TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

米国株の勉強に最適なおすすめ本7選!学んだことを活かして稼ごう!

投資本 米国株

米国株に投資して資産を増やしたい人「米国株を勉強したいけど、おすすめの本はどれなのかな。たくさんあって、決めきれない。」

このような悩みに答えます。

本記事のテーマ

米国株の勉強に最適なおすすめ本7選

記事の信頼性

  • 記事を書いているツッキーは、米国株歴2年目の米国株ブロガー
  • 投資を始めてから投資関連本39冊を読む
  • 学生時代は投資完全未経験、社会人になり米国株の勉強をスタート

読者さんへのメッセージ

米国株の勉強方法でベストなのは「本」を読むことです。

米国株投資で有名な投資家(ウォーレンバフェットたち)の考え方や、すでに成功して資産を増やしている個人投資家の投資手法、経験が学べるからです。

ただ、米国株を含め、株式投資の本というと、かなりの量あるため、どの本を読めばいいのか、正直わかりませんよね。

自分が「読むべき本」「学ぶべき本」がどれなのか、わからない人も多いのではないでしょうか?

ツッキー
ツッキー
僕も全く同じでした。

僕はそこで、たくさんの本を読もう!と思ってしまい、これまで沢山の本を読み、回り道をしてしまいました。正直読む必要のない本もたくさんあった。

この記事では、上記の僕の経験を踏まえて、米国株の勉強に最適な本を伝えていきます。

それではよろしくお願いします。

この記事を読んでわかること

  • 米国株の勉強に最適なおすすめ本7選

スポンサーリンク

米国株の勉強に最適なおすすめ本7選

米国株の勉強に最適なおすすめ本7選!学んだことを活かして稼ごう!

米国株の勉強に最適なおすすめ本は、以下の7冊です。

  • ①マンガでわかる最強の株入門
  • ②お金が増える 米国株超楽ちん投資術
  • ③バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
  • ④MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法
  • ⑤バフェットの銘柄選択術
  • ⑥投資で一番大切な20の教え「ハワードマークス」
  • ⑦オニールの成長株投資法
  • (番外編)ETFはこの7本を買いなさい│世界No.1投信評価会社のトップが教えるおすすめ上場投資信託

それぞれもう少し詳しく紹介して行きますね。

①マンガでわかる最強の株入門

「マンガでわかる最強の株入門」は、株式投資全般のルールを理解できる本です。

僕が投資を始めたときに、1番初めに読んだ本です。この本を読んだ日に証券口座開設の申し込みをしました。

米国株だけでなく、「投資の大枠を理解する」という観点で書かれていて、マンガで説明してくれる部分も多く、非常にわかりやすく、読みやすい本です。

日本株含め、株式投資が初めての人に“最適”です。

ツッキー
ツッキー
マンガも入っているので、眠くなりにくいですし。笑

②お金が増える 米国株超楽ちん投資術

created by Rinker
¥1,540 (2021/10/24 05:53:19時点 楽天市場調べ-詳細)

人気ブロガー「たばぞう」さんの米国株投資入門書です。「お金が増える 米国株超楽ちん投資術」の特徴は次の通り

  • たぱぞうさんの投資の歴史を知れる
  • 米国株に投資すべき理由が書かれている
  • 節税制度、投資商品について学べる

結論としては、米国株投資のデビューには、「つみたてNISAを活用した長期投資」を推奨しています。

すでに米国株投資をしている人からすると、若干物足りないかもしれません。が、これから米国株を始めたい、勉強をスタートしたい、という人にベストな一冊ですよ。

③バカでもわかる米国株高配当投資

この本は、米国株ブロガ-兼Youtuberの「バフェット太郎」さんが書いた本です。僕が米国株を知ったきっかけになった本でもあります。
»プロフィールに書いているので、気になる方はこちらから。

中田敦彦のユーチューブチャンネルで紹介され、一気に人気となりました。

学生時代に、駅の本屋さんでこの本を見かけたときは「やけにトガッたタイトルの本があるな」と思い、買った本でした。読んでみると内容もわかりやすく、ワクワクしながら読めたことを覚えています。

