TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

【完全投資初心者向け】
米国株投資の始め方を徹底解説

米国株

米国株投資を始めたいひと「これから米国株で投資・資産運用を始めたいけど、なにから手をつけていいか分からないなぁ。」

このような悩みに答えます。

本記事のテーマ

【完全投資初心者向け】米国株投資の始め方を徹底解説

この記事の内容

  • そもそもなんで米国株なのか
  • 完全投資初心者の投資の始め方(5ステップ)

完全投資初心者の米国株投資の始め方

  • ①目標設定
  • ②どうして「米国株」への投資がいいのかを理解する。
  • ③投資環境準備
  • ④証券口座の開設
  • ⑤実際に個別株&投資信託を購入

記事の信頼性

記事を書いている僕(ツッキー)は、投資歴2年ほど
現在はサラリーマンとして働きつつ、稼いだお金を「米国株」で資産運用しています。

学生時代は投資が完全未経験でしたが、社会人になり資産運用の勉強をスタート。

ツッキー
ツッキー
1年でゼロから株式資産300万を突破しました。

読者さんへのメッセージ

この記事では「これから投資・資産運用を始めたいけど、どこから手をつけていいか分からないよ」という20代前半の方に向けて書いています。
(ほかの年代の人も参考になりますが、経験者の人には少し物足りないと思います。)

この記事を読むことで、「投資の目標設定、具体的な投資の始め方、どんな銘柄・投資信託を買えばいいのか」までをイメージできます。

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

目標設定:

usstock-start
米国株投資をすることで経済的な自由を手に入れる

具体的には「20年で4000万円の資産を作ること」を目標にします。

4000万円あれば、年利3~4%で運用することで月に10万円程度の不良所得を手にすることができます。こうなれば、金銭的には生活が安定しますよね。

また4000万円という金額は、月10万円・年利5%の積立投資を20年することで到達することができる現実的な数字です。

シミュレーション-月10万-5%-20年

目標設定は大切←ないと病みます。

目標設定はとても大切です。
目標から逆算することで今すべきことが明確にできるからです。

将来のための備えをする投資であれば、リターンは年利数%(3~7%)で十分だと理解しましょう。

目標が明確だと、他の投資家が「うひょー!二カ月で資産が倍になった!」と言ってても、自分の目標と無関係なので、無視できます。

一方、目標がないと

「私も同じリターンが欲しい・・。レバレッジかけるか。」→大損。

となりかねませんので。こうなると病みますね。

なので、目標設定をしっかり最初に行い、それに合わせた投資をしましょう。

どうして「米国株」への投資がいいのかを理解

USA

米国株投資では、世界最大の経済大国「アメリカ」の企業に投資します。

「米国株」への投資がいいのは、世界で活躍する企業にはアメリカ企業が多く、長期的な成長も期待できるためです。

米国株に投資するメリットは次の通りです。

米国株に投資するメリット

  • 市場が長期的に成長
  • 連続増配企業が多数
  • 配当利回りが高い
  • 配当が年4回貰える
  • 1株単位で投資可能

特に「配当」で、米国企業は日本企業と大きく異なります。
米国企業は配当を出すことに積極的で、連続増配企業が多いので、長期的に資産を増やしてくれるため、長期投資に向いてます。

一方、デメリットもあります。米国株のデメリットは次の通りです。

米国株投資のデメリット

  • 円⇄ドルの両替が必要(為替手数料がかかる)
  • 売買手数料が日本株よりも若干高い
  • 配当金に二重課税される

特に米国株は、手数料が日本株よりの少し高いことが、よくデメリットだと言われます。手数料については【手数料負けしない】米国株で手数料を抑える投資方法を徹底解説でまとめているので、参考に。

ツッキー
ツッキー
実際は、上手に制度や証券会社を利用することでかなり安くすることができますよ

また上記デメリットを補って、なおあまりあるリターンを、これまで出してますし、これからもそうです。なので、「米国株にデメリットがあるから日本株へ・・」てことにはなりません。

ちなみに配当金の二重課税については、確定申告することで取り戻せるので、確実に確定申告すれば問題はありません。

投資環境準備

setting

投資を始める前は、下記を準備すればOKです。

  • スマホ
  • 銀行口座(ネット銀行がおすすめ)
  • 身分証明書

正直、上記は誰もが持っているものです。
つまり誰でもすぐに始められるということです。

証券口座の開設

usstock-study

米国株投資の王道の証券会社は下記です。

ツッキー
ツッキー
詳しい比較は下記記事でしています。参考に。

【基本のキ】米国株投資でおすすめの証券会社3社【徹底比較】

この記事は、これから米国株投資を始めたくて、証券会社を探している人向けです。米国株投資は長期で行うものなので、最初の証券口座選びは非常に大切です。途中で証券会社を変更しようと思うと、余計な手間・手数料がかかって、損してしまいますし。。証券口座選びで失敗したくないあなたに。

» この記事を読む

上記の証券会社3社がいい理由は次の通りです。

  • オンラインで手続きがほぼ完了
  • コスト(手数料)が最安値水準
  • 見やすい、使いやすい
  • 銘柄数も多い

実際、多くの人に選ばれて、口座開設数が近年すごい勢いで増えています。

僕は積立投資をクレカで決済でき、スマホアプリも使いやすい「楽天証券」を使用しています。が、使いやすさや見やすさは個人差があるので、実際に使ってみて、選ぶようにしましょう。

