TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

Binance(バイナンス)の特徴を完全理解【メリット・デメリット】

Binance

Binance(バイナンス)で仮想通貨取引を始めたい人「メリットだけでなく、デメリットを知ったうえで、Binance(バイナンス)で仮想通貨運用をスタートしたいなあ。」

このような悩みに答えます。

この記事では僕が実際に使ってみて感じたBinance(バイナンス)のメリット、そしてデメリットまで伝えていきます。

Binance(バイナンス)を使用するうえで、メリットと同じくらい、デメリットを理解することは大切になります。デメリットをあらかじめ知っておかないと、対策ができないからです。

デメリットもしっかり把握したうえで、Binance(バイナンス)を使い始めましょう。
»Binance(バイナンス)の公式ページはこちらから

まだBinance(バイナンス)の口座を開設していない方は、忘れないうちに以下の記事を参考にしつつ、口座開設をしてみて下さい。

よろしくお願いします。

この記事を読んでわかること

  • Binance(バイナンス)のメリット・デメリット

スポンサーリンク

Binance(バイナンス)のデメリット

merit-demerit

まずBinance(バイナンス)のデメリットから伝えます。Binance(バイナンス)のデメリットは次の通り。

  • ①日本円の入出金ができない。
  • ②Binance(バイナンス)が倒産するリスクがある。
  • ③Binance(バイナンス)がハッキングされるリスクがある。
  • ④日本の金融庁が認めていない。

①日本円の入出金ができない。

Binance(バイナンス)は日本円の入金に対応していません。そのため、他の仮想通貨取引所で購入→送金という手間が発生します。

他にもクレジットカードでの入金もありますが、手数料が割高で、使えるクレジットカードも制限されているようです。

ちなみに僕の使っている”楽天カード(VISA)”では仮想通貨の購入はできませんでした。

②Binance(バイナンス)が倒産するリスクがある。

Binance(バイナンス)だけではありませんが、仮想通貨取引所も会社なので、倒産のリスクはあります。

そのため、全財産を仮想通貨取引所に入れる、なんてことはやめといた方がいいですね。

③Binance(バイナンス)がハッキングされるリスクがある。

『仮想通貨取引所がハッキングされて○○億円分の仮想通貨が流出した』ニュースを聞いたことがあると思います。

Binance(バイナンス)も例外ではないので、ハッキングされるリスクはあります。

実際、2019年5月7日にバイナンスはハッキングされて数十億円のビットコインが流出したことがあったそうです。

しかし、バイナンスは流出したビットコインを同社の基金で補填し、投資家の被害はなかったそうです。

バイナンスはこの仮想通貨流出後の対応から、信頼性が高い取引所という評価を受けているそう。

ツッキー
ツッキー
好感を持てる企業ですね。

しかも、そこからセキュリティ対策も強化し、ハッキングも起きてません。

④日本の金融庁が認めていない。

実はBinance(バイナンス)は日本の金融庁に認められた仮想通貨取引所ではないです。

「じゃあ、日本人が使うことは違法なの?使えない?」

上記のように思う人もいるかもしれませんが、金融庁に問い合わせを行ったところ、日本人がBinanceを利用することに法律的問題はなく、罰則等もないことが分かりました。

罰則を受けるのは、Binance(バイナンス)側で、利用者には罰則はないとのことです。

ただ、あくまでも利用は自己責任になるので、余力資金で投資するのが良いかもですね。

もう少し詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてください。
参考記事Binance(バイナンス)は日本で違法なの?金融庁に問い合わせてみました。

Binance(バイナンス)のメリット

merit

つぎにBinance(バイナンス)のメリットを伝えます。

僕がBinance(バイナンス)を使ったうえで感じたメリットは次の通り。

  • ①取引手数料が激安
  • ②300種類以上の通貨を取り扱っている
  • ③オリジナル仮想通貨BNB(バイナンスコイン)が購入できる
  • ④完全日本語対応
  • ⑤スマホアプリが使いやすい
  • ⑥様々な仮想通貨取引をすることができる

