Written by ツッキー

【Opensea】ガス代無料でNFTアートを出品する方法と手順【初心者向け】

NFT

知りたいひと「NFTをガス代無料で出品する方法はないかな。OpenseaでのNFT販売に手を出したいけど損したくないな。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • ガス代無料でNFTアートを販売するまでの流れと手順
  • 無料出品したNFT売上の換金方法【注意点あり】
  • 出品したNFTアートの無料配布(ギブアウェイ)方法
😌記事の筆者
個人投資家26歳男。
ブロガー兼メディアライター

この記事では「ガス代無料でNFTアートを出品する方法」を初心者向けに解説します。

ガス代=手数料」みたいなものですが、実はこのガス代をかけなくてもNFT販売や配布が可能です。

つまり仮想通貨ゼロでNFTを始められる、ということ。

最後まで記事をご覧いただくことで、無料販売の手順だけでなく注意点もわかります。

「NFTを無料で始めたい・・」そんなあなたはぜひ本記事をご覧ください。

それではよろしくお願いします。

【Opensea】ガス代無料でNFTアートを販売するまでの流れ

はじめにNFTをOpenseaで販売するまでの全体像・流れを確認しましょう。次のとおりです。

NFTを無料販売する流れ

  • 手順①:ウォレット(Metamask)を作成
  • 手順②:MetaMaskとOpenSeaを接続・設定
  • 手順③:PolygonでNFTコレクションを作成
  • 手順④:データをOpenSeaでNFT化して販売

ウォレット(Metamask)をOpenseaに接続し、NFTを作成・売買する流れです。

Polygon(ポリゴン)を使うとガス代無料

ポイントはPolygonというブロックチェーンを使うこと。

Polygonを使うとガス代無料でNFTを販売・配布できるようになる訳です。

イーサリアムとPolygonの違いをもっと知りたい向けに別記事イーサリアムとポリゴンの違い【Openseaではどっちで出品すべきか】で違いをまとめてます。ご参考に。

ガス代無料でNFTアートを出品する方法【4つの手順】

ではだいたいの流れがわかったところで、早速ですがNFT販売手順を見ていきましょう。

NFTを無料出品する流れ

  • 手順①:ウォレット(Metamask)を作成
  • 手順②:MetaMaskとOpenSeaを接続・設定
  • 手順③:PolygonでNFTコレクションを作成
  • 手順④:データをOpenSeaでNFT化して販売

順に見ていきましょう。

手順①:ウォレット(Metamask)を作成

まずウォレット(Metamask)を作成します。※仮想通貨の保管専用のお財布。

ウォレットの種類にはいくつかありますが、Metamaskは対応範囲が広いので、これさえあれば安心です。Openseaでも推奨されてるウォレット。

Opensea-metamask

※注意点としては、Metamaskは人気すぎて、偽物まで出回ってること。

インストール時は、信頼できるリンクを踏んで、インストールするようにしましょう。

なお、以下URLは安全。安心してインストール・登録してください。

»メタマスク(Metamask)のページはこちら。(Google拡張機能)

メタマスクのの始め方

手順②:MetaMaskとOpenSeaを接続・設定

次にメタマスクとOpenseaを接続します。

右上のウォレットマークをクリックして、Metamaskを選んでください。

そのあとで署名をして、ウォレットをOpenseaを接続します。

メタマスクをOpenseaに接続

これでOpenseaとメタマスクの接続は完了となります。

基本情報

Openseaを初めて使う場合は基本情報を入力することになります。

下記項目を時間があるときに記載します。NFTを販売したいなら重要なところです。

  • Username:ユーザーネーム
  • Bio:経歴
  • Email Address:メールアドレス
  • SNSとの連携
  • Links:ウェブサイトのリンク

