Written by ツッキー

楽天ウォレットは最悪なの?投資家が使わない3つの理由【結論あり】

仮想通貨

知りたいひと「楽天ウォレットで仮想通貨て最悪なのでは?SPUアップや楽天ポイントが使えることに魅力を感じたけど・・。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • 楽天ウォレットを投資家が使わない3つの理由
  • 楽天ウォレットから乗り換えた方が良いのか
  • 投資家が使う仮想通貨取引所おすすめ2選
😌記事の筆者
個人投資家26歳男。
ブロガー兼メディアライター
楽天ウォレットから乗り換えました。

あなたは以下のような理由で楽天ウォレットで仮想通貨を始めませんでしたか?

楽天ウォレットを始めたきっかけ

  • 楽天のSPUが上がるから!
  • 楽天ポイントで仮想通貨が買えるから!
  • なんか簡単そうだったから

とはいえかなり後悔してるのでは?辞めたいな、こう思ってるのではないでしょうか?

そんなあなた向けに今回の記事では「楽天ウォレットが最悪なのか」という疑問に答えます。

結論だけ言うと、仮想通貨に触れてるひと、つまり「投資家」は楽天ウォレットを使いません。

この記事を書く筆者自身「楽天ウォレット」で仮想通貨投資を始め、あるとき「楽天ウォレット最悪!!」このように思い、他の取引所に乗り換えました。

この理由についてまずは記事の前半で丁寧にお伝えしようと思います。

それでは最後までご覧ください😊

関連記事

楽天ウォレットは最悪?投資家が使わない3つの理由

楽天ウォレットは最悪なの?投資家が使わない3つの理由【結論あり】

投資家が楽天ウォレットを使わない理由は次のとおり。

  • 理由①:販売所のみでスプレッドが高い
  • 理由②:出庫・送金手数料が高い
  • 理由③:取り扱い通貨が少なすぎる※3種類

上記の理由により、ほぼすべての投資家は使いません。

各理由を順に見ていきましょう。

理由①:販売所のみでスプレッドが広い

まず最重要ポイントですが、楽天ウォレットは「販売所取引」だけなので手数料が余計にかかります。

仮想通貨の取引の種類と手数料

  • ①:販売所 → 手数料が高い(スプレッドが広い
  • ②:取引所 → 手数料が安い(売買手数料がメイン

取引所はユーザー同士の取引、販売所は取引所がユーザーと取引する図式です。

両者を比べると「販売所」での取引時のスプレッド(売値と買値の価格差)が広く、余計に手数料がかかるのが特に大きな違いとなります。

楽天ウォレットは「販売所」のみ

他の取引所では基本的に販売所と取引所の両方がありますが、楽天ウォレットは販売所しかありません。なので、手数料が多めにかかることに。

そのため、投資家は基本的に使いません。

理由②:出庫・送金手数料が高い

また仮想通貨の出庫時の送金手数料が高いのもデメリットですね。

送金手数料の比較

  • 楽天ウォレット:0.01ETH(2000~3000円)
  • コインチェック:0.005ETH※楽天ウォレットの半額
  • ビットフライヤー:0.005ETH※楽天ウォレットの半額

上記のように送金手数料が高いので、メタマスクやバイナンスに仮想通貨を送りたくても送りにくいわけです。

理由③:取り扱い通貨が少なすぎる(現物3種類)

また楽天ウォレットでは取り扱い銘柄が少なすぎます。3種類です(笑)

楽天ウォレットの取扱銘柄

  • ①:BTC/JPY
  • ②:ETH/JPY
  • ③:BCH/JPY

他の取引所は基本的に10銘柄、多いところでは20銘柄ほど取扱がありますが、楽天ウォレットは少なすぎるのです。

銘柄数多い=メリットではないが

もちろん「銘柄数が多いことが必ずしもメリットか?」と言われれば、デメリットになることもあります。

リスクが高いアルトコインを買ってしまうかもしれないからです。

とはいえ、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュだけは少なすぎ。

リップルや他のメジャーな仮想通貨が買えないのは確実にデメリットでしょう。

楽天ウォレットから乗り買えた方が良いのか

ここまでの話を踏まえてお伝えすると「結論、乗り換えるべき」です。

すでに伝えたように楽天ウォレットには大きなデメリットが多数だからですね。

楽天ウォレットのデメリット

  • 理由①:販売所のみでスプレッドが高い
  • 理由②:出庫・送金手数料が高い
  • 理由③:取り扱い通貨が少なすぎる※3種類

「楽天ポイントはお得だから~」と貯めたポイントでコストの高いことをするのはバカげてますよね。

それを知らず知らずのうちにやってしまうのが楽天ウォレットなのです。

なるはやで「乗り換えるべき」だと思いますね。

楽天ポイントで仮想通貨を買えるけど・・。

もちろん「楽天ポイントで買える!!」という大きなメリットもあります。

しかし、そのポイントをクレカの支払いに使えるはず。

浮いた分の日本円でコスパの良い仮想通貨取引所を使うのがベストでしょう。

仮想通貨のおすすめ取引所2選【脱・楽天】

結論からいうと、以下↓↓↓2つの仮想通貨取引所が良いです。

なぜなら、楽天ウォレットよりもコスパ良く仮想通貨が取引でき、なおかつ使いやすいからです。

しかもセキュリティーも安心で、実際多くの投資家に選ばれてます。

個人的には「取引所が充実してる」「バイナンスへの送金が最安」の「ビットフライヤー」を使ってますが、このあたりは好みもあります。

コインチェックはキャンペーンもあるので、お得になることも多いです。

両方使ってみて使いやすい方と長期でお付き合いするのが良いかと思いますね😊

参考記事

まとめ

今回は楽天ウォレットを投資家が使わない3つの理由を解説しました。

楽天ウォレットを投資家が使わない理由

  • 理由①:販売所のみでスプレッドが高い
  • 理由②:出庫・送金手数料が高い
  • 理由③:取り扱い通貨が少なすぎる※3種類

「楽天ウォレットのままで良いのかな?」と思うのであれば、間違いなく乗り換えるべきです。

楽天経済圏のサービスでコスパ良く生き、料金の高いキャリアから格安スマホに乗り換えたのに、仮想通貨取引所は割高なところを使い続ける、そんな選択しますか?って話です😊

筆者自身「楽天ウォレット、最悪・・」こう思い、別の取引所に乗り換えたことで、高いコストを払わずに仮想通貨投資が可能になりました。

あなたも仮想通貨で資産を増やすためにも、楽天ウォレットから卒業しましょう。

ということで今回の記事はおわり。
それではまた。

関連記事