Written by ツッキー(Tsucky)

【Opensea】イーサリアムとポリゴンどちらでNFTを出品すべき?【結論、はじめはポリゴン】

NFT

Openseaで出品したいひと「Openseaに自分の作品を出品したいけど、イーサリアムとポリゴンどっちが良いんだろう。。ガス代が無料みたいだし、ポリゴンかな。」

このようなあなたの悩みに答えます。

本記事の内容

  • OpenSeaで使えるブロックチェーン【イーサリアムとポリゴン】の違い
  • あなたが選ぶべきはイーサリアム?ポリゴン?

「ガス代(手数料)が無料みたいだから、ポリゴンかな~」このように思ってるあなたに本記事は最適な記事です。

結論だけお伝えすると「ガス代が無料&ユーザー数が爆増」からデビュー時はポリゴン(Polygon)をオススメします。

ツッキー
ツッキー

ガス代がかからないことは、出品側だけでなく購入側にもメリットがあるわけなので。

とはいえ、本格的にあなたの作品を広めようと思うと、どこかでイーサリアムでの出品にシフトすべき。

この記事を読むことで、イーサリアムとポリゴンの違い、ゆくゆくはガス代が高いイーサリアムチェーンを使って、OpenSeaで出品すべき理由3つがわかります。

それではよろしくお願いします。

イーサリアムとポリゴンどちらでNFTを出品すべき?【結論、はじめはポリゴン】

イーサリアムとポリゴンどちらでNFTを出品すべき?【結論、はじめはポリゴン】

これからOpenseaでNFT作品を出品するかたが選ぶべきブロックチェーンは「ポリゴン(Polygon)」がおすすめ。

なぜかというと、Polygonチェーンはガス代が超安いので、「あ、この作品良さげだし、値段も買いやすいから買っちゃおう!」となるからです。

一方でイーサリアムチェーンで売っていると、「あ、この作品良さげ・・だけどイーサリアムチェーンだとガス代高すぎるからいいや、人気出るかわからないし。」こうなってしまいかねません。

実をいうと、イーサリアムチェーンを使っていると、3000円のNFTを買うのに9000円のガス代なんてこともザラに起きてます。

ツッキー
ツッキー

これだと販売価格を安くしても、なかなか駆け出しクリエイターの作品は売れないのが現状

なので、はじめはブロックチェーンをポリゴン(Polygon)にして、NFT作品をOpenseaで出品するのを推奨します。

ポリゴンのアクティブ・ユーザー数、イーサリアム超え(yahoo news)

なお、ポリゴンでNFTクリエイターになる方に朗報ですが、ポリゴンのアクティブ・ユーザー数がイーサリアムを超えました。

イーサリアムチェーンのガス代の高騰もあって、ポリゴンのユーザー数は急増していますね。

ツッキー
ツッキー

売りやすい土壌は整いつつありますので、ポリゴンチェーンでしっかり実績を作っていきましょう。

Opeaseaで徐々にイーサリアムチェーンで出品すべき理由3選

Opeaseaで徐々にイーサリアムチェーンで出品すべき理由3選

はじめはガス代を無料にして、買ってもらうやすくするために、ポリゴンで出品すべきですが、徐々にイーサリアムチェーンを使い、Openseaで出品にシフトした方が良いです。

その理由は次の3つ。

  • ①お金持ちが多い(※海外含め)
  • ②取引金額が多い
  • ③高額商品多い

ユーザー数自体はポリゴンも多いです。

ところが、古くからOpenseaを取引を重ねる資金力のあるユーザーたちは、イーサリアムチェーンでNFTをコレクションしてます。

そもそも資金力があれば、ガス代を気にする必要がありませんから、お金を持っている人であればあるほど、イーサリアムチェーンを愛用しているわけでして。

さらに、魅力的で価値の高いNFTはイーサリアムチェーンで出品されているので、いまのところ、メインはやはり「イーサリアムチェーン」なのかと。

上記より、ポリゴンでOpenseaを始めて、慣れてきたら徐々にイーサリアムチェーンで本格的にNFTクリエイターとして、コレクションをつくっていきましょう。

コレクションごとに使い分けるのもあり

OpenSeaではコレクションといって、同じカテゴリーの作品をまとめるものがあります。

ツッキー
ツッキー

コレクションごとに、イーサリアムとポリゴンを分けることもできる。

目的別に、ブロックチェーンを使い分けるのもありかもです。

  • コレクション①:Giveaway用→ポリゴン
  • コレクション②:本気で売りたい用→イーサリアム
    ※Giveawayとは、無料配布の意味。エアドロとも言われる。

OpenseaでGiveaway企画を実施するなら「ポリゴン」一択

ちなみに、あなたのNFT作品をファンのかたに無料配布(Giveaway)する場合は、ポリゴンでいいでしょう。

GiveawayするNFTはあなたのファンに渡すものですし、もらう側も手数料がない方が気軽にもらいやすいからです。

なお、OpenseaでGiveawayする方法がわからない方はこちらの記事「OpenseaでNFTアートをGiveawayするやり方3ステップ!あなたの作品を広めよう」で画像付きで解説しています。合わせてご参考に。

Giveawayすると、あなたの作品を持つ方が増え、認知されやすくなります。上手に活用しましょう。

さいごに、ブロックチェーンを決めたら出品しよう

さいごに、ブロックチェーンを決めたら出品しよう

ということで、本記事の内容は以上になります。

本記事が「イーサリアムにしようか、ポリゴンにしようか」と悩むあなたの参考になれれば、幸いです。

ツッキー
ツッキー

ブロックチェーンを決めたらさっそく出品していきましょう。

以下、内容をおさらいします。

ポリゴンとイーサリアムの使い分け

  • ①NFTを試しに出品したい、プレゼント用のNFTを出品したい、
    ポリゴン
  • ②本気でNFT作品を売りたい、NFT作品を海外向けに売りたい
    イーサリアム

NFTアートを販売する方法3ステップ

  • ステップ①:OpenSeaでアカウント作成
  • ステップ②:OpenSeaで作ったアートをNFT化
  • ステップ③:NFTアートを出品

詳細は下の記事で解説しています。参考にどうぞ。m(_ _)m

ツッキー
ツッキー

素敵なNFTアートライフを送っていきましょう。

それではまた。