Written by ツッキー

【厳選4冊+α】Web3.0がわかるおすすめ本・マンガ【無料あり】

仮想通貨

Web3.0が知りたいひと「Web3.0がわかる本が知りたいな。Web3.0というワードを聞くけど、よくわからなくて。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • Web3.0を学びたい人向けのおすすめ本・マンガ【4冊】
  • Web3.0とは、結局何なのか
  • Web3.0が少しわかったらやるべきこと

ぼくはWeb3.0を学びながら、実際に触れてます。

そんなぼくがWeb3.0が学べるおすすめ本・マンガをご紹介。

Web3.0に関する知識がゼロでも本記事の内容を読み、実践すれば、「web3.0がわかるひと」になれるかなと。

ぜひ最後までご覧ください。

Web3.0を学びたいひと向けおすすめ本・マンガ【4冊】

【厳選4冊+α】Web3.0がわかるおすすめ本・マンガ【無料あり】

それでは、1冊ずつ見ていきましょう。

①Web3.0の重要性を徹底解説! 初心者向け入門書

イケハヤさんのWeb3.0解説本。

「Web3.0とは?」から「Web3.0の課題」まで解説されてる本でして、全体像の把握にはぴったり。

無料で読めますので、「軽くWeb3.0が知りたいな~」というひとにおすすめですよ。
»イケハヤさんのWeb3.0入門書を読む(無料)

②Web3 完全初心者への徹底解説 社会を変える緻密なアルゴリズム

この本はWeb3.0完全初学者のための本。

「完全初心者」向けとある通り、専門的な用語等も詳しく解説されてました。

さらにWeb3.0のなかに含まれる下のキーワードについても具体例を出しつつ、見せてくれてます。

  • Web3時代の仮想通貨
  • DeFi
  • NFT
  • メタバース
  • GameFi
  • Web3の将来性

しかも、そんな本がAmazonで無料で読めるのも、おすすめポイントかなと。
»「Web3 完全初心者への徹底解説」を読みに行く(無料)

③ザ・テクノロジー 2030 マンガでわかる すぐそこの未来に備える最新技術 ザ・テクノロジー

この本・・、いやマンガは、Web3.0のなかに入ってる概念を理解できる本。

マンガにしては、少しお高めですが、技術の話をマンガで説明してるので、頭に入りやすく有益。

「活字だとな・・」というひとにピッタリ。

④メタバースとWeb3

created by Rinker
¥1,568 (2022/10/03 11:02:43時点 Amazon調べ-詳細)

メタバースとweb3.0にフォーカスした本。

「メタバースとWeb3はこうなるのか」と驚かされました。

ぼく個人としては、「メタバースとWeb3が辿り着く未来の姿」が特に有益かなと。

Web3.0とは、結局何なのか【結論、投資家が主役の世界】

上ツイートにもありますが、「Web3.0とは投資家が主役の世界」のこと。

Web3.0の世界戦では、あらゆるものがトークン化され、そのトークンを持ってるひとの発言権により、方向性が決まります。

トークンは企業でいう株式みたいなもの。

web3.0の世界線では、トークン(仮想通貨)を保有する個人投資家の発言権が大きくなります。

Web3.0はトークンを買える個人投資家が主役

その発言の大きさは、トークンを買えるか、もっと言えばお金を持ってるによって決まります。

なので、稼ぐ個人投資家が主役というわけです。

Web3.0の世界戦で、活躍したいなら、稼ぐことにフォーカスするのが重要かなと。

ぼくも仮想通貨への投資で、個人投資家側に行けるように動いてます。

さいごに:Web3.0が少しわかったらやるべきこと

Web3.0が少しわかったらやるべきこと

ということで、この記事では「web3.0がわかるおすすめ本4冊」と「Web3.0とは、結局何なのか?」を伝えました。

最後にWeb3.0が少しわかったらやるべきことを伝えます。

次の通り。

Web3.0に触れること。

最重要:学びを経験に変えること

要するに、少し頭のなかでイメージできたweb3.0に実際に触れてみて、あなたの経験に変えるべきということです。

僕はこれが最重要だと思ってまして。

なぜなら、学んだだけだと、肌感覚としてわからないから。

たとえば、学校での数学の授業を思い出してほしいですが、いくら数学とか物理の公式を覚えても、問題は解けません。

『公式を覚える→それを使って実際に問題を解いてみる』、その流れが重要なわけです。

そうすると、だんだん公式の理解も深まった経験はありませんか?

Web3.0もこれと同じです。

『基礎知識を入れる→実際に触れてみる』、この流れが理解を深めるのです。

Web3.0に触れる方法【具体例二つを伝える】

Web3.0のなかには、いろんな概念が含まれます。(例:NFT、メタバース)

そのなかでWeb3.0に触れるおすすめの方法は次の二つ。

  • ①Braveを使う【稼げるブラウザ】
  • ②プロジェクトを調べて、そのトークンを買う

ブラウザというと、Googleが主流ですが、個人情報が抜かれます。

これを完全に防いでるのがBraveというブラウザ。稼げるブラウザとしても有名ですよね。
参考記事稼ぐブラウザ「Brave」の使い方

またWeb3.0プロジェクトのトークンを買ってみるのもありです。

例としては、STEPN【歩いて稼ぐゲーム】のガバナンストークン【GMT】を買ってみるなど。
参考記事STEPNの仮想通貨GMTの買い方【3ステップで徹底解説】

ということで、今回の記事は以上。

時間は有限

月並みですが、時間は有限。サラリーマンとしては働く方であれば、なおさら。

「本を読み学ぶ→経験に変える」このスタンスで本を読み、時間を無駄にしないようにしましょう。

ぜひ一緒に学んで、web3.0にどっぷりつかろう。

それではまた。(^O^)/