TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

ラッコキーワードの使い方から検索ボリュームの調査方法まで徹底解説【画像18枚】

Blog-start

駆け出しブロガー「マナブさんのおすすめするキーワード選定ツールの〝ラッコキーワード〟の使い方を教えて欲しい。」

このような悩みに答えます。

ラッコキーワードとは無料のキーワード調査ツールのことです。以前は関連キーワード取得ツールという名前だったみたい。

ラッコキーワードはプロブロガーの〝マナブさん〟も使っているほど、ブロガーの定番のツールです。

ラッコキーワードはマナブさんもおススメするキーワード調査ツール

この記事では、このラッコキーワードの使い方、そしてラッコキーワードで調べたキーワードの検索量の調べ方も解説していきます。

それではよろしくお願いします。

この記事を読んでわかること

  • ラッコキーワードの使い方
  • ラッコキーワードで調べたキーワードの検索ボリュームを調べる方法

スポンサーリンク

ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワードの使い方

それでは、ラッコキーワードの使い方を確認していきましょう。

とはいっても、検索窓に検索したいキーワードを打ち込むだけなので、とっても簡単。

検索するところに、【キーワードを入力→ 】をクリックします。

ラッコキーワードでキーワードの検索をする画面

すると、入力したキーワードと一緒に検索されるキーワードが一覧で表示されます。

ラッコキーワードの検索後の画面

このキーワードのうち、サジェストキーワードが検索ボリュームがある程度あるものです。

詳細な検索量は、あとで解説するキーワードプランナーで調べないとわからないですが、このあたりのキーワードで検索上位を取れると、かなり検索から読者が入ってきますよ。(以下で囲った部分がサジェストキーワード)

ラッコキーワードのサジェストキーワード

各キーワードの横にある をクリックすると、Googleでの検索画面も表示することができます。

ラッコキーワードでキーワード検索後のところから、Google検索の画面を見に行く

「米国株 配当」の検索結果になりました。

Google検索の検索結果

ここまででラッコキーワードの基本的な使い方は以上です。

ツッキー
ツッキー
どうでしたかね?おそらく「簡単に使えるキーワード選定ツールだな」と思いませんでしたか?

ラッコキーワードのその他の便利機能2つ

ラッコキーワードのその他の便利機能2つ

ラッコキーワードの基本的な使い方は、すでに述べたとおりです。

次にキーワード選定以外の僕がよく使う2つの便利な機能を解説します。

  • 下階層のキーワードの検索
  • 見出し(hタグ)抽出

下階層のキーワードの検索

狙いたいキーワード(例:米国株 配当)のより細かいキーワード選定をしたい場合に使用します。

キーワードの下階層のキーワードを調べる

クリックすると、以下のように「米国株 配当」でより下の階層のキーワードまで表示してくれます。

下階層のキーワードの検索の結果

見出し(hタグ)抽出

つぎに見出し(hタグ)抽出を解説します。

この機能は狙いたいキーワードの検索上位の記事が、どんな内容の記事を書いているのかを調べるときに使用します。

ツッキー
ツッキー
いわゆる競合分析というやつですね。

やり方もすごく簡単ですよ。キーワードを検索語の画面の左にある「見出し抽出」をクリックするだけです。

ラッコキーワードの見出し抽出の場所

クリックして、少し待つと、そのキーワードの検索上位20記事の見出しを見ることができます。

見出し抽出後の画面

もっと詳しく〝見出し抽出機能〟のことを知りたい人は、「【新機能】ラッコキーワードの見出し抽出はどんな機能?」をご覧ください。

ラッコキーワードで調べたキーワードの検索ボリュームを調べる3STEP

ラッコキーワードで調べたキーワードの検索ボリュームを調べる3STEP

つぎにラッコキーワードと〝キーワードプランナー〟を使って、検索ボリュームを調べる方法を解説します。

検索ボリュームとは:1か月間にそのキーワードが検索されている量のこと

ツッキー
ツッキー
検索ボリュームを意識して、記事を書くことで、より効率的に記事を書くことができるようになりますよ。

ラッコキーワードとキーワードプランナーを使って、検索ボリュームを調べる方法は次の3STEPです。

  • STEP①:ラッコキーワードでキーワードをコピー
  • STEP②:キーワードプランナーにペースト
  • STEP③:月間平均検索ボリュームを見る

STEP①:ラッコキーワードでキーワードをコピー

それでは早速ですが、実際に検索ボリュームを調べていきましょう。

まず、ラッコキーワードの右上の「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックし、キーワードのコピーを行います。右下に「コピー完了」と出てきたら、コピーOKです。

ラッコキーワードでゲットしたキーワードをコピー

STEP②:キーワードプランナーにペースト

キーワードプランナーに行き、右上の①ツールと設定→②キーワードプランナー→③検索ボリュームと予測のデータを確認する、の順でクリックします。

①ツールと設定→②キーワードプランナー

(検索ボリュームと予測のデータを確認するを選択する画面)

検索ボリュームと予測のデータを確認するを選択する画面

ここで先ほどコピーしたキーワードをキーワードプランナーに貼り付け、「開始する」をクリックします。

コピーしたキーワードをキーワードプランナーに貼り付け

STEP③:月間平均検索ボリュームを見る

そうすると、以下のように過去のデータが出ます。ここの「月間平均検索ボリューム」というのが、過去一年で月平均で何回検索されたキーワードなのかを示すところになります。

キーワードプランナー-月間平均検索ボリューム

ここまでで、キーワードプランナーを使った検索ボリュームの調べ方は以上です。

CSVファイル(エクセル形式)で落とせるので、データの整理も楽

右上のから、CSVファイル(エクセル形式)でデータを落とせるので、データの整理も非常に楽です。

右上の調査結果をダウンロードするところの画面

ダウンロードしたエクセルは以下になります。ここにいろいろ書き込みながら、キーワード分析することができますよ。

ダウンロードしたエクセル内の情報

【注意点】ラッコキーワードのキーボード検索には使用制限がある

1点だけ注意点なのですが、ラッコキーワードには注意点があります。

ゲスト(ログインしていない状態)での利用だと、1日5回までしか検索ができないことです。

ただこれは会員登録をすることで解決することができます。タダで使えるツールなので、登録しておいてもリスクはありません。

ラッコキーワードの登録手順

ラッコキーワードの右上の新規登録に飛びます。

ラッコキーワードの会員登録画面

そこであなたのメールアドレスを入力し、「ラッコID利用規約に同意する」にチェックを入れ、「登録」クリックしましょう。

すると、あなたのメールアドレスに認証用のメールが届くので、そこから認証を行えば、オッケーです。

ツッキー
ツッキー
あなたは無制限でラッコキーワードを使えるようになりますよ。

さいごに:キーワード調査はSEO対策では必須

ラッコキーワード×キーワードプランナーのキーワード調査はSEO対策では必須

今回の記事では、ラッコキーワードの使い方、そしてキーワードプランナーを使った検索ボリュームの調査方法まで解説しました。

①ラッコキーワードでキーワード選定
↓
②キーワードプランナーで検索ボリュームの調査

上記の①→②の流れは、ブログの上級者~初心者まで、関係なくやっている作業です。

「検索で表示される記事を書きたい!」とあなたが思うのであれば、上記流れでキーワード調査を行うことは必須です。いち早く取り掛りましょう。

またラッコキーワードでは競合調査で使用できる機能「見出し抽出」もあります。
参考記事【新機能】ラッコキーワードの見出し抽出はどんな機能?

記事作成に活かして、読者の悩みを解決する良質な記事を積み上げていきましょうね。

ということで今回は以上。

ツッキー
ツッキー

このページを閉じたら、さっそくラッコキーワードで実際にキーワード調査をしてみましょう。

おまけ:マナブさんがラッコキーワードをおすすめしたYoutube動画

»ラッコキーワードを試しに使ってみたい人はこちらからどうぞ。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】