Written by ツッキー

【NFT副業4選】経験者が選ぶオススメの稼ぎ方【クリエイターはNGです】

NFT

NFT副業に興味があるひと「NFT関連の副業を始めたい。だけど、クリエイターは無理そうだし、他に何をやればいいのかな?」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • 副業でNFTクリエイターはNGな理由
  • 経験者が選ぶおすすめのNFT副業4選
  • どうしてNFT副業がおすすめなのか
😌本記事の筆者
ブロガー兼メディアライター
複数の副業に挑戦し消耗した経験有

この記事では、NFTブログで月20万~30万円稼いだ筆者が選ぶオススメの稼ぎ方4選をご紹介します。

ツッキー
ツッキー

さらに記事の前半ではNFTクリエイターはNGな理由も。

一歩目を踏み外さないための記事となってるので、ぜひ最後までご覧ください!

副業でNFTクリエイターはNG【理由を解説します】

NFTクリエイターを副業でやるのは絶対にやめて下さい。※冒頭でいきなりすみません。

理由はたったひとつです。

副業感覚で作ったNFTアートを売ってほしくないから

個人的に、副業感覚で作ったNFTアートを買いたくない!と思ってます。しかも、副業感覚で作ったアートは長期的に売れなくなるのは、経験からいってもほぼ間違いないです。

というのも、僕はプロ~小学生まで多くのNFTクリエイターを見てきましたが、副業感覚のひとは、例外なく途中で作品を出さなくなったり、発信を辞めたり、いなくなってしまいます。

そうなると、NFT作品自体の価値がほぼなくなり、そのNFTを買ってたひとは損をすることにも。

実際筆者は20万ほど損してます。泣。。。

ですから、副業でNFTクリエイターになるのはNG、というか「やめて頂きたい!」こう思ってるわけです。

【補足】本気なら、会社員でもやるべきです

ですが、なかには本気でやりたいひともいるはず。

「学生時代に絵の勉強をしてて、プロを目指してたけど、途中で挫折して今は普通のサラリーマン」こんなひとですね。

こういったひとが会社員をしつつ、本気でNFTクリエイターを目指すのは、むしろ心から応援したい。夢がありますからね。

NFTクリエイターの志望者が次に気になるのは、お金面かと思います。別記事「NFTの初期費用・手数料はいくらかかるの?」でNFT販売を始める際の初期費用をまとめてます。金銭面が気になるひとは、あわせてご覧ください。

クリエイター志望者以外は、次にクリエイター以外のNFT副業を見ていきましょう。※実際に僕が経験したもの、話を聞いたものを紹介してます。

【NFT副業4選】経験者が選ぶオススメの稼ぎ方を紹介

  • ①ブログ・メディア運営
  • ②ウェブライター
  • ③コミュニティマネージャー
  • ④Solidityエンジニア

筆者がおすすめするNFT副業は上記4つ。それぞれご紹介します。

①ブログ・メディア運営

まずブログ・メディア運営。

あなたが今見てる本記事、このブログが具体例ですが、NFT・仮想通貨関連の情報発信をするわけです😊

特にNFTや仮想通貨ジャンルの高単価ジャンルなので、稼ぎやすいです。なので、0→1も達成しやすい。

※クロネコ屋さんも言ってますが、高単価は正義です!(»引用)

