Written by ツッキー

NFTが勝手に送られてきたときの対処方法【見覚えのないNFTは削除】

NFT

知りたいひと「見覚えのないNFTが勝手に送られてきたんだけど。これどうすればいい?」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • NFTが勝手に送られてきた時の対処方法
  • 身に覚えのないNFTの削除方法
😌記事の筆者
個人投資家26歳男。
ブロガー兼メディアライター
複数のNFTを保有してます

NFTを触れてると、知らない間にOpenseaのHiddenフォルダに「見知らぬNFT」が入ってることがあります。

※下は筆者のHiddenフォルダ・・。全然知らないNFTが入ってます。
opensea-hidden

こちらのNFTは絶対に「Unhide」してはいけません。コントラクトに罠がある可能性があるからです。

トラップにかかるとウォレットがハッキングされ、最悪ウォレットの中身を失います。

そこで今回の記事では「見覚えのないNFTが勝手に送られてきたときの対処方法」を解説します。

それでは最後まで行きましょう。

NFTが勝手に送られてきたときの対処方法【削除します】

結論としては、勝手に送られてきたNFTは削除でOKです。

削除、つまりあなたのウォレットにない状態にすることで、誤操作で「Unhide」するリスクもなくなり、安全です。

【詐欺注意報】
以前もツイートしましたが意外に知らない人が多いようなので再ツイートします。
OpenSeaで自分のプロフィール画面にHiddenタブがありますが、身に覚えのないNFTは絶対にUnhideしてはいけません。コントラクトに罠があってUnhideするとウォレットをやられます。
»引用ツイート

身に覚えのないNFTの削除方法

削除方法は2つあります。

  • 方法①:削除用アドレスに送付
  • 方法②:削除用のツールを使う

方法①がもっとも簡単、下の削除用のアドレスにNFTを送るだけです。この記事ではこちらの手順をご紹介します。※この削除はバーンとも言われる。(»参考記事「NFTのバーン(Burn)とは」)

削除用のアドレス

0x000000000000000000000000000000000000dead
方法②が気になるひとは、こちらにnoteを貼っておきます。手順が書かれてるので、ご覧ください。

方法①:削除用アドレスに送付

では早速ですが、削除用のアドレスに「hidden」内のNFTを送っていきましょう。

まず削除したいNFTの左下にある3点マークをクリックして下さい。

nft削除手順1

その後削除するNFTを選択します。今回は試しに一個消していきます。選択後「Continue」をクリック。

nft削除手順2

バーン用の下のアドレスをコピペし、「Transfer」をクリックして下さい。

0x000000000000000000000000000000000000dead
nft削除手順3

メタマスクが自動的に立ち上がるので承認します。※基本的に送られてくるNFTはポリゴンなのでガス代はかかりません。

nft削除手順4

最後に以下の画面になれば送付完了です。

nft削除手順5

確認のため送ったNFTの履歴を確認してみると、以下のように「BurnAddress」に入ってました。これで削除完了!

nft削除手順6

まとめ:「Unhide」はしないこと

今回の記事では見覚えのないNFTが勝手に送られてきたときの対処方法を解説しました。

  • 方法①:削除用アドレスに送付
  • 方法②:削除用のツールを使う

簡単なので方法①で送られてきたNFTを削除・バーンするのを推奨します。

早速この記事をみながら、NFTをバーン用のアドレスに送り、削除していきましょう。

一人でも多くこの記事で被害者が減らせれば最高✨

ということで今回の記事は終わりです。
それではまた😊

関連記事