Written by ツッキー(Tsucky)

NFT写真販売の始め方!販売手順まで徹底解説【売るためのコツも伝える】

NFT

写真を撮ってるひと「NFTで写真を販売したいな。でも、いまいちやり方がわからない。始め方を教えて・・。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • NFTで写真は販売できるのか
  • NFT写真のメリット
  • NFTで写真販売をしてる写真家
  • NFT写真の販売を始める手順3ステップ
  • NFT写真販売で稼ぐためのコツ
  • NFT写真販売の注意点・よくある質問Q&A

この記事を読むことで「NFT写真販売の全体像」が分かります。

なぜなら、ぼくは仮想通貨に投資しながら、NFTアートを出品、売買してます。
そんなぼくが「NFT写真販売の始め方」を徹底的に解説するからです。

この記事では、NFT写真販売の始め方だけでなく、「誰を参考にすればいいのか」「NFT写真販売のメリット・注意点」を解説します。

ツッキー
ツッキー

NFT写真販売を始めるまえに知っとくべきことをすべてまとめてました。

記事を読み終えることで、NFT写真販売で今後悩むことは一切なくなり、販売することができます。

NFTで写真販売できます【3つのメリット】

NFT写真販売の始め方!販売手順まで徹底解説【売るためのコツも伝える】

はじめにお伝えしますが、NFT写真を販売することは可能です。

もっというと、ほぼすべてのデジタルデータ(イラスト、動画)が販売可能なのですが、なかでも「NFTと写真は相性抜群」です。

なぜなら、以下の3つのメリットがあるからです。

NFT写真販売のメリット

  • ①無断利用を防げる
  • ②写真が不労所得になる
  • ③プロでない写真家も販売できる

メリット①本物と偽物の判別ができる

写真をNFT化すると、写真データに番号が付けられます。

NFTはデジタルデータに番号を付ける技術

その番号はブロックチェーン上に刻まれており、唯一無二なのです。

そうすると、無断転載完全には防げないですが、本物と偽物の判別ができるようになります。

ツッキー
ツッキー

世界から偽物がなくなる日がくるかもですね。

メリット②写真が不労所得になる

リアルな写真の場合、転売時には出品者には1円も入ってきません。

一方、NFTは転売されると、出品者に売上の数%の報酬が支払われます。

要するに、違うオーナーに買われるたびに出品者(あなた)に「チャリン、チャリン」とお金が入るわけです。

ツッキー
ツッキー

これがNFTが不労所得になる理由。

メリット③プロでない写真家も販売できる

さらに、NFTであればプロの写真家ではないひとも出品できます。

特に必要な実績・資格もないので、マジで誰でもNFTを販売できます。

ツッキー
ツッキー

Openseaなどのマーケットプレイスに写真のデータをアップロードするだけ。

※具体的な手順については、あとで解説します。m(_ _)m

少額な自己資金で世界中を相手に写真を販売できる、これは完全にメリットですよね。

NFTで写真販売をしてる写真家【活躍中の3人を紹介】

ちなみに、すでにNFTで写真を販売する写真家さんも実際にいます。

ぼくが「いいな~」と思い、日頃から見てるかたを3人紹介しますね。
※2人は日本人、もう1人は米国人

1人目:Ryosuke Kosuge

2人目:まちゅばら

3人目:Joey【米国写真家】

【おまけ】広瀬すずさんもNFTで写真集出してます

ちなみにおまけですが、最近は芸能人もNFT写真集を出し始めてるようです。

直近だと広瀬すずさんは、写真集の未公開カットをNFTとして出してますね。(»参考記事)

