TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

【朗報】上司に1回教えられたことができなくても問題ない理由

THOUGHT

仕事で落ち込んでいる人「今日も先輩に1回教えてもらったことができなくて怒られた。先輩にも申し訳ない。とてもストレス。どうすればいいのかなぁ。」

このような悩みを抱えるあなたに向けて記事を書きます。

会社内で「一度しか教えないぞ」「1回で覚えろ!」と怒る上司や先輩がいるので、「1回教えてもらったことができない」と悩む社会人が多いです。

僕の妻も一時期同じ悩みを抱えていました。

ただはっきり言って「1回で覚えられなくても問題なし」です。

この記事では「1回で言われたことができなくても問題ない理由と対策」を伝えていきます。

それではよろしくお願いします。

この記事を読んでわかること

  • 1回で言われたことができなくても問題ない理由
  • 「1回で覚えろ!」という上司・先輩への対策

スポンサーリンク

1回教えてもらったことができなくても問題ない理由←そもそもムリゲー

一回で覚えることはムリゲー

問題がない理由はシンプルで、誰もできないからです。

そもそも「1回で覚えることはムリゲー」です。上司も1回で覚えることはできなかったはずです。

それなのに上司は自分ができなかったことを忘れて部下には「1回で覚えろ!」と言ってしまいます。

もし仮に1回で覚えられる人がいるとすれば、その人は全員東京大学やハーバード大学に行ってるはず。(東大にもそんな人いないと思いますが、、)

こう考えると「1回で覚える事なんてムリゲー」だと思えませんかね?

なので1回教えてもらったことができなくても問題なしです。

そもそも聞きやすい環境を作ることが重要

人はそもそも忘れる生き物。1回ですべて覚えるのは不可能です。

それなにに「1回で覚えろ!」と言われた人は「わかったふり」をしてわからなくても、そのままにします。そうすると重要な作業で大きなミスが・・なんて状況もありえます。

このような状況を防ぐためにも聞きやすい環境作りが本来は上司や先輩に必要です。

「1回で覚えろ!」という上司・先輩への対策

ただ「1回で言われたことができなくても問題ない」とわかっていても現実問題として、「一度しか教えないぞ」「1回で覚えろ!」と言う上司や先輩は存在します。

気にしないようにしててもどうしても気になってしまうものです。そこで次に「1回で覚えろ!」と言う上司や先輩がいる場合の対策を伝えます。

早速ですが考えうる対策は下記です。

  • メモを取る
  • 質問をメール・チャットでする
  • 動画に取る

それぞれ深堀りしていきます。

メモを取る

memo

常にノートとペンを持ち、仕事で教わったことを何度も聞くことのないようにメモをとりましょう。もしメモが追い付かないときは、「少し時間をください!」と勇気を持って言っていいです。

ここまでもうすでにやっているのであればもう少しです。

就業前の10分、家に帰ってからの10分で見直しましょう。見直すことで「あれ?このメモなんだっけ?」が防げます。

質問をメール・チャットでする

gmail

つぎに「質問をメール・チャットでする」です。

これは質問自体が文字として残るので、あとで見直しやすくなり効果的です。

仮に教えてもらったことを忘れても、質問したメールを探せば解決できます。

動画に取る

zoom

最近はZoomなどで教えてもらう機会も多いので、その場合はZoomの録画機能を使うと効果的です。

あとで見返すことができるので、聞き返す必要もありません。

「Zoomで教える習慣がもっと増えればいいなぁ」と個人的には思っています。

それでもストレスに感じることがあれば退職も視野に

「上記のような対策がそもそもできない」など解決の見込みがなく、あなた自身が過度のストレスを感じる場合は、勇気をもって退職を視野に入れましょう。

あなた自身を一番大切に考えましょう。

1回覚えようとする気持ちは大切

ただ1回で覚えられないことはわかっていても、「一回で覚えられないし、手を抜こうかなぁ」と考えるのは間違いです。

1回で必死に覚えようとするけど、できない後輩を見ると、先輩も「しょうがないな、また教えてやるか」となるので。

さらに1回ですべては覚えられなくても「ここまではできたんですけど、ここからわからなくて・・」という感じで質問すれば上司や先輩も悪い気はしないですし、、

まとめ

今回の記事では「上司に1回教えられたことができなくても問題ない理由」について伝えました。

1回教えてもらったことができなくても問題ない理由はシンプルで「誰もできないから」です。できなくて怒る上司はスルーして大丈夫です。

今回の記事が「1回教えてもらったことができない」と悩む社会人のためになれば嬉しいです。

またコメント、質問がある場合はツイッターでメッセージを頂くか、問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。