実際に個別株&投資信託を購入

つぎにここまでの準備ができたら、あとは株を購入するのみです。

米国株投資では、投資家に支持される「超優良銘柄」へ分散投資、もしくインデックスに連動する「投資信託やETF」への投資が、第一歩としておすすめです。

具体的には下記のような超優良企業、投資信託・ETFがいいです。

おすすめの超優良銘柄

cocacola
  • アップル(AAPL)
  • マイクロソフト(MSFT)
  • ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)
  • コカ・コーラ(KO)
  • プロクター&ギャンブル(PG)
  • ビザ(V)
ツッキー
ツッキー
上記の企業であればだれにも文句は言われません。

また投資は、1つの銘柄・セクターに集中投資するのではなく、いくつかの優良銘柄に分散投資します。最初は5~6社で十分です。

まずは自分が使っている身近な商品を作っている会社に投資してみましょう。

ちなみに僕がいちばん初めに投資した株は、みんな大好き「コカ・コーラ(KO)」でした。笑

大きく儲けたいからIPO銘柄←これはNGです。

dangerous-1

間違っても「儲けてやるぜ」と、IPO銘柄などに手を出さないようにしましょう。

理由は、最初は企業選びが上手くないからです。IPO銘柄だと短期間で2倍、3倍・・と大きく資産を増やせる可能性があることは事実ですが、同時に失うリスクもかなりあります。

まずは、超優良銘柄への投資を続けていきましょう。

おすすめの投資信託・ETF

shutterstock_ETF
  • eMAXISSlim米国株式(S&P500)
  • eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
  • (VOO)バンガード・S&P 500 ETF:米国の大企業への投資
  • (VT)バンガード・トータル・ワールド・ストックETF:全世界への分散投資
  • (VTI)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF:米国全体への投資

多少のリターンの差はあると思いますが、上記の投資信託やETFであれば、世界の経済成長に乗って、あなたの資産を増やすことが可能です。

購入手順・実際の操作

楽天証券の場合は、購入手順・実際の操作は、下記の証券会社の公式ページで解説しているので参考に。

ツッキー
ツッキー
初めてのときは、僕もこれを見ながら米国株を買いました。

またSBI証券やマネックス証券でも同様に操作手順を説明していますので、「SBI証券 買い方」などでググってみましょう。

米国株の売買で手数料負けしないために。

また賢く米国株投資をするためには、手数料をなるべく抑えて、手数料負けしないようにするのが必須です。

手数料負けしないために意識することは下記です。

  • 取引回数を減らす→長期投資スタイル
  • 一度に4445ドル以上まとめて取引する
  • NISAを活用

詳しくは下記の記事で伝えているので、サクッと目を通しましょう。

【手数料負けしない】米国株で手数料を抑える投資方法を徹底解説

本記事は、米国株投資でかかる手数料①取引手数料、②為替手数料をできる限り抑えたい人向けです。手数料を抑えることで、手数料負けを防ぐことができます。本記事の内容を理解して、実践することで、賢くコストを抑えて、すてきな米国株投資ライフを過ごしていきましょう。

» この記事を読む

「たかだか1%以下の手数料でしょ?」と正直思いますが、長期でみると、その差が数百万の差になります。

例)月5万円の積立投資を30年続けた場合
手数料を気にして年利5%だと4100万円、手数料を気にせず年利4%になると3400万円。
その差は700万円

たかだか1%程度の差かもしれませんが、30年後には700万円の差になっているということです。
自分で金融庁のシミュレーションサイトで実際に計算することもできるので、試しにやってみましょう。

どうしても手数料をかけたくない・・

また「どうしても手数料をかけたくない」という人のために、下記の記事でちょっとした裏ワザを伝えています。実践すれば、かなり手数料を抑えられます。参考に。

【裏ワザ】米国株投資で取引手数料を無料にする2つの方法

本記事は、米国株投資の取引手数料をもっと下げたい、あわよくば無料にしたい人向けです。長期投資でリターンを上げるために、手数料を下げることも重要です。この記事を読むことで、「取引手数料は避けられないなぁ」と思っていた方も、グッとコストを抑えられる「裏ワザ」を知ることができます。

» この記事を読む

米国株投資を知るのに有益な投資本

また米国株投資のことを知るためにに、市販されている投資本を買ってみるのもおすすめ。体系的にまとめてくれているので、頭のなかがスッキリ整理できます。

僕が読んだ米国株関連の投資本から、「これから米国株投資を始める人に有益な入門書」を、下記にいくつか紹介します。

どれも堅苦しくない投資本ではないため、初心者でも、読みやすいと思います。

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円

図解でよくわかる たぱぞう式米国株投資 ~目指せ! 資産1億円!

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

読みすぎ注意

ただ正直「僕はたくさん投資本を読みすぎた感」があるので、これから始める人は、まず1冊~2冊を読んで、全体像が見えたらOKだと思います。

最初に頑張りすぎなくても、投資をしていく中で、徐々に知識は増えていくので。

さいごに

本記事では、「これから米国株投資を始めたいひと」向けに、米国株投資の始め方を徹底解説しました。

以下の流れで米国株投資をスタートすることが可能です。

完全投資初心者の米国株投資の始め方

  • ①目標設定
  • ②どうして「米国株」への投資がいいのかを理解する。
  • ③投資環境準備
  • ④証券口座の開設
  • ⑤実際に個別株&投資信託を購入

ということで以上です。

100名が本記事の情報を得ても、米国株投資を始める人は実際はかなり少ないと思います。ただ、何もしなければ、現在&将来の生活が変わることはありません。少しでも「将来の不安をなくしたいなぁ」、「経済的に自由になりたいなぁ」と思っている方は、本記事の流れに沿って、ぜひ米国株投資にチャレンジしてみて下さい。

「あれ?意外とやってみたら、カンタン。どうして、もっと早くにやってなかったんだろう。。」となると思います。

コメント、質問がある場合はツイッターでメッセージを頂くか、問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】

人気記事②Manablog Copyにテーマ切替を決意できた理由【購入手順付き】