①取引手数料が激安

Binance(バイナンス)の取引手数料は0.1%です。これは他の国内の取引所と比べると、激安です。

つまり、取引にかかるコストを抑えられる、ということです。

ツッキー
ツッキー
これも世界中のユーザーがBinance(バイナンス)をつかう大きな理由だと思いますね。

ちなみに、手数料の支払いに“BNB(バイナンスコイン)”を使用すると、さらに25%オフの0.075%に手数料を抑えることができます。

②360種類以上の通貨を取り扱っている

Binance(バイナンス)で取り扱われている仮想通貨は、360種類以上です。2021年9月12日現在。

主要な仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム等)だけでなく、草コインと呼ばれるマイナーな仮想通貨も数多く取り扱っています。

国内の仮想通貨取引所だと、「あ、この通貨取扱いないのか、、」と諦めることも多々ありますが、Binance(バイナンス)に限っては、ほとんどありません。

③オリジナル仮想通貨BNB(バイナンスコイン)が購入できる

バイナンスコインで手数料が安くなります。

Binance(バイナンス)でのみ、オリジナル仮想通貨BNB(バイナンスコイン)は購入することができます。なので、もしBNB(バイナンスコイン)を買いたい場合は、Binance一択ですね。

マナブさんもBinanceに投資中

プロのブロガーであり、最近は仮想通貨・FXに取り組んでいる『マナブさん』もBNB(バイナンスコイン)に投資しているようです。

以下、先日していたツイートです。

④完全日本語対応

またBinance(バイナンス)は日本語対応しているので、使いやすいのもメリットです。

ツッキー
ツッキー
英語が不安、、という方も心配は全くいりません。

実は少し前まで日本語表示をなくしていたみたいですが、2021年に入ってすぐに、日本語表示を再開したようです。

⑤サイト・スマホアプリが使いやすい

バイナンス-サイト

Binance(バイナンス)のサイト、サクサク動きますし、スマホアプリは非常に使いやすいです。

サイトが使いやすいのは大切ですが、それ以上にスマホアプリが使いやすいことも大切ですもんね。

出先でスマホを使って、リアルタイムに取引をしたい場合に、アプリが使いにくかったら、最悪ですから。

⑥様々な仮想通貨取引をすることができる

defi-ステーキング

仮想通貨の世界では、DeFiやDEXなどの技術が出てくるため、保有だけでなく、さまざまな運用方法が登場しています。

新しい運用方法をいち早く試し、乗り遅れないことが、大きな利益を手にできる可能性は上がります。

Binance(バイナンス)では新しい運用方法をいち早く実装してくれます。

これもメリットの一つと言えると思いますね。

まとめ

今回の記事では、Binance(バイナンス)のメリット、そしてデメリットを伝えました。

デメリットをあらかじめ知っておかないと、対策ができないので、Binance(バイナンス)を使用するうえでは、メリットと同じくらい、デメリットを理解することは大切です。

デメリットもしっかり把握したうえで、Binance(バイナンス)を使い始めましょう。
»Binance(バイナンス)の公式ページはこちらから

まだBinance(バイナンス)の口座を開設していない方は、忘れないうちに以下の記事を参考にしつつ、セットアップをしてみて下さい。
参考記事Binance(バイナンス)の始め方【登録から2段階認証・個人認証まで】

以下で本記事の内容をおさらいします。

Binance(バイナンス)のデメリット

  • ①日本円の入出金ができない。
  • ②Binance(バイナンス)が倒産するリスクがある。
  • ③Binance(バイナンス)がハッキングされるリスクがある。
  • ④日本の金融庁が認めていない。

Binance(バイナンス)のメリット

  • ①取引手数料が激安
  • ②300種類以上の通貨を取り扱っている
  • ③オリジナル仮想通貨BNB(バイナンスコイン)が購入できる
  • ④完全日本語対応
  • ⑤スマホアプリが使いやすい
  • ⑥様々な仮想通貨取引をすることができる

今回の記事があなたの参考になれば嬉しいです。

それでは、またよろしくお願いします。

コメントや質問がある場合はツイッターでメッセージを頂くか、問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】

人気記事②Manablog Copyにテーマ切替を決意できた理由【購入手順付き】