TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

【米国株】スクリーニングで成長銘柄を見つける方法!CANSLIMで成長株を発掘しよう!

企業分析 米国株

成長銘柄を見つけたい米国株投資家「株価が大きく上昇する成長株をスクリーニングして、見つけたいなぁ。おすすめのスクリーニングツールと、スクリーニング条件を教えて。」

このような悩みに答えます。

米国株のスクリーニングにベストなツールは、『FINVIZ』です。

この記事では、この『FINVIZ』を利用して、米国株のスクリーニングを行い、成長銘柄を探し出す方法を伝えていきます。

「どの銘柄に投資しようかな~」「良い銘柄ないかなぁ」と迷ったときは、ぜひご活用ください。

この記事を読んでわかること

  • 米国株のスクリーニングサイト『FINVIZ』の使い方
  • 株価急騰の成長株を見つけるスクリーニング条件【CANSLIM】

スポンサーリンク

米国株のスクリーニングツール『FINVIZ』の使い方

【米国株】スクリーニングで成長銘柄を見つける方法!CANSLIMで成長株を発掘しよう!

米国株のスクリーニングに最適なのは、『FINVIZ』です。

「FINVIZ」は、29個の財務指標を条件として、スクリーニングをかけることができます。
»米国株のスクリーニングツール「FINVIZ」はこちらから

こんなツールが無料で使えるなんて、いい時代だと思いますね。笑

それでは「FINVIZ」の使い方を確認していきましょう。

スクリーニングツール『FINVIZ』の使い方

まずCountryを「USA」にします。ここで米国企業に絞ることができます。

finvizのスクリーニングのやり方手順①

つぎにFundamentalタブで条件を変更して行けば、スクリーニングをかけることができます。

finvizのスクリーニングのやり方手順②

「Under X (X以下)」、「Over Y (Y以上)」と条件を絞って、スクリーニングをかけることができます。

finvizのスクリーニングのやり方手順③

29個のスクリーニング条件

スクリーニングツール『FINVIZ』では、以下の29条件があります。

項目 意味
P/E 実績PER
Forward P/E 予想PER
PEG PEGレシオ
P/S PSR
P/B PBR
Price/Cash 株価/キャッシュ比率
Price/Free Cash Flow 株価/フリーキャッシュフロー比率
EPS growththis year EPS成長率(今年)
EPS growthnext year EPS成長率(来年、予想)
EPS growthpast 5 years EPS成長率(過去5年間)
EPS growthnext 5 years EPS成長率(今後5年間、予想)
Sales growthpast 5 years 売上成長率(過去5年間)
EPS growthqtr over qtr 前年同期比のEPS成長率
Sales growthqtr over qtr 前年同期比の売上成長率
Return on Assets ROA
Return on Equity ROE
Return on Investment ROI
Current Ratio 流動比率
Quick Ratio 当座比率
LT Debt/Equity 長期負債比率
Debt/Equity 負債比率
Gross Margin 売上総利益率
Operating Margin 営業利益率
Net Profit Margin 純利益率
Payout Ratio 配当性向
InsiderOwnership 内部所有率
InsiderTransactions 内部取引率
InstitutionalOwnership 機関所有率
InstitutionalTransactions 機関取引率

【CANSLIM】株価急騰の成長株を見つけるスクリーニング条件

【CANSLIM】株価急騰の成長株を見つけるスクリーニング条件

銘柄のスクリーニングのやり方がわかったところで、次はいよいよFINVIZを使い、実際に成長株を発掘していきましょう。

今回は成長株投資の名著「オニールの成長株発掘法」にある「CAN-SLIM」を参考にして、成長株を見つけ出していきます!
»名著「オニールの成長株発掘法」を“無料”で聞きたい人はこちらからどうぞ。

ちなみにオニールの「CAN-SLIM(キャンスリム)」とは何?

CANSLIM投資とは、オニールの提唱する成長株投資の7原則に従い、成長株投資を実践することです。

要は、株価が上がる銘柄の特徴をまとめているわけです。

「CAN SLIM」とは (出典:MarketHack)

  • C = Current earnings(当期利益が良いか?)
  • A = Annual earnings(通年の利益が良いか?)
  • N = New product or service(新製品・新サービスを出しているか?)
  • S = Supply and demand(その銘柄の需給関係が良いか?)
  • L = Leader or laggard?(その銘柄が相場の先導役か?それとも出遅れか?)
  • I = Institutional sponsorship(機関投資家に好まれているか?)
  • M = Market(一歩さがって相場全体の地合いは良いか?)

