Written by ツッキー

Binance(バイナンス)NFTの買い方【始め方からメリット・デメリットも解説】

NFT

知りたいひと「バイナンスのNFTの買い方・始め方が知りたいな。バイナンスNFTは何がいいんだろう?」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • バイナンスNFTの買い方
  • バイナンスNFTのメリット・デメリット
😌記事の筆者
ブロガー兼メディアライター26歳男
Binance等でNFT売買をするコレクター

バイナンスNFTは世界最大の取引所「Binance」が運営するNFTマーケットプレイスです。

NFTアートだけでなく、ブロックチェーンゲームなどとのコラボNFTも多数取り扱ってます。

今回の記事ではそんなバイナンスNFTの買い方を一歩ずつ解説しますよ!

記事の後半ではバイナンスNFTのメリット・デメリットも解説。更によくある質問にもお答えします。

ぜひ最後までご覧ください😊

Binance(バイナンス)NFTの買い方【始め方3ステップ】

バイナンスNFTを買うまでの手順は次のとおり。

  • 手順①:バイナンスにBNBを準備
  • 手順②:バイナンスNFTにアクセス
  • 手順③:購入するNFTを選び買う

順に進めていきましょう。

手順①:バイナンスにBNBを準備

まずバイナンスNFTを買うための準備を進めます。

当然ですが、バイナンスNFTを買うためには、①バイナンスの取引口座と②購入用の仮想通貨が必須。

まだ準備できてないひとは早めに(なんなら今)準備を進めましょう。

購入準備

関連記事

手順②:バイナンスNFTにアクセス

バイナンスの口座開設が済んだら、バイナンスのトップページから「NFT(非代替性トークン)」をクリック。

手順③:購入するNFTを選び買う

そこで購入するNFTを探したり、検索したりします。

お目当てのNFTを見つけたらクリックしてください。

ラストで「今すぐ購入」をクリックし「承認」を押し、支払いを済ませれば完了です。

ここまででバイナンスNFTが購入完了。
お疲れさまでした!✨

Binance(バイナンス)NFTのメリット・デメリット

次にバイナンスNFTのメリット、デメリットを整理します。

メリット

  • ①:Binanceのユーザー数が多い
  • ②:手数料(ガス代)が安い
  • ③:プロジェクトコラボNFTが多い

デメリット

  • ①:有名なプロジェクトが少ない
  • ②:NFT作成のハードルが少し高い

それぞれ解説します。

メリット①:Binanceのユーザー数が多い

バイナンスNFTの大きなメリットのひとつは「Binanceのユーザー数が多い」こと。

バイナンスは「ユーザー数2860万人」と世界最大の仮想通貨取引所なので、そのNFTマーケットプレイスの見込みユーザー数も非常に多い。(»引用記事)

Openseaの月間アクティブユーザー数が40万人ほどのことを考えるとそのポテンシャルの高さはえげつないです。

何かのきっかけがあれば一気にユーザーが流れ込み、盛り上がる可能性もあるでしょう。

メリット②:手数料(ガス代)が安い

また手数料(ガス代)の安さも魅力のひとつです。

イーサリアムチェーンのOpensea等だと、高額なガス代が問題になることもしばしば。

一方でバイナンスチェーン上で取引されるバイナンスNFTは、高速かつ手数料が安く取引が可能です。

ガス代の例

  • イーサリアムチェーン:数千円~数万円
  • バイナンスチェーン:数十円~数百円

文字通り桁違いの安さです。

メリット③:プロジェクトコラボNFTが多い

またバイナンスNFTは「プロジェクトコラボNFT」が多いこともメリット。

バイナンスが投資するブロックチェーンゲームのNFTがローンチすることが多いわけですね。

例えば「STEPN×ASICS」もバイナンスからリリースされました。

こういった話題のNFTコレクションが手に入るのも「バイナンスNFT」の魅力です。

デメリット①:有名なプロジェクトが少ない

一方でまだまだ有名なプロジェクトが少ないのも現状。

どちらかというと後発のNFTマーケットプレイスだったので、先を行くOpenseaに比べると人気なプロジェクトが少ないです。

このあたりの「人気プロジェクトの出現」は今後注目です。

デメリット②:NFT作成が誰でもできない

またクリエイター目線でいうと、誰でもNFT作成ができないことがデメリット。

下記公式サイトの記述を見るに、少なくともバイナンスNFTユーザー2人からフォローを受ける必要がある訳です。

条件

Binance NFT ユーザー プロフィールに少なくとも 2 人のフォロワーが必要です。

将来的には全ユーザーが利用可能になりそうなので今後の発表を待ちましょう。

引用公式記事

【Q&A】よくある質問

最後にバイナンスNFTについてよくある質問をまとめます。

質問①:バイナンスNFTはBTCで買えますか?

ビットコイン(BTC)では買えません。

バイナンスNFTを買えるのは下記3つの仮想通貨です。

バイナンスNFTが購入可能な仮想通貨

  • ①:BUSD
  • ②:ETH
  • ③:BNB

バイナンスに仮想通貨を送り、上の仮想通貨を手に入れましょう。

関連記事

質問②:ミステリーボックスはなんですか?

バイナンス-ミステリーボックス

バイナンスNFTマーケットにある「ミステリーボックス」は何がでるかわからないNFTです。

出てくるNFTにはそれぞれレア度があって、レア度が高いNFTは高額で取引されてるものも。

質問③:バイナンスは海外取引所だけと使って良い?

大丈夫です。

何かあれば自己責任ですが、少なくとも利用することで罪に問われることはありません。

個人的にも気になり金融庁に直接問い合わせして確認してます。

金融庁から「無許可営業」の警告を受けたこともありますが、関係は前向きとの報道もあるので正式に許可を得られる可能性もありますよ😊

関連記事

まとめ

今回の記事では取引所「Binance」が運営する「バイナンスNFT」の買い方を解説しました。

おさらいすると次のとおりです。

バイナンスNFTの始め方3ステップ

  • 手順①:バイナンスにBNBを準備
  • 手順②:バイナンスNFTにアクセス
  • 手順③:購入するNFTを選び買う

バイナンスは「ユーザー数2860万人」と世界最大の仮想通貨取引所なので、そのNFTマーケットプレイスのポテンシャルも非常に高い。

また「プロジェクトコラボNFT」が多いことも魅力。(例:STEPN×ASICS)

個人的にはなにかきっかけがあれば、Openseaに匹敵するようなマーケットプレイスになる可能性もあるので、今のうちから触れとくのをおすすめします。

ということで今回の記事はおわり。
それではまた。

関連記事