TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

【投資を始められるのは何歳から?】学生には少額積立投資がおすすめ

投資知識

投資を始めたい高校生・大学生「投資を始めたいと思ってるけど、投資が始められる年齢は何歳から?」

このようなあなたの悩みに答えます。

一般的に投資を考え始めるようになる平均年齢は、30代以上と言われています。

ツッキー
ツッキー
学生で投資を考えるだけでも、わたしはすごいと思うよ。

ただ投資を考えても年齢的に投資できるのかな?と思う人も多いと思います。

そこで本記事では、何歳から投資は始めることができるかについて調べ、まとめていきたいと思います。

それではよろしくお願いします。

この記事を読んでわかること

  • 投資を始めることができるのは何歳からか

以下がこの記事の内容です。

スポンサーリンク

投資を始めることができる年齢とは

基本的に何歳でもOK
(※未成年は未成年口座を使用します。)

未成年でも親の同意があれば、未成年口座を開設することで投資が可能になります。

ツッキー
ツッキー
未成年の学生でも諦めないで!

また大学生でも20歳を超えていれば、自分で証券口座を開設して、個別株や投資信託を購入することができるようになります。

口座を開設するときに必要なものは下の4点です。

  • マイナンバー確認書類
  • 本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証、パスポート等)
  • 印鑑
  • 銀行口座

また20歳以上であれば「NISA」もしくは「つみたてNISA」の開設が可能になので、口座開設時に同時に作っておくと、あとで開設する手間がないですよ。

以下の記事はつみたてNISAで積立投資を始める前に知ってほしいことについて解説を行っています。興味のある方は参考にしてみて下さい。

未成年口座を使用するときの注意点

未成年口座を開設する場合、15歳以上かどうかで少し注意することがあります。

15歳未満の場合:
親権者又は未成年後見人が取引主体者として取引及び口座の管理を行うこと

ツッキー
ツッキー
カンタンいえば、(親が管理してね)ということです。

満15歳以上の場合:
本人を取引主体者とすることも可能

ツッキー
ツッキー
自身を取引主体者とすることが可能になります。

このように15歳を境にして、自分で取引できる・できないが大きく分かれるみたいなので、注意しましょう。

もう一点の注意点としては、楽天証券やSBI証券の場合、親がすでに証券口座を持っていないと、未成年口座の開設は行えないということです。

上の内容に注意して、未成年口座の開設を行いましょう。
楽天証券SBI証券での未成年口座の開設の公式ページはこちらです。)

大学生・高校生が投資を始めるメリット

つぎに学生のうちに未成年だけど、投資を始めるメリットについて考えたいと思います。

学生のうちに投資を始めるメリットは下の三つです。

  • 投資知識が身につく
  • 不労所得が手に入る
  • 経済ニュースに関心が持てる

学生のうちに投資の知識を身に付けられると、社会人になった後の資産形成に大きく役に立つので、これは非常に大きなメリットだと思います。

また私も同じでしたが、学生のときの収入源は「バイト代かお小遣いしかないない」という人がほとんどだと思います。そこで投資をすることで、少額かもしれませんが、配当収入や売買益を得ることができ、労働以外の収入を得る方法を知ることができます。

さらに投資をすると、世界や日本の経済や政治に関するニュースに興味を持ているようになり、世の中のことが少しずつ分かってくるということも投資を始めるメリットだと思いますね。

ツッキー
ツッキー
わたしが学生の時は、経済や政治のニュースなんて見てなかったけど、社会人になり投資を始めるてから、よく見るようになったよ。

伝説の投資家ウォーレンバフェットは11歳で投資を開始

投資を始めたいのであれば、ぜひ覚えておいてほしい投資家がウォーレンバフェットです。

彼は11歳から投資を開始していて、それでも彼はもっと早くに始めるべきだったと述べているそうです。

この言葉を聞いた時、投資を始めるのに、早すぎることはないなと思いました。

ツッキー
ツッキー
投資を始めたいと思ったときが、始めるべきタイミングだと思います。

学生・未成年が投資を始めるなら投資信託への少額積立投資がおすすめ

学生・未成年が投資を始める場合、限られた資金だからこそ、リスクを抑えながら投資を始めることが大切だと私は思います。

ツッキー
ツッキー
絶対に信用取引にだけは手を出さないようにしましょうね。

リスクを抑えるために、意識すべきことは以下の3つです。

  • 長期投資
  • 分散

資金の限られた学生や未成年が持っている一番の武器はなんだと思いますか?

ツッキー
ツッキー
それは時間です。

早く投資を始めれば始めるほど、複利の力を味方につけてリスクを抑えた投資で、資産を増やせます。

そのため、これから投資を始めようとする学生・未成年の人が一番に考えないといけないのは、リスクを最小限に抑えて長期で投資に向き合うことだと思います。短期の投資ではなく、長期の投資を意識しましょう。

つぎに分散に関してですが、株式投資では大きく以下の二つの分散があります。

  • 投資対象の分散:
    異なる業種の複数の企業に投資すること
  • 投資タイミングの分散:
    一括で購入せず、分割で購入すること

複数の業種の企業に投資をすることで、その業種が不況したり、ある企業が倒産しても、自分の資産を分散していれば、資産全体としてはダメージを小さくできます。

またタイミングに関しても、分割して購入することで、株価の高い時に一括で買ってしまうリスクを回避することが可能になります。

この分散をうまいことやってくれるのが、世界全体や米国全体に連動するインデックスファンドへの積立投資です。

ネット証券の場合、インデックスファンドへの積立投資は100円~始めることができます。

ツッキー
ツッキー
資金の少ない学生でも始めることが可能です。
少しずつしか投資できない人でも続けられますよ。

以下の記事は「つみたてNISAで積立投資を始める前に知ってほしいこと」、「投資を始めるときの貯金額」について解説を行っています。興味のある方は参考にしてみて下さい。

まとめ

今回の記事では、投資ができるようになる年齢について説明を行いました。

以下に内容をまとめます。

基本的に何歳でもOK
(未成年は未成年口座、20歳以上なら学生でも普通に証券口座の開設が可能)

証券口座の開設に必要なもの

  • マイナンバー確認書類
  • 本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証、パスポート等)
  • 印鑑
  • 銀行口座

未成年口座を使用するときの注意点

  • 15歳未満の場合は、親が取引および口座の管理を行う必要がある
  • 親も証券口座を持っていないと未成年口座は作れない

大学生・高校生が投資を始めるメリット

  • 投資知識が身につく
  • 不労所得が手に入る
  • 経済ニュースに関心が持てる

学生・未成年が投資を始めるならインデックスファンド等の投資信託への少額積立投資がおすすめです。

以下の記事はつみたてNISAで積立投資を始める前に知ってほしいことについて解説を行っています。興味のある方は参考にしてみて下さい。

今回の記事が参考になれば嬉しいです。

またコメント、質問があった場合はツイッターからメッセージをいただくか、問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】

人気記事②Manablog Copyにテーマ切替を決意できた理由【購入手順付き】