入力は「Setting」から入力可能。

手順③:PolygonでNFTコレクションを作成

次にOpenSeaでNFTコレクションを作っていきましょう。

コレクション=NFTを入れる箱

OpenSeaでNFTを出品するためには「コレクション」を作り、その中にNFTを入れていくイメージです。

NFT出品のためにはコレクションを作る必要がある、これだけ覚えときましょう。※下はCNPのコレクションです

NFTコレクション作成時に「Polygon」で作るのが、NFTを無料で販売するうえでのポイントとなります。

NFTコレクションの作成手順

右上から「My Collections」をクリックして下さい。

その後「Create a collection」ボタンをクリック。

Metamaskで署名を行うと、コレクション作成画面になります。ここからコレクションの情報を入れましょう。

My Collectionsの作成手順

コレクションのイメージとなる画像アップロードします。

その際、設定するのは以下3つの画像。

設定する画像

  • ロゴ画像:コレクションのアイコン画像
  • フューチャー画像:トップページに表示される画像
  • バナー画像:コレクションページ上部の表示画像

さらに以下のようにNFTコレクションの情報を入力していきます。

SNSやDiscordとの連携も可能。

※あとで修正することもできるので、ひとまず飛ばしてもOKです。

「ポリゴンチェーン」を選択する

NFTを無料で販売するために、コレクションのブロックチェーンの設定を「Polygon」にする必要があります。

以下のように操作しBlockchainを「Ethereum→Polygon」に変更しましょう。

ラストで左下「Create」ボタンをクリックするとコレクション作成が完了です。

無事にコレクションが作成できたら、以下のようにコレクションページができてるはずなので確認してください😊

手順④:データをOpenSeaでNFT化して販売

ここまででコレクションができたらNFTを作成・販売していきます。

NFT作成

まずNFTを作成します。コレクションページ右上の「Add item」をクリックして下さい。

ページ「Create new item」が開くので、コレクション作成時と同様に画像のアップロードや基本情報を入れていきます。

Openseaは画像、動画、音源、3Dモデルなどさまざまな電子データに形式に対応してます。

このあたりの実例に関しては別記事【9選】NFTで売れるものを具体例付きで徹底解説でまとめてます。参考にしてください。

次に下の2項目を入力・確認します。

  • Supply:NFTの発行数量(1以上)
  • Blockchain:Polygonを選択

発行数量は目的により異なりますが、まずは1を選べばOKです。

このときブロックチェーンは「Polygon」なことを確認。繰り返しですがPolygonなら手数料がかからないからですね。

入力が完了したら「Create」を押せば完了です。

完了すると以下画面が表示されます。ここまででNFTの作成は完了!

NFTの販売

続いて作成したNFTの販売手順を確認しましょう。

アイテム詳細ページの右上の「Sell(売る)」をクリックしてください。

するとページ「List item for sale」設定画面が立ち上がるので、ここで「①販売形式」と「②Price」を入力しましょう。

設定が終わったらボタン「Complete listing」を押せばOKです。

その後メタマスクにて「署名」を行えば、「Your item has been listed!」と表示されます。これでNFTが出品できてます。

念のため出品したNFTを確認。以下のようになってれば、NFTが売りに出されてるのでOKです!

これまででガス代無料のNFTの販売・出品方法は以上です。

お疲れさまでした😊

無料出品したNFT売上の換金方法【注意点あり】

続いてNFTが売れた際の「換金方法」にも触れときましょう。

というのもポリゴンチェーンでNFTを販売した場合、注意することがあるからです。

注意点:売上「ポリゴンETH」は一度両替する必要がある

ポリゴンチェーンで売れた場合、得られるのはポリゴンETHです。

ポリゴンETHは紫色のイーサリアム。

このポリゴンETHは直接国内取引所に送れないので、一度ノーマルの黒イーサリアムに両替してから国内取引所に送る形になります。

イメージ図

ポリゴンETHは、黒色のイーサリアムに変えてから国内取引所に送る

これだけ覚えときましょう。

※ポリゴンETHを直接送ってしまうとGOX、つまり売上が消えるのでこの点だけは注意です。

「ポリゴンETH → ETH(黒)」両替方法

両替手順は別記事「【図解】イーサリアムをポリゴンにブリッジ(両替)する手順」で解説してます。

両替時に参考にしてみて下さい。(※ブックマすると忘れないかと😊)

ETH換金時におすすめの国内取引所【安心2社】

どちらも代表的な取引所。取引所自体が使いやすく、信頼できるところです。

実際多くの個人投資家に、メインの取引所として選ばれてます。(»引用記事

無料で口座開設できるので、事前に口座を作っとくことをオススメします😊

混み具合によって時間がかかることもあるからですね。気が向いたときに(なんなら今)やっておくのが良いでしょう。

関連記事

出品したNFTの無料配布(ギブアウェイ)方法

出品したNFTの無料配布(※いわゆるギブアウェイ)方法にも触れときます。

手順としては簡単でプレゼントしたいNFTのページ右上にある「Transfer」ボタンをクリックし、送付先のアドレスを入力するだけです。

NFTをポリゴンチェーンで作成してる場合は、ガス代もかからないので無料で送れます。

より詳細なGiveaway企画のやり方については別記事「【Opensea版】NFT Giveaway企画のやり方・送り方・受け取り方を完全解説します」で解説してます。参考にしてください。

参考記事

まとめ:無料でNFTを出品しましょう

今回の記事ではNFTをガス代(手数料)無料で出品する方法をまとめました。

おさらいすると以下の流れです。

NFTを無料販売する流れ

  • 手順①:ウォレット(Metamask)を作成
  • 手順②:MetaMaskとOpenSeaを接続・設定
  • 手順③:PolygonでNFTコレクションを作成
  • 手順④:データをOpenSeaでNFT化して販売

ポイントはPolygonでNFTを作成すること。そうすれば、無料でNFTに触れられますし損失もありません。

まずは無料でNFT作成・販売してみて、NFTに触れていきましょう。

ということで今回の記事は終わりです。
それではまた😊

関連記事