TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

【電子書籍】紙のマンガが大好きなのにKindleに移行した感想【メリット・デメリット】

LIFE

家が本・マンガでいっぱいの人「家が本であふれかえってきた、電子書籍への移行をした方がいいと思うけど、やっぱり紙の本がいいなあと思ってしまう。どうすべきなのかなぁ。。」

このような悩みに答えます。

約1年前、僕は学生→社会人での引っ越すタイミングで実家にあったマンガ・書籍をほぼすべて電子書籍(Kindle)に移行しました。

ずっと紙のマンガを見ながら愛でてきましたが、1人暮らしの家はそんなに広くなかったので、なくなく電子書籍へ移行しました。

そんな僕が電子書籍(Kindle)への移行についての感想【メリット・デメリット】を伝えていきます。

それではよろしくお願いします。

この記事を読んでわかること

  • 電子書籍のメリット・デメリット
  • 電子書籍と紙の書籍・マンガの使い分けについて
  • 電子書籍への移行方法【主に2つ】
  • そもそも電子書籍はなにで見るの?というあなたに

スポンサーリンク

電子書籍のメリット・デメリット

まず下記にカンタンに僕の感じる電子書籍のメリット・デメリットを伝えます。

メリット

  • 保管場所が必要ない
  • いつでも読める、どこへでも持ち運びOK
  • 安く買える

デメリット

  • 所有欲が満たされない・買った気がしない
  • いらなくなっても売れない
  • 中古がない
  • 目が疲れる
  • 電子書籍に対応していない本がある
  • コピー禁止(閲覧権を買っているだけ)

上記のメリット・デメリットについて深堀りしていきます。

保管場所が必要ない←圧倒的なメリット

これが最も大きいメリットです。

学生→社会人になるときに引越がありました。その引越の準備をした際にマンガだけのダンボールが6個にもなり「これどうしよう・・・」と思い、電子書籍への移行を決めました。

ツッキー
ツッキー
今後また引越しますし、身軽になりたいとから、電子書籍へ移行するぜ!

こんな感じですね。

電子書籍への移行により、大きな本棚を置く必要もなくなり、本棚の場所を悩む必要もなくなりました。

【盲点】本は持っているだけで維持費がかかるという視点

kindle

本は持っているだけで維持費がかかるという視点は盲点になりがちです。

本をたくさん持っている人は、それだけ広い家に住む必要があります。これは本のために家賃を払っているということです。

本のために家賃を多めに支払っているという認識を持つと、電子化することもメリットもより大きく感じるかと思います。

いつでも読める、どこへでも持ち運びOK

次のメリットは「いつでも読める、どこへでも持ち運びOK」です。

電子のマンガ・書籍の場合はネット環境さえあれば、どこでも&いつでも読めます。むしろネット環境がなくても事前にダウンロードしたものであれば読むこともできます。

紙の場合は持ち運べてもせいぜい1~2冊程度なので、「あの本がいま読みたいのに、、」という時もあるかと思いますが、電子書籍ならその心配なしです。

安く買える

Amazonでの購入画面

上記のように紙が484円、Kindle版460円と少し、電子書籍の方が安く買えます。地味な差ですが、チリツモだと思ってます。

またAmazonではKindle本で定期的なキャンペーンをやっています。この記事を書いているときはちょうど「30%ポイント還元キャンペーン」を実施してました。

他にも下記のキャンペーンが実施されているのを見たことがあります。

  • 特定期間内の購入で○○%OFF
  • 10,000以上で○○%OFF

欲しい本があったらメモしといて、お得なキャンペーン期間中に買うのもありかと思います。

また普段は紙の本を読むひとでも、お得なキャンペーンの時のみ電子書籍を利用する、なんてこともありですね。

以上が電子書籍に移行して感じたメリットです。次からはデメリットを伝えていこうかと思います。

所有欲が満たされない・買った気がしない←最大のデメリット

沢山のコミック

紙でマンガや本を持っていた時は本棚に並べて、「見ているだけでも気持ちが良かったのになぁ」と思ってしまうときもあります。

やっぱり紙が恋しくなることも・・

電子書籍を読んでいると、本をパラパラとめくっていたころが懐かしく思えます。「たまには紙の本も読みたいなぁ」とか思うこともあります。やはり本が並んでいるのを見ながら愛でるのもいいもんですからね。。

電子書籍は圧倒的なメリット【場所を取らない】があるので、やめるきはありませんし、所有欲もそんなにはありませんが、たまに懐かしくなります・・

中古がない、いらなくなっても売れない

電子書籍での金銭的なデメリットは、①中古がないこと、②いらなくなって売れないことだと思います。紙でマンガや本を読んでいた時は、「もう読まないな」と思ったものは売って、次購入するときの足しにしてました。

僕が売った中で一番の高値で売れたのは、ヒロアカでした。

多少安く買えるメリットとトレードオフですね。。。マンガを売る人は電子書籍ではなく、紙のマンガの方がいいと思います。

コピー禁止(電子書籍は本の閲覧権を買っているだけ)

電子書籍のデータはコピーは禁止されています。

ツッキー
ツッキー
そもそもKindleなどではコピーができません。

これには理由があり、電子書籍の場合、正確には閲覧権を買っているだけなので、書籍を所有しているわけではないからです。

さっき所有欲が満たされないことをデメリットとして挙げましたが、実際本当に所有してないというわけです。

電子書籍と紙書籍の使い分けするのもあり【実践中】

紙と電子の書籍

僕は自宅がせまいので、紙のマンガは買いませんが、ビジネス系の書籍などは紙で購入したものもあります。

下記記事で紹介するようなビジネス本や参考書などの「考える系」の本はなんか紙の方が頭に入ってくる感じがするので今でも紙で買ってます。

ただマンガはどうしても冊数も増えてしまうので、電子書籍からは抜け出せないです。
マンガで広いスペースを取っていると妻にも申し訳ないので、「やっぱり電子書籍かな」と思います。

電子書籍への移行方法【主に2つ】

下記に電子書籍への2つの移行方法を記載します。

  • ①今ある紙の本をすべて売ってAmazonでKindle本を買いなおす。
  • ②今ある紙の本をPDF化して、自分でAmazonの本棚に入れる。

①今ある紙の本をすべて売ってAmazonでKindle本を買いなおす。

これが一番スタンダード・カンタンな方法だと思います。Amazonだと下記のkindle本をポチるだけでスマホや専用端末(kindle)で見れます。

Amazonでの購入画面-2

ただ買いなおすとなると、それなりにお金がかかります。今ある本を売っても大したお金にならない可能性もありますし…。

そういう人は多少手間もありますが、次に伝える方法の検討してもいいと思います。

②今ある紙の本をPDF化して、自分でAmazonの本棚に入れる。

これはデータ化した本を自分でAmazon内の本棚に送る方法です。本棚と言ってもクラウド上に保存するのみなので、メールで送れます。

書籍のPDF化は通称「自炊」と呼ばれます。

自炊方法は下記の2種類です。

  • 自分で自炊
  • 業者に自炊を依頼する

自分で自炊する場合は、書籍を裁断して、スキャンする必要があります。なので、自宅にスキャナと裁断機を買う必要があります。

スキャナー:富士通 ScanSnap iX1600

僕は「高いなぁ」と思ったので、業者に自炊を依頼しました。

ツッキー
ツッキー
僕は自分で裁断→スキャンはしたことありません。見るからに大変そうなので。笑

業者を利用する場合は、自分で機材をそろえる必要もないのでお金を掛けずに済みます。僕が以前に使った「スキャンピー」さんは1冊100~200円で電子化してくれました。

不安だなと思う人は、まず10冊くらいやって、流れを掴んでから、ガツッと電子化したほうが安心かなと思います。僕は3回に分けて電子化しました。(←心配性)

そもそも電子書籍はなにで見るの?というあなたに

さいごにAmazonに保存されている電子書籍はなにで見ればいいの?という疑問に答えます。僕は下記を使用しています。

  • スマホ(iPhone)
  • Kindle Paperwhite


個人的にはKindle Paperwhiteを使っていますが、目が疲れないので気に入ってます。

まずはあなたのスマホにKindleアプリを入れて(無料)、実際にマンガや本を読んで見て、「画面が小さいなぁ」と思ったら、Kindleなどの専用端末を使用することを検討してみるのでOKです。

スマホへのKindleアプリのダウンロードはこちらから


まとめ

この記事では紙のマンガが大好きなのにKindleに移行して感じたメリット・デメリットを伝えました。

メリット

  • 保管場所が必要ない
  • いつでも読める、どこへでも持ち運びOK
  • 安く買える

デメリット

  • 所有欲が満たされない・買った気がしない
  • いらなくなっても売れない
  • 中古がない
  • 目が疲れる
  • 電子書籍に対応していない本がある
  • コピー禁止(閲覧権を買っているだけ)

場所を取らないで、どこにでも持ち運べる電子書籍のメリットは大きいので、今後も使い続けると思います。

ツッキー
ツッキー
デメリットよりメリットが大きければOK!

僕は電子書籍に興味はあるけど、まだ手を出せていない人はいきなりすべてを電子化するのではなく、一部やってみて、自分に合うか合わないかを判断してもいいと思う…、いやむしろそうすべきと思います。

「意外と電子書籍合うかも」と思ってから完全に移行した方が後悔がないです。

今回の記事が電子書籍に興味があるあなたの参考になれば嬉しいです。

またコメント、質問がある場合はツイッターからメッセージか問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】