TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

【厳選】おすすめの有料・無料画像サイト6選【有料画像は差別化ができる】

ブログ

ブログで使う画像を探す人「アイキャッチ画像や記事内の画像がなんかしっくりこないなあ。いい感じの画像サイトはないかなぁ」

このような悩みに答えます。

僕も「自分のブログに使う画像に統一感がなく、なんか違和感あるなあ」とずっと悩んできました。

おなじ人も多いのでは?と思いますので、この記事では現在僕が使っている画像サイト(無料、有料)を伝えていきたいと思います。1つでも「お!これ自分のサイトに使えそう」というものがあればいいなあと思います。

それではよろしくお願いします