(土地)

以下、Openseaで売られているThe Sandbox(ザ・サンドボックス)のLand(土地)です。(»販売ページ)

The Sandbox(ザ・サンドボックス)のLand(土地)

上記の土地は全部で、166,464 区画あります。土地を買うことで、その一部を保有できるわけです。

Decentraland(ディセントラランド)の土地

以下、Openseaで売られているDecentraland(ディセントラランド)の土地です。(»販売ページ)

Decentraland(ディセントラランド)の土地

メタバースの土地を購入する前に知っておくべき注意点【2つあります】

メタバースの土地を購入する前に知っておくべき注意点
  • 価格が非常に高額
  • 二次流通での流動性が低い

メタバースの土地を購入する前に知っておくべき注意点は上記の通り。

価格が非常に高額

ひとつ目の注意点ですが、現状、メタバースの土地の価格は非常に高額です。

メタバースが非常に期待されているので、メタバース上の土地が値上がりしてるわけです。

ツッキー
ツッキー

Openseaを見た感じだと、少なくとも100~200万円は資金がないと厳しいかなという感じ。

とはいえ、高額なことは「購入者」のステータスでもあります。

「メタバース上の土地を買える俺、すごいでしょ」てな感じ

これは一種のポジショニングにもなるので「これから仮想通貨を本気で頑張りたい!だけど実績がない・・」というかたは買ってみるのもいいかもです。

実際、以下のような方々は見事に「メタバースの土地保有者」の地位を確立してます。

メタバースの土地保有者

二次流通での流動性が若干低い

二つ目の注意点ですが「二次流通での流動性が若干低い」ことです。

というのもメタバースは上記の通り、高額なので、他のNFTに比べると流動性が低く、売れにくいのです。

短期の二次転売だと利益が得られないかもなので、長期で持ち、そのうえで「値上がりしてたら売る」というスタンスでいるのがいいでしょう。

まとめ

ということで、今回の記事は以上です。
下記で内容をおさらいします。

メタバースの土地を買う方法4ステップ

  • ステップ①仮想通貨の購入
  • ステップ②Metamaskのウォレットを準備
  • ステップ③暗号通貨取引所からウォレットにイーサリアムを送る
  • ステップ④Openseaで土地を買う

※なお簡単に買うには、コインチェック内のNFTマーケットがいいかと。口座開設して試しに見てみましょう。

土地が買えるメタバースおすすめ2選

  • Sandbox(ザ・サンドボックス)
  • Decentraland(ディセントラランド)

メタバースの土地を購入する前に知っておくべき注意点【2つあります】

  • ①価格が非常に高額
  • ②二次流通での流動性が若干低い

今回の記事が「メタバースの土地を買いたい」あなたのご参考になれば嬉しいです。

なおメタバースに投資する方法は他にもあります。

以下の記事でメタバースに投資する他の方法を紹介してます。併せてご覧ください。

それではまた。