Written by ツッキー

HEXA(ヘキサ)の始め方|購入方法・販売手順を丁寧に解説します

NFT

気になるひと「HEXA(ヘキサ)が気になるな。日本発のマーケットプレイスだし、日本人にやさしいのかな?使ってみたいなー。」

このような悩みに答えます。

この記事を読んでわかること

  • HEXA(ヘキサ)の魅力4つ
  • 始め方(NFT購入手順、出品手順)
  • よくある質問Q&A
😌記事の筆者
個人投資家26歳男。
ブロガー兼メディアライター。
仮想通貨・NFTを保有。

この記事では日本発のNFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」の始め方、購入手順、出品手順を丁寧に解説します。

実際の画面を出しながら説明するので、かなりイメージができるはずです。

「ヘキサてどんなところ?」「ヘキサでNFTを買ってみたいなー、売ってみたいなー」このようなあなたはぜひ最後までご覧ください。

それでは行きましょう😊

HEXA(ヘキサ)とは【NFTてそもそもなに?】

HEXA

HEXA(ヘキサ)は日本発のNFTマーケットプレイスです。NFTを発行したり、NFTを購入できたりします。

そもそもNFTとは
「NFTはデジタルデータを識別する番号を付ける技術」

「NFTとは~」などと深く考える必要はなくて、上記の理解でOKかと。

このNFTの技術があることで、データを識別できるので、コピーの心配なく誰でもデジタルデータを販売・購入できるようになったわけです。

アートとしての収集目的はもちろん、広告や応援としての意味合いを持つものになっています。

とはいえ、これまでNFTマーケットプレイスはOpensea等、基本的に海外が主流でした。そのため、そこに踏み出すには少し厄介なプロセスがあったので、なかなか一歩踏み出せない人が多かった。これが現実でした。

そこにHEXAという新進気鋭のNFTマーケットプレイスが日本登場🚀有名人もNFTを出してます。※第一号は与沢翼さん

hexa-1-yozawa

次にこのHEXAの魅力、海外マーケットとの違いを説明します。

HEXA(ヘキサ)の魅力4つ【圧倒的にビギナーにやさしい】

HEXA(ヘキサ)の魅力4つ

HEXAの魅力は次のとおり。

  • ①:日本円完結
  • ②:ウォレット、手数料(ガス代)不要
  • ③:転売されるとロイヤリティ収入も
  • ④:スポンサーNFT

それぞれ順に解説します。

①:日本円完結

まず最大の特徴と言っても良いのが「日本円完結」です。

海外のNFTマーケットプレイス(Opensea)だと仮想通貨での決済のみでした。※メインはイーサリアム(ETH)