『C』『A』EPS成長に着目し、銘柄を発掘して行こう!

『C』『A』EPS成長に着目し、銘柄を発掘して行こう!

「CANSLIM」すべての要素が成長株の発掘には、必要ですが、なかでもオニールは要素「C」「A」のEPSの成長を重要視しています。

つまり、前年同期比でEPSが大きく成長している(最低+20%以上)銘柄、3年以上連続でEPSが成長し続けている銘柄を探す必要がある、ということです。

補足:ちなみにEPSとは一株あたりの利益のこと

この記事では、EPS成長に着目し、以下の条件で実際に銘柄を“ふるい”に掛けていきましょう。

ツッキー
ツッキー
さっき使い方を解説した『FINVIZ』を使い、スクリーニングをしていくよ。

EPS成長に着目したスクリーニング条件

  • EPSが前年同期比で+20%以上成長
  • 年間EPSが過去5年にわたって+20%以上成長
  • ROEが20%以上

実際に上記の条件でスクリーニングをかけていきましょう。

まずFINVIZに飛び、「USA」を選択します。

CANSLIMでスクリーニングして成長株を見つける①

そのあとで、Fundamentalタブに移動し、以下のように条件を設定し、スクリーニングをかけていきます。

  • EPS growth qtr over qtr:Over 20%
  • EPS growth next 5 years:Over 20%
  • Return on Equity:Over 20%
CANSLIMでスクリーニングして成長株を見つける②

ついでに、もし大企業に絞りたいとおもったら、以下の「Index」のところで「S&P500」を選べばオッケーです。(S&P500には米国の大企業500社のこと)

CANSLIMでスクリーニングして成長株を見つける③

スクリーニングする際の注意点

「よっしゃ!スクリーニングで株価急騰の銘柄を見つけたぜ!!」と考え、すぐに投資するのは、おすすめできません。スクリーニングでは見えないこともあるからです。

投資する前には、少なくとも、以下2つを確認しときましょう。

  • ビジネスモデル、商品にファンがいるか
  • 株価チャートのトレンド

ビジネスモデル、商品にファンがいるか

投資しようとする会社のビジネスモデルや、どんな商品を売っているのかを理解することは、投資する上では基本的なポイントです。

特にその会社が売ってる商品にファンがいるか、などを確認しましょう。

伝説の投資家であるウォーレン・バフェットも『理解できない会社には投資すべきでない』と述べているように、投資を行う上で、ビジネスモデルを理解することは非常に重要です。

ちなみに、僕が実際にビジネスモデルを調査したうえで、これからテンバガーになりそうな銘柄を以下の記事「米国株のテンバガー候補銘柄5選!資産を増やす銘柄の2つの鉄則」でまとめています。気になる方はどうぞ。

株価チャートのトレンド

株価のトレンドはチャートを見れば、すぐにわかります。それを見て、下がっている銘柄でなく、横ばいか上がり始めている銘柄を買う方がいいでしょう。

特に下降傾向にある銘柄の場合、自分の知らない下落要因が必ずあります。

下がっている銘柄の場合は、「なんで下がっているのか」を確認することを心掛けましょう。

とはいっても、チャートの世界は奥が深いです。

ツッキー
ツッキー
まだまだ知らないことがたくさんなので、一緒に学んでいきましょう。

成長株の買いのチャートパターンを知りたい人は、名著「オニールの成長株発掘法」で学んでいきましょう。正直一生使える買い物です。

まとめ

今回の記事では、今回は米国株のスクリーニングツール「FINVIZ」について、使い方を解説しました。

株価急騰の成長株を見つけるスクリーニング条件【CANSLIM】で、ぜひ成長株を発掘してみて下さい。

本記事の要点を以下にまとめます。

  • スクリーニングは無料ツール「FINVIZ」がおすすめ
  • CANSLIM投資とは、オニールの提唱する成長株投資の7原則のこと

今回の記事が成長銘柄を見つけ出したいあなたの投資の参考になれば嬉しいです。

オニールの成長株発掘法をしっかり読みたいあなたへ

オニールの成長株発掘法をしっかり読みたい人は実際の書籍を読んで見るといいと思います。

本のなかには、チャート実例や、詳細な銘柄選定の基準、売買タイミングの見極め方が具体的に書かれています。

他にも投資の勉強に使える本を以下の記事で伝えています。参考に。
参考記事米国株の勉強に最適なおすすめ本7選!学んだことを活かして稼ごう!

コメントや質問がある場合は、ツイッターからメッセージか問い合わせからコメントを頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】