Written by ツッキー

STEPN(ステップン)の利確方法2つ【稼いだGSTは日本円に換金がいいの?】

STEPN

STEPNで稼ぎたいとひと「STEPNで稼いだGSTを利確する方法が知りたいな。稼げても利確できなきゃ意味ないしな~。」

このような悩みを持つあなた向けの記事です。

この記事を読んでわかること

  • STEPN(ステップン)の利確方法2つ
  • 利確した資金の運用方法【利息が貰える低リスク運用】
😌記事の筆者について:
夫婦でSTEPNを楽しむ26歳、男。夫婦計二足でSTEPNで稼ぐ。
低リスクな運用・投資をこころがける個人投資家。

あなたはSTEPNで稼いだ仮想通貨GSTをしっかり利確してますか?

もしくはSTEPNを始めたいけど、稼いだ仮想通貨が日本円にできなきゃ意味ない、と思ってませんか?

もしそうなら今日、この記事でSTEPNで稼げるGSTの利確方法を理解しましょう。

もし稼げてても、全く利確してなかったら、いつ暴落に巻き込まれて価値がゼロになってしまうか、わかりません。

というのも、稼いだGSTをそのままでずっと持っていると「寝て起きたら暴落してて、大損・・初期投資も回収できない・・」なんてことも十分あり得えますからね。

1日で50%程度の暴落なんてのはザラに起きますし。

暴落に巻き込まれると、一気に稼いだ金額が消えてしまいますが、利確しておけば、その分はしっかり確保できます。

初期投資分だけでも利確できてれば、安心ですよね。

この記事では、STEPNの利確方法2つを丁寧に解説します。

※さらに記事の後半では、利確後の資金の低リスクな運用についても、ご提案予定

ぜひ最後まで、ご覧ください。

STEPN(ステップン)の利確方法2つ【日本円とステーブルコインに換金します】

STEPN(ステップン)の利確方法2つ【稼いだGSTは日本円に換金がいいの?】

STEPNの利確方法は次の2つ。

  • ①日本円への換金
  • ②ステーブルコインに換金

それぞれ丁寧にご解説していきます。

①日本円への換金

これはパッと思いつくのではないでしょうか?

僕たち日本人が使う日本円(JPY)に換金するということです。

ちなみに、日本円の換金方法には、下の2種類の経路があります。

  • 経路1:2段階
    ①STEPN(GST→SOL)
    ②Liquid(SOL→JPY)
  • 経路2:3段階
    ①STEPN(GST→SOL)
    ②Binance(SOL→XRP)
    ③ビットフライヤー(XRP→JPY)
GSTの日本円への換金方法

図で表すと上のような形。

経路1はSTEPNからLiquidという取引所にSOLを送り、直で日本円に換金する方法。

経路2は、SOLをバイナンスでリップルに替えて、ビットフライヤーに送り、日本円に換金する方法です。

経路1の方が簡単です。

STEPN内のSOLを日本円に変える必要がありますが、国内でSOLの取り扱いがあるLiquidを使うことで、2段階で日本円にできるためです。

サクッと出金を済ませたいひとは、Liquidがいいかなと思いますね。

具体的な操作手順は、こちらの記事【最短30分】稼いだGSTを現金化する簡単手順でわかりやすく解説されてます。(同じSTEPNプレイヤーのすずさんの記事)経路1で現金化したいひとはこちらをご参考に。

経路2は大変だけど、手数料は少し安い

バイナンスを経由してビットフライヤーに送金する方法もあります。仮想通貨経験者はこちらを使ってることが多いですね。

この方法だと送金時の手数料が経路1に比較して手数料が安いからです。金額にもよりますが、日本円を銀行に出す際の手数料も少し安いです。

ただ、通貨の両替等の手間は増えるので、そのあたりはトレードオフ。「送金ミス、トレードミスが怖い・・」そんなひとはSOLを直接日本円に変えられるLiquid一択でいいかなと思います。

まとめると、以下のようになります。

  • 経路1:2段階で簡単。サクッと済ませたいひと向け。
  • 経路2:3段階で少し手間がかかる。経験者、バイナンスを使う人向け。

②ステーブルコインに換金する【ウォレット内でできる】

ステーブルコインに換金するのが二つ目の方法です。

※ステーブルコインとは:
ドルと同じ値動きになるように設計された仮想通貨(USDC、USDT、BUSD、DAI等)

仮想通貨であることには変わらないのですが、ステーブルコインは値動きが極小なので、利確先には最適なのです。

USDC/USDチャート

USDC/USDチャート

上記のように、ほぼ1ドルと連動してまして、利確先として最適なのがわかるかなと思います。

STEPNのウォレット内でUSDCに利確可能

具体的には、STEPNのウォレット内で【GST→USDC】のトレードが可能なので、USDCへ利確します。

GST→USDC

すぐできますので、手順を実際の画面を出しながら、お見せしますね。

【GST→USDC】にする手順

まずSpendingにあるGSTをウォレットに移す作業をします。まずSpending内で【Transfer】をタップします。

SpendingにあるGSTをウォレットに移す

その後、ウォレットに送る通貨を変更し、GSTを選びます。

GSTを選択1 GSTを選択2

Amount(量)を入力します。※試しにやってみたい人は、少量で試してみるのもあり

Amountの入力

【Confirm】をタップします。※今回は70GSTウォレットに移動させました。

Confirm

しばらく待って、以下のようにウォレット内にGSTが移動出来てれば完了✨

ウォレット内にGSTが移動

次に移したGSTをUSDCに変換します。

まず【Trade】をタップし

その後通貨を選んで数量を入力し、【TRADE】を押します。

最終的に以下のようになっていたらOKです。

これでステーブルコインへの利確完了です✨

USDCを日本円に換金する際は、バイナンスに送金して、リップルに替えてから、ビットフライヤーに送ればオッケーです😊

利確タイミングはこまめに【ステーブルコインがおすすめ】

日本への利確、ステーブルコインへの利確、両方が分かったかと思います。

個人的には日本円への利確は少々手間があります。

なので、こまめにUSDCに利確しながら、一定額貯まったら日本円にするのがいいかなと思ってます。

※2021年末~2022年にかけて、日本円は円安などで価値が下がってます。
そのため、僕個人としては、しばらくはステーブルコインのままで持ち、次に説明する低リスク運用を行いながら、ちょこちょこ利息を貰う予定です。あなたの状況に合わせて、日本円まで換金するのか、ステーブルコインのままで持っておくのが考えるのがいいかなと。

ステーブルコインなら運用して利息が貰える【低リスク運用】

STEPN(ステップン)の利確方法2つ【稼いだGSTは日本円に換金がいいの?】

「稼いだ仮想通貨を利確しても、その資金がそのままだと少しもったいない~」そんなあなた向けに、稼いだ資金の運用方法をご提案します。

結論からいうと「ステーブルコインのステーキング」です。

「????」が頭に浮かんでるあなたが思い浮かびますが、簡単にいうと、ステーブルコインを預けて(ステーキング)して、利息を貰う運用方法になります。

少しイメージできますかね。

イメージとしては、日本円を銀行に預けて、利息を貰うイメージです。

これでピンとくるのではないでしょうか?

これで年利10%ほどの利回りを得られる訳でして。

銀行なんかに入れとくよりも、圧倒的に良いですよね。

バイナンスでステーブルコインを運用するまでの流れ

  • 手順①STEPN内のUSDCをバイナンスに送金
  • 手順②USDCをUSDT or BUSDに変える
  • 手順③USDT、BUSDをステーキングする

具体的な手順については、ここでいちから説明すると、長くなってしまうので、別記事にて解説します。

「利益が出てきていよいよ利確だぞ!!」という段階になったら、こちらの記事「STEPNで稼いだGSTをバイナンスでステーキングしてみた【低リスク運用】」を見つつ、実際にやってみて下さい。

ブックマ推奨です✨

最後に:利確の重要性を再度伝える

ということで、本記事は以上。

利確方法の全体像がわかったのではないでしょうか?

繰り返しですが、STEPNで稼げてても、利確してなかったら、暴落に巻き込まれていつ大損こくかわかりません。

「寝て起きたら暴落してて、大損・・」なんてことも十分あり得えるのが、仮想通貨の世界なのはしっかり頭に入れときましょう。

そのうえで、上記を防ぐために、コツコツ利確しておいて、しっかり利益は確保しとくのがいいかなと思います。

少なくとも、初期投資分くらいはしっかりステーブルコイン、もしくは日本円で出しとくのがベスト。

低リスクな運用・投資をこころがけながら、STEPNで稼いでいきましょう。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

記事は以上です😊

STEPN(ステップン)の完全マニュアル