TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

【AIQ,FINX,GNOM】楽天証券で新規追加されたテーマ型ETF【買い付け手数料無料】

ETF

楽天証券ユーザー「新しく楽天証券で買い付け手数料が無料になったテーマ型ETF(AIQ、FINX、GNOM)について知りたいなぁ」

このようなあなたの悩みに答えます。

楽天証券では米国ETFや個別株を購入すると、一取引あたり0.495%の買い付け手数料がかかります。

ただ一部ETFでは買い付け手数料無料のものがあります。

買い付け手数料無料のETFの一覧はこちらの公式サイトから見ることが可能です。

ツッキー
ツッキー
現在、9種類のETFが買い付け無料です。

このリストが2020年に新しくなり、Global X社が運用する下記の3つのテーマ型ETFが新しく追加になりました。

  • AIQ(グローバルX AIビッグデータ ETF)
  • FINX(グローバルX フィンテックETF)
  • GNOM(グローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF)

この記事では新しく追加された三つのテーマ型ETF(AIQ、FINX、GNOM)について調べたいと思います。

それではよろしくお願いします。

この記事を読むことでわかること

  • 三つのテーマ型ETF(AIQ、FINX、GNOM)について

以下が本日の内容です。

スポンサーリンク

AIQ(グローバルX AIビッグデータ ETF)

  • 経費率:0.68%
  • 投資テーマ:
    人工知能(AI)テクノロジーのさらなる開発と、その利益拡大から得る可能性がある企業へ投資を行う
  • 米国企業の割合:65%(2021/4/30 時点)

業種比率

業種 比率/%
Information Technology 60.8
Communication Services 20.4
Consumer Discretionary 10.1
Industrials 6.5
Financials 1.6
Health Care 0.6
(2021年4月30日時点)

構成銘柄(TOP10)

企業名 ティッカーシンボル 比率/%
ORACLE CORP ORCL 3.93
ALPHABET INC-CL A GOOGL 3.73
CISCO SYSTEMS INC CSCO 3.53
FACEBOOK INC-CLASS A FB 3.53
SIEMENS AG-REG SIE GR 3.35
ACCENTURE PLC-CL A ACN 3.34
MICROSOFT CORP MSFT 3.31
NVIDIA CORP NVDA 3.30
ADOBE INC ADBE 3.14
SHOPIFY INC – CLASS A SHOP 3.10
(2021年5月21日時点)

FINX(グローバルX フィンテックETF)

FINX
  • 経費率:0.68%
  • 投資テーマ:
    金融サービスの転換をもたらすイノベーションを引き起こす金融技術の最先端にある企業へ投資を行う
  • 米国企業の割合:55%(2021/4/30 時点)

業種比率

業種 比率/%
Information Technology 83.0
Financials 8.9
Industrials 4.4
Communication Services 3.8
(2021年4月30日時点)

構成比率(TOP10)

企業名 ティッカーシンボル 比率/%
SQUARE INC – A SQ 7.90
ADYEN NV ADYEN NA 6.39
INTUIT INC INTU 6.06
PAYPAL HOLDINGS INC PYPL 6.06
AFTERPAY LTD APT AU 5.56
XERO LTD XRO AU 4.98
STONECO LTD-A STNE 4.77
BILL.COM HOLDINGS INC BILL 4.77
FISERV INC FISV 4.64
FIDELITY NATIONA FIS 4.45
(2021年5月21日時点)

GNOM(グローバルX ゲノム&バイオテクノロジーETF)

パイプライン
  • 経費率:0.50%
  • 投資テーマ:
    ゲノム編集、ゲノム医療治療、バイオテクノロジー等、ゲノム科学の分野でさらなる進歩の知恵を受ける企業に投資を行う
  • 米国企業の割合:85%(2021/4/30 時点)

まとめ

この記事では楽天証券で買い付け手数料が無料になった三つのETF(AIQ、FINX、GNOM)について調べました。

リターンが欲しいけど、リスクもできるだけ小さくしたい人にとって、テーマ型ETFへの投資は魅力的です。

ツッキー
ツッキー
ただ、くれぐれもリスクの取りすぎには気をつけましょうね。

今回の記事が投資の参考になれば嬉しいです。

この記事で紹介した三つのETF(AIQ、FINX、GNOM)以外の米国ETF・個別株や米国経済の情報を日本語で得たい方は、モトリーフールのメルマガへの登録がおススメです。

»モトリーフールの無料メルマガ登録はこちら

コメント、質問がある場合はツイッターからメッセージをいただくか問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】

人気記事②Manablog Copyにテーマ切替を決意できた理由【購入手順付き】