広瀬すず-NFT写真集の販売

NFT写真の販売を始める手順3ステップ

NFT写真の販売を始める手順3ステップ

では、実際にNFT写真の販売を始める手順を解説します。

NFT写真販売の事前準備

まず事前準備です。

NFTでの写真販売は下の事前準備が終わってないとできません。

なぜなら、出品初回にかかる手数料(ガス代)を払う必要があるからです。

NFT写真販売の事前準備

ツッキー
ツッキー

時間のあるうちに(なんなら今)やっておくのがいいかなと。

NFTで写真販売を始める手順3ステップ

事前準備が終わったら、いよい出品・販売します。

NFT写真を出品・販売する流れは下の3ステップ。

  • ステップ①:OpenSeaでアカウント作成
  • ステップ②:OpenSeaで作った写真をNFT化
  • ステップ③:NFT化した写真を出品

はじめてのひとだと「むむ・・」と少し大変な感じがするかもですが、ぶっちゃけ数分もあれば余裕ですし、操作も簡単です。

ツッキー
ツッキー

安心して大丈夫ですよ。

しかも各ステップの具体的な操作方法は、NFTアートの販売方法と売るコツを徹底解説【注意点あり】で解説してます。

こちらを読みながらやると簡単ですよ。

»NFTで写真販売を始める

NFTの写真販売で稼ぐためのコツ3つ

NFTの写真販売で稼ぐためのコツ3つ

NFTの写真販売で稼ぐためのコツは下の3つです。

  • ①発信・宣伝を英語でする。
  • ②作品数を増やしすぎない。
  • ③商用利用可能にする。

①発信・宣伝を英語でする

ツイッター等であなたのコレクションの発信をする際は、英語でするといいでしょう。

なぜなら、現状、NFTを買ってるのはほとんどが海外の投資家だからです。

英語で発信・宣伝することで、海外のひとの目に留まりやすくなりますよ。

実際、「Zombie Zoo」を作る小学生のクリエイターは英語で発信し、海外のファンも大勢。

とはいえ「英語は苦手なんだけど・・」というひともいるかもです。

そんなひとはDeepL等の翻訳ツールを使えばいいでしょう。

ツッキー
ツッキー

簡単に日本語を英訳できます。ご安心を。

②作品数を増やしすぎない

数を増やしすぎると、売れ残りが発生するので、買い手が価値を感じにくくなります。

これもかなり大切かな。

出品数を絞って、なるべき完売した状態にするといいでしょう。

③商用利用可能にする

写真の商用利用ができるようになると、購入者が使い道の広さに価値を感じます。

見るだけだとどうしても用途が限られますからね。

ツッキー
ツッキー

商用利用の際に、あなたの情報を入れてもらえば、宣伝にもなるわけなので。

可能なものはできる限り、商用利用OKにするといいでしょう。

NFT写真販売でよくある質問Q&A【疑問に答える】

NFT写真販売でよくある質問Q&A【疑問に答える】

NFTの写真販売での注意点・よくある質問Q&Aをまとめます。

よくある質問①:風景写真も売れますか?

風景写真も売れます。

というより、この記事で紹介した売れてるひとはみんな風景写真を売ってますよね。

そのあたりは不安に感じなくてもいいかなと。

よくある質問②:初期費用はどのくらいですか?

初期費用は1万円あれば十分です。

最初の出品時にガス代がかかるので、そこだけお金がかかります。

ツッキー
ツッキー

始めたら、ランニングコストもかからないので、あとは続けるだけ。

渾身の1枚を出品しましょう。

よくある質問③:売れたら税金はかかりますか?

儲けた分に税金がかかります。

のちのち面倒なことにならないためにも、利益は計算しときましょう。

よくある質問④:NFTの販売は稼げますか?

稼げます。
当たり前ですが、売れれば稼げます。

毎月かかるコストも特にないので、売れただけ稼げる世界かなと。

しかも、二次流通時にもお金が入るので、不労所得的なところもあるかもですね。

仮想通貨の値上がりでも儲かる可能性あり

また売れると仮想通貨のイーサリアムが手に入ります。

ツッキー
ツッキー

このイーサリアムは将来的にますます需要が伸びると言われてる仮想通貨。

なので、値上がりでも儲かる可能性もありますね。

よくある質問⑤:ブロックチェーンは何を選べばいいですか?

出品時、ブロックチェーンがポリゴンとイーサリアムから選べます。

試しに出してみたい程度であれば、確実にポリゴンがいいかなと。

ツッキー
ツッキー

ガス代がかからないので。

一方で、本気でやるなら絶対にイーサリアムです。

なぜなら、NFTを本気で買ってるひとは基本的にイーサリアムで買ってるので、市場規模が大きいからです。

ポリゴンのユーザーも増えてるみたいですが、現状では本気でやるならイーサリアムでしょう。

よくある質問⑥:NFT写真販売を始めるうえで特に注意することはなんですか?

一番気を付けないといけないのは、セルフゴックスですかね。
※セルフゴックスとは仮想通貨をなくすこと

原因としては以下↓↓があげられます。

  • ①秘密鍵の紛失
  • ②間違ったアドレスに送金
  • ③スマホやハードの故障・紛失

仮想通貨とはいえあなたの大事なお金なので、しっかり管理して「セルフゴックス」しないようにしましょう。

まとめ:NFTで写真販売をしましょう。

ということで、今回の記事は以上です。

ツッキー
ツッキー

今回の内容をおさらいします。

NFT写真販売のメリット

  • ①無断利用を防げる
  • ②写真が不労所得になる
  • ③プロでない写真家も販売できる

NFT写真販売を始める手順3ステップ

  • ステップ①:OpenSeaでアカウント作成
  • ステップ②:OpenSeaで作った写真をNFT化
  • ステップ③:NFT化した写真を出品

上記手順はカンタンですし、誰でもNFTは売れます。
あとは、やるか、やらないかだけでしょう。

NFTは誰でもチャンスがある

その根拠は、NFTマーケットが今後も拡大するからです。

NFTのマーケット調査をしているDappRadar社によると、2020年から2021年の1年間で、取引総額が220倍増えたそう。(»参考記事)

  • 2020年:1億ドル(100億円)
  • 2021年:220億ドル(2兆2000億円)

はやく始めると、それだけ先行者利益を取りやすくなりますよ。

迷ってるかたはまずは、下の事前準備を済ませるのがいいでしょう。

NFT写真販売の事前準備

今回の記事が、NFTで写真販売を考えてるあなたの参考になれば嬉しいです。

ツッキー
ツッキー

素敵なNFTライフを送りましょう。

それではまた。m(_ _)m