ツッキー
ツッキー
米国株ブロガーとしても有名なので、文章も読みやすく、すらすら読めますよ。

投資戦略略としては、米国株の優良企業に長期で分散投資して、配当を再投資し続ける堅実なものなので、誰でもマネできるものです。

これから米国株を始めたい、勉強をスタートしたい、という人には間違いなく、ベストな一冊です。

④Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

こちらはTwitterやブログで有名な「広瀬隆雄さん(通称:じっちゃま)」の本です。

米国投資家が常識的に知っている事、やっているアプローチをまとめております。

じっちゃまならではの語り口で、ファンダメンタル分析、グロース及びバリュー投資、長期保有、投資戦略の立て方といった投資する前に知っておくべき基礎知識を分かりやすくかつユーモラスに教えてくれています。

僕は「良い会社とは、良い決算をする会社である」というじっちゃまの言葉を知り、決算結果をしっかり見るようになりました。

米国株投資について少し知った上で、もっと勉強したい人なら、全員におすすめできる本です。じっちゃまの投資に対する考え方も知ることができますよ。

以下、この本で紹介されている「Market Hack流投資術10カ条」です。

Market Hack流投資術10カ条

  • ①営業キャッシュフローのよい会社を買え
  • ②保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るな
  • ③業績・株価の動きが荒々しい銘柄と、おとなしい銘柄を上手く使い分けろ
  • ④分散投資を心がけろ
  • ⑤投資スタイルをきちんと使い分けろ
  • ⑥長期投資と短期投資のルールを守れ
  • ⑦マクロ経済がわかれば、投資家としての洗練度が格段に上がる
  • ⑧市場のセンチメントを軽視する奴は、儲けの効率が悪い
  • ⑨安全の糊代(のりしろ)をもて
  • ⑩謙虚であれ(投資の勉強に終わりはない)

⑤バフェットの銘柄選択術

伝説の投資家ウォーレンバフェットが、どのように投資銘柄を選んでいるのかを知ることができる本です。米国株投資家なら、確実に参考なる。

バフェットは企業を以下の2種類に分けており、コンシューマーモノポリー企業への投資を推奨しています。

  • コモデティ型企業
  • コンシューマーモノポリー企業

コンシューマーモノポリー企業とは提供する製品やサービスが独占的支配力を有しており、ファンダメンタルに優れた事業を有している企業です。

もう少し詳しく知りたい方は、以下の記事を参考に。(絶対に抑えたい部分について伝えています。)

読んだうえでもっと知りたいな、応用部分もしっかり理解したいという方は、実際に買ってじっくり読むことをおススメします。

⑥投資で一番大切な20の教え「ハワードマークス」

こちらは、文字通りハワードマークス氏が20の教えを授けてくれるものです。

この本はウォーレンバフェットが大絶賛し、バークシャー・ハザウェイの株主総会で配布したことで知られるほどの投資哲学の名著です。

「逆張りの思考法」「サイクルがあることを理解する」など、米国株投資家にとって、重要な思考をいくつも教えてくれる本なので、大いに参考になりました。

具体的な投資対象(銘柄やETF)については、書かれていないので、思考法を学びたい人向けの本です。

⑦オニールの成長株投資法

こちらは、オニールの実践した成長株投資の名著です。僕は紙ではなく、Kindleで持っている書籍ですが、いつか紙の本買いたいなぁ、と思うほどの本です。

この「オニールの成長株投資法」の書籍の帯にある「CAN-SLIM」という投資手法は、7つの条件に当てはまるかどうかを判断して投資する手法です。

「CAN SLIM」とは (出典:MarketHack)

  • C = Current earnings(当期利益が良いか?)
  • A = Annual earnings(通年の利益が良いか?)
  • N = New product or service(新製品・新サービスを出しているか?)
  • S = Supply and demand(その銘柄の需給関係が良いか?)
  • L = Leader or laggard?(その銘柄が相場の先導役か?それとも出遅れか?)
  • I = Institutional sponsorship(機関投資家に好まれているか?)
  • M = Market(一歩さがって相場全体の地合いは良いか?)

成長株(グロース株)の投資方法が学べるので、実際に自分で投資実行する際の参考にしています。具体的な米国株の買い時、売り時も学ぶことができますよ

(番外編) ETFはこの7本を買いなさい│世界No.1投信評価会社のトップが教えるおすすめ上場投資信託

番外編になりますが、具体的な投資すべきETFを知りたい人向けに、こちらの本を紹介します。

モーニングスター株式会社 代表取締役社長“朝倉智也さん”が「ETFはこの7本から買いなさい」とはっきり投資先を示し、その理由をわかりやすく解説しています。

ツッキー
ツッキー
投資先に悩む人に最適。

耳でインプットがおすすめ「忙しいけど勉強したい、あなた向け」

耳でインプットがおすすめ「忙しいけど勉強したい、あなた向け」
「本を読みたいけど、読む時間がない。。」こんな悩みをもしかしたら抱えていませんか?

今回紹介した米国株の本を読みたくても、家でじっくり椅子に座りながら、読める時間は限られるのが現実ですよね。

そんなあなたには、耳で聞いて、インプットするのがおすすめです。

毎朝電車通勤している方の場合、往復1~2時間はあると思うので、この時間を耳からの読書に活用できます。

ツッキー
ツッキー
僕もそうでしたが、座れないときは寝ることもできず、やることがなかったので、退屈ですよね。。

この時間を耳で本の内容をインプットする時間にしませんか?

しかも、Amazonのオーディオブックサービス「Audible」なら、プロのナレーターが朗読した本を聴くことができますし、最初の一ヶ月は無料です。

追記:9月26日: 2021年10月11日までのキャンペーンで2カ月間無料です。僕は1冊だけだったので、率直に、うらやましいです。笑

ちなみに、一度ダウンロードしたコンテンツはあなたのアカウントに残るので、急いで聞く必要もありません。時間のあるときにコツコツ聞けばオッケーですし、何度でも聞くことができますよ。

この機会にAmazonからのコンテンツギフトをもらって、スキマ時間を有効活用していきましょう。
»Audibleの無料体験はこちらから【Amazon公式HP】

米国株は勉強した分だけ絶対に稼げるわけではない【学んだことを発信しよう】

anxiety-1

さいごに厳しい現実ですが、米国株は勉強すればするほど稼げるわけではありません。これをまず認識してほしいです。

もし米国株の勉強をたくさんする→お金持ちになれるだとしたら、世の中にはお金持ちの人で溢れかえるはずですよね。

こうはならないのは、投資には正解というものがなく、運の要素も少なからずあるからです。

そのため、必ずしも、勉強量に比例して、資産が増えないことは、理解しないといけません。それでも「勉強した分だけ、リターンが欲しい」のが人間ですよね。。。

勉強した分だけ稼ぎたい人は、学んだことを発信しよう。

それでも「勉強した分だけ稼ぎたい」と思う人は、学んだことを「米国株ブログ」で発信するのがおすすめです。

「米国株ブログ」なら、あなたの学んだことを活かして、他の米国株投資家のためになれるし、あわよくば、少し稼げるようにもなるからです。僕も米国株ブログで稼ぎ始めている一人の投資家です。

もっと詳しく米国株ブログのことを知りたい人は以下の記事も併せて読んで見て下さい。

参考記事資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】

まとめ

まとめ:米国株の勉強に最適なおすすめ本7選

今回の記事では、米国株の勉強に最適なおすすめ本7冊(+1冊)を紹介しました。以下でもう一度、おさらいします。

  • ①マンガでわかる最強の株入門
  • ②お金が増える 米国株超楽ちん投資術
  • ③バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
  • ④MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法
  • ⑤バフェットの銘柄選択術
  • ⑥投資で一番大切な20の教え「ハワードマークス」
  • ⑦オニールの成長株投資法
  • (番外編)ETFはこの7本を買いなさい│世界No.1投信評価会社のトップが教えるおすすめ上場投資信託

どの本も、僕が実際に読んだ上で、“米国株投資をスタートしたい人、勉強を始めたい人におすすめできる本だけです。

今回紹介した本のなかに、あなたの米国株投資の指針となる本があると嬉しいです。

また「読みたいけど、読む時間がない。。」という人は、耳でのインプットもおすすめです。

Amazonのオーディオブックサービス「Audible」なら、プロのナレーターが朗読した本を聴くことができますし、最初の一ヶ月は無料です。使い心地を試してみて下さい。
»Audibleの無料体験はこちらから【Amazon公式HP】

ということで、今回の内容は以上です。

コメント、質問がある場合は、ツイッターからメッセージか問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】