Written by ツッキー

NFTの始め方【ビットフライヤー版の全手順を解説します】

NFT

知りたいひと「NFTをビットフライヤーで始めたいな。始め方を教えて欲しい。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • NFTの始め方【ビットフライヤー版】
  • NFTを始める際のよくある質問Q&A
😌記事の筆者について
個人投資家26歳男。メディアライター
ビットフライヤーで仮想通貨取引
複数のNFTを保有してます。

この記事ではビットフライヤーでNFTを始めるステップをわかりやすく解説します。

具体的にはビットフライヤーの口座開設からメタマスクへの送金、さらにOpenSeaで出品・購入まで、画像付きでわかりやすく解説。
ツッキー
ツッキー

読みながら進めていただければ、全体のイメージがわかり、今日中には始められると思います。

ぜひ最後までよろしくよろしくお願いします。

NFTの始め方【ビットフライヤー版の全手順を解説】

NFTの始め方【ビットフライヤー版の全手順を解説します】

ビットフライヤーでNFTの始める全手順は次のとおり。

  • 手順①:ビットフライヤーでイーサリアムを購入
  • 手順②:ウォレット「メタマスク」を作成
  • 手順③:メタマスクにイーサリアムを送金
  • 手順④:メタマスクとOpenseaを接続
  • 手順⑤:NFTを購入・販売する

ビットフライヤーで購入したイーサリアムをメタマスクウォレットに送ります。

そのメタマスクをOpenseaに接続することで、OpenseaでNFTの売買が可能になる、そんな流れです。

NFT-bitflyer-flow

ではひとつずつ手順を進めていきましょう。

手順①:ビットフライヤーでイーサリアムを購入

まずビットフライヤーでイーサリアムを購入しましょう。(購入したイーサリアムを使ってNFTを売買します。)

ポイントとしては「取引所」で買うこと。取引所を使えるので、少しイーサリアムを安く買えるからですね。

具体的なビットフライヤーへの入金・購入手順は別記事で丁寧に説明してます。見ながら進めてみて下さい。

>>ビットフライヤー(bitFlyer)でイーサリアムを買う

またビットフライヤーの口座開設をしてない人はこちらの「公式サイト」から進めてみて下さい。※1時間もかからずに取引できるようになります。

いくらイーサリアムを買えばいいですか?【よくある質問】

ケースバイケースですが、以下を目安にして下さい。

  • NFTアートの販売するとき:1万円
  • NFTアートの購入するとき:2万円~(※購入するNFTによる

ガス代がかかるので、少し余裕を持ってイーサリアムを買っとくのをおすすめします。

手順②:ウォレット「メタマスク」を作成

メタマスクは、仮想通貨の保管専用のお財布。※通常ウォレットと呼ばれる。

ウォレットの種類はさまざまですが、メタマスクは対応範囲が広いので、これさえあれば安心です。Openseaでも推奨されてるウォレット。

Openseaでも推奨されてるウォレット-metamask

以下の記事を見ながら作成を行ってください。

メタマスクの作成方法・使い方

注意点

Metamaskは人気すぎて、偽物まで出回ってること。インストール時は、信頼できるリンクを踏んで、インストールするようにしましょう。

当ブログの記事内のリンクは安全なので、安心してインストール・登録して大丈夫ですよ😊

手順③:メタマスクにイーサリアムを送金

続いてビットフライヤーで購入したイーサリアムをメタマスクに送ります。

メタマスクに入れることでOpenseaでのNFT売買に使用可能に。

具体的な手順は、以下の記事で実際の画面を出しながら解説してます。見ながら進めてみて下さい😊

»ビットフライヤー(Bitflyer)からメタマスクに送金する

手順④:メタマスクとOpenseaを接続

次にメタマスクとOpenseaを接続します。

このOpenseaは、世界中のクリエーターが電子データをNFT化して販売するマーケットプレイスです。

例えるなら、Amazonみたいなプラットフォーム。色々なひと・企業がNFTを出品してます。

Openseaの登録はメタマスクとOpenseaを接続して、基本情報を入力するだけです。※1~2分で終わります。

英語なので若干抵抗感があるかもですが、以下の記事で丁寧に解説してます。参考にしてみて下さい。

関連記事

手順⑤:NFTを購入・販売する

最後にNFTを購入・販売をしていきます。

購入と販売に分けて、それぞれ簡単に手順を説明します。

NFT販売手順

  • 手順①:コレクションを作成
  • 手順②:NFT化する(Mint)
  • 手順③:NFTを販売(List)

このあたりの手順は別記事「【初心者向け】NFTアートの販売方法と売るコツを徹底解説」で解説してます。見ながら進めてみて下さい。

NFT購入手順

NFT購入は出品よりも簡単です。手順は次のとおり。

  • 手順①:購入するNFTを決め「Buy Now」
  • 手順②:詳細を確認&同意
  • 手順③:ガス代を確認して支払い
※はじめは「Buy Now」ですぐに購入できるNFTを購入するのがおすすめ。

具体的な手順についてはこちらの記事「NFTアートの買い方|初心者向けに丁寧に解説」で紹介してます。

ツッキー
ツッキー

見ながら進めてもらえると迷わずに進められるので参考にしてください。

NFTを始める際のよくある質問Q&A

NFTを始める際のよくある質問Q&A

最後にOpenseaのNFT購入時によくある質問にお答えしていきます。

質問①:日本語表示にできますか?

右クリックで【日本語に翻訳】をクリックすると、ページ全体を日本語訳してくれますよ。

日本語表示にできますか?1

※戻す場合は、ページの上部のGoogle翻訳のアイコンから変更可能。

日本語表示にできますか?2

質問②:買えないNFTがあるんだけど・・。

OpenseaのNFTには3つのステータスがあります。

OpenseaのNFTには3つのステータス
  • ①Price:販売中
  • ②Top Bid/Bid:オークション中
  • ③Last/無表示:非販売中

①の販売中のものはすぐに買えるNFTです。まずはここから選ぶのがいいと思います。※カーソルを合わせたときに【Buy now】と表示される。

opensea-すぐに買えるNFT

質問③:購入したNFTはどこで保管すればいいですか?

ハードウェアウォレット「Ledger Nano」を使用するのがベストです。

ハードウェアウォレットに入れとくことで、インターネットから切り離したオフラインでの管理が可能に。

メタマスク内に入れとくと、ハッキングにあってNFTを盗まれやすいですからね。

関連記事

まとめ

今回の記事ではビットフライヤーでNFTを始める手順を解説しました。以下でおさらいします。

NFTの始め方【ビットフライヤー版】

  • 手順①:ビットフライヤーでイーサリアムを購入
  • 手順②:ウォレット「メタマスク」を作成
  • 手順③:メタマスクにイーサリアムを送金
  • 手順④:メタマスクとOpenseaを接続
  • 手順⑤:NFTを購入・販売する

ビットフライヤーは口座開設スピードも速いです。しかもイーサリアムをコインチェックよりも安く買える取引所もあるのでおすすめ。

ツッキー
ツッキー

事実、筆者もメインの取引所として活用中してます。

ビットフライヤーを使い、NFTを楽しんでいきましょう。

ということで今回の記事は終わりです。
それではまた。

関連記事