TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

米国株の自社株買いの調べ方【Macrotrendsなら超カンタン】

企業分析 投資知識

銘柄分析をしてる米国株投資家「気になる米国株の銘柄分析をしているけど、自社株買いをしているかは、どうやって確認すればいいのかな?教えて欲しい。」

このような悩みに答えます。

自社株買いとは、市場で取引されている株式を買い戻すことです。

一株当たりの価値を上げる効果があり、企業と株主の双方にメリットが大きいものです。(もっと詳しく知りたい人は以下の記事を参考に)
参考記事企業が自社株買いをする理由【企業・株主のメリットは?】

米国株の銘柄分析をするにあたっては、絶対に抑えておきたいところです。

ただ自社株買いをしているかは、発行済み株式数の推移を見ることでわかりますが、各年度の発行済株式数を調べるのは、少し骨の折れる作業で、少し調べずらいところもありますよね。

特に10年とかを調べるのは、かなり大変ですよね、、

この記事では、発行済み株式数の推移を、カンタンに調べられる方法を伝えていきます。

それではよろしくお願いします。

この記事を読んでわかること

  • 米国株の自社株買いの調べ方
  • 発行済株式数の推移を調べるのに便利なサイト

スポンサーリンク

米国株の自社株買いの調べ方!発行済株式数の推移を見よう

マイクとトレンドで自社株買いを調べよう。

発行済株式数の推移を調べるのに、便利なのは『Macrotrends』というサイトです。

長期での発行済株式数の推移を調べるのに、とても便利です。

ここ数年の発行済株式数を調べるだけなら、他のサイトでもできますが、長期間調べたいなら、Macrotrends一択です。

Macrotrendsで発行済株式数の推移を調べるには、まず以下のページの検索窓で、あなたの銘柄分析中の米国株のティッカーシンボルを入力します。

マイクロトレンドで自社株買いを調べる。(検索窓でティッカーシンボルを検索)

続いて、Revenue & Profit → Shares Outstanding (日本語で発行済株式数の意味)をクリックします。

マイクロトレンドで自社株買いを調べる。share outstandingのページへ。

そこでページ下部にスクロールしていくと、発行済株式数の推移を見ることができます。青グラフは発行済み株式数、赤グラフは前期からの増減率を示しています。

マイクロトレンドで自社株買いを調べる。スクロールすると発行済株式数の増減&増減率が見れる

もう少し下に詳細な株式数の情報も記載されています。(左が1年毎、右は4半期ごとの発行済株式数です。)

マイクロトレンドで自社株買いを調べる。もう少し下に行くと詳細な情報がある。

このようにMacrotrendsなら、発行済株式数の推移を長期で調べるのも、カンタンにできますよ。

発行済株式数の減少”率”で自社株買いの積極性が分かる

減少率を見ることで、自社株買いの積極性が分かる

自社株買いを行う企業のなかでも、積極的な企業と、そうでない企業があります。

その違いを見るには、発行済株式数の減少”率”を見ましょう。

例を以下に示します。

  • ①アップル(Apple):25,892百万株(2010年)→17,528百万株(2020年)、32%減少
  • ②ファイザー(Pfizer):8,074百万株(2010年)→5,632百万株(2020年)、30%減少

どちらも自社株買いに積極な企業ですが、アップル(Apple)の減少率がわずかに大きいです。

この比較から、アップルの方が自社株買いに積極的、ということが分かりますね。

このようにして、自社株買いの積極性を見ることができます。

ということで、今回の記事の内容は以上です。

今回の記事が米国株の銘柄分析を行うあなたの参考になれば嬉しいです。

銘柄分析をしているあなたに

米国株ブログであなたの調べた内容を発信して、他の投資家に貢献しませんか?

銘柄分析して、”投資するのみでも十分素晴らしいこと”ですが、その内容を米国株ブログで発信して、これから投資する人のためになるのもいいものですよ。(あわよくば、お金も稼げますし。笑)

気になる人は以下の記事にも目を通していただけると、嬉しいです。
参考記事資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】

コメントや質問がある場合は、ツイッターからメッセージか問い合わせからコメントを頂ければと思います。どうぞよろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】