しかも、ブログでライティング力を高めれば、次に紹介するライターとして稼げる可能性も高まる。ベースとなるスキル・知識を学ぶのにもおススメなのです。

関連記事

②ウェブライター

NFTを含む仮想通貨系のライターも稼げます。

マナブさんが言うように、現時点で知識を持ったライターが不足してるので、知識をある程度身に付ければ、一気に単価が上がるからです。

実際に僕も仮想通貨系のメディアライターとして活動中。

特に仮想通貨にドップリなひとは、テキストによるインプットをメインにしてるひとが多く、そういった人たちから需要が高い。

現場にいる身としてはヒシヒシと感じます。

③コミュニティマネージャー

初めて聞いたときに「確かに熱い!」「NFTでこんな稼ぎ方あるんだ!」と思ったのが、③コミュニティマネージャー。

コミュニティマネージャーは、コミュニティ運営を円滑に回すための役割。

というのも、NFTプロジェクト等では、Discordというチャットアプリでコミュニティ運営を行いますが、その中を盛り上げるひとがまだまだ足りてないのです。

ちなみにコミュニティマネージャーになるには、コミュ力以外にもDiscordが使うこなせるスキル等、+αのスキルも必要とのこと。

とちさんがラジオで言ってたことなんですが、まだまだ需要があるとのことで、もし運営者と契約できれば、月額で報酬も貰うことも可能でしょう。

ほかのブログやライターとも組み合わせてやれますし、チャレンジしても良いかもですね。

④Solidityエンジニア

最後にすこし副業?とは言えないかもですが「Solidityエンジニア」も需要あるんだろうな~と感じます。

Solodityは、NFT売買などに使われてるスマートコントラクトを設計するためのプログラミング言語。

本気でエンジニアになりたいひとは、これからはこの「Solidity」言語がベストだと思います。世界中で需要があるので。

クリプトゾンビーズというサイトで、無料の触り部分だけですが、僕も学習中。興味あるひとにはおすすめ。

とはいえ、正直副業レベルを超えてるので、本気でやりたいひと向け。

難易度別ランキング

ここまで紹介した4つのNFT副業の難易度をこちら↓↓↓でランク付けしてみました。

①ブログ・メディア運営 レベル1【★☆☆☆】
②メディアライター レベル2【★★☆☆】
③コミュニティマネージャー レベル3【★★★☆】
④Solidityエンジニア レベル4【★★★★】

とりあえずNFTを稼ぎたい!というひとはブログから始めて、並行してライターやコミュニティマネージャーやチャレンジするのがいいでしょう。

すでにエンジニアで、本気でクリプトジャンルに切り込んでいって、挑戦したいならSolidityエンジニアにぜひ🚀

NFT副業がおすすめの理由3つ

  • 理由①:初心者でも稼げるから。
  • 理由②:専門知識が学べるから。
  • 理由③:NFTは大きなトレンドになるから。

上記のとおり。
筆者の所感も入ってますので、順に説明しますね。

理由①:初心者でも稼げるから。

個人的にこれが圧倒的なメリット。NFT自体が新しい分野なので、ライバルも少なくSNS、SEOともにチャンスがあります。

実体験として、弱小ブログの本ブログでも検索上位をある程度取れてますし、SNSからの流入も多数。そこからも収益に繋がってます。

このように、初心者でも稼げる余地がまだまだあるわけです。

理由②:専門知識が学べるから。

特にブロガーやライターは調査時間が全体の5割ほど。

自然と海外のプロジェクトや、新しいサービスのこともインプットしに行きます。結果として、ドンドン知識が増えて専門的な知識になるわけです。

現在執筆中の仮想通貨メディアでのライター経験はブログにも活かせてますし、逆もまたしかり。なので、個人的にはブログ×ライターは相性◎かと経験からもマジで思ってます。署名付きだと実績にもなりますし。

理由③:NFTは大きなトレンドになるから。

まだまだ日本だと「NFTなにそれ?」「NFT胡散臭くない?」みたいな風潮がありますよねー。

近未来では、おそらく一般層に浸透していくと思ってるので、今後日本で大きなトレンドになる可能性も。

そこに波乗りできれば、一気に稼げるかもなので、今のうちからこのジャンルに張っておくのはベストでしょう。

まとめ:副業を始めてからがスタート

今回の記事では、オススメのNFT副業4選をご紹介しました。

  • ①ブログ・メディア運営
  • ②ウェブライター
  • ③コミュニティマネージャー
  • ④Solidityエンジニア

Solidityエンジニアやコミュニティマネージャーは需要が大きくハマれば大きく稼げますが、難易度は少し高め。

そんなひとはまずはブログやライターにチャレンジするのがいいかと思います。経験としてブログ → ライターの流れがもっとも良いと思ってます。

ライターとしていきなり高単価の記事を受注できますし、ライターで学んだことをブログにもアウトプットできるからです。

最後にマナブさんの言葉をご紹介。

成果を出すために、本気の挑戦をし続けましょう。

明日野郎はバカヤロー!
それではまた。

関連記事