ここはひとつハードルになっていたわけですが、HEXAにはこのハードルがなく日本円での決済が可能。しかもクレジットカードでの購入できます。

具体的な購入手順は後ほどご紹介しますが、購入までのハードルが下がったのは圧倒的メリットでしょう。

②:ウォレット、ガス代不要

またウォレット、ガス代が不要なのも大きな魅力。

ウォレットは仮想通貨用のお財布、ガス代は手数料のイメージ。

通常のNFTマーケットだと、ウォレットが必須だったり、ガス代がかかるのが当たり前なので、この二つがないのは特徴ですね。

③:転売されるとロイヤリティ収入も

HEXAに限らずですが、NFTは転売時にも、制作者にロイヤリティ収入が入ります。

なので、活動を続ける限り、継続的に収入が得られる可能性があるのも魅力です。

④:スポンサーNFT

また個人的にHEXAにおける「スポンサーNFT」は面白い。

というのも、もともとNFTはクリエイターを応援したいというマインドから購入する人が多いですが、これを企業がコニュニティに広げてるからです。

例えば、下のラジオ番組のスポンサー権をNFTとして購入可能。
nft_music_fm

個人がスポンサーになれるという新たな仕組みなのです。

HEXA(ヘキサ)の始め方①|NFT販売手順

hexa-3

HEXAの出品手順はとても簡単。以下の3ステップです。

  • 手順①:TwitterアカウントをHEXAで認証
  • 手順②:NFT化するファイル・ツイートをアップロード
  • 手順③:条件を決めてNFTを発行

順番に見ていきましょう。

手順①:TwitterアカウントをHEXAで認証

TwitterアカウントをHEXAで認証します。

hexa-4
※Twitterのアカウントと紐づける形でNFTを発行するので、アカウントは必須。まだのひとはこの機に作りましょう。

手順②:NFT化するファイル・ツイートをアップロード

続いてNFT化する画像や動画ファイル、もしくはTweetをアップロードします。

下の画像の上部はファイルのアップロード箇所、下部はTweetのアップロード箇所
hexa-5

今回はTweetをNFT化していきます。

NFT化するTweetを選んだら以下のように選択してください。選択が済んだら、画面中央にある「条件設定に進む」をクリック。

hexa-6

手順③:条件を決めてNFTを発行

以下のようにNFTの発行条件を決めます。

  • ①:発行チェーン
  • ②:販売方法
  • ③:販売期間
  • ④:二次ロイヤリティ
  • ⑤:値段、コメント
hexa-7

そしたら、最後に認証用のメールアドレスを入力、チェックボックスにチェックを入れて「NFTを発行する」をクリックします。

hexa-8

その後、認証用のメールアドレスに下のようにHEXAから仮登録完了のメールが届くので認証作業をします。

hexa-9

すこし時間が経ったら、以下のように審査が完了し、無事NFTが発行できます。※初回はだいたい3時間ほど。

hexa-10

最後に発行されたNFTを確認しましょう。※実際に発行されたNFTです。

hexa-11

どうでしたか?「意外と簡単!」と思ったはず。さっそく試しに出品してみるのもいいかもです😊

HEXA(ヘキサ)の始め方②|NFT購入手順

HEXAの購入手順はもっと簡単です。次のとおり。

  • 手順①:購入したいNFTを選択
  • 手順②:クレジットカード決済

早速やっていきましょう。

手順①:購入したいNFTを選択

以下のように購入したNFTを選択します。スポンサーNFTもあるので、あわせて応援したいところを探すものいいかも。

hexa-12

手順②:クレジットカード決済

選んだらクレジットカード情報を入れて決済するだけ。無事購入できました✨

hexa-13

HEXA(ヘキサ)についてよくある質問・注意点

HEXA(ヘキサ)についてよくある質問・注意点

最後によくある質問・注意点を確認していきましょう。

①NFT化の審査が通らないことはありますか?

ほぼほぼないかと思いますが、公式は以下のように公表してます。

引用リツイート・ツイートが含まれる場合は承認されないケースが多くなっています。また、他者の著作物や商標を含むものについても著作権を100%発行者様で取得している可能性が低いと考えられるものはNGとなります。

なので、完全オリジナルなものだけにすれば通りやすいるかと。

②発売したNFTが売れなかった場合の費用は?

かかりません。安心してOKです。

③スマホアプリはありますか?

ありません。もし怪しいスマホアプリがあったら気をつけましょう。

まとめ:今後はグローバル展開を視野に。

今回の記事では日本発のNFTプラットフォームHEXA(ヘキサ)の魅力、始め方を解説しました。

HEXA(ヘキサ)の魅力4つ

  • ①:日本円完結
  • ②:ウォレット、手数料(ガス代)不要
  • ③:転売されるとロイヤリティ収入も
  • ④:スポンサーNFT

圧倒的にビギナーにやさしいNFTマーケットプレイスなので、初めてのひとでもサクッと出品(もしくは購入)できると思います。

HEXAグローバルマーケットプレイスに。

さらにHEXAはグローバルNFTマーケットプレイスになることを目標にしてます。(»引用ツイート)

つまり、さらに盛り上がる可能性も秘めてまして、個人的にはかなり期待してます。日本人のNFTの入り口になる可能性も。

いまのうちに触れとくと良いことがあるかもしれませんね。

ということで今回の記事は終わりです。

NFTを楽しみながら触れていきましょう。
それではまた。

海外のNFTマーケットプレイスに興味があるひとは下の記事をご参考に。

Opensea(オープンシー)の始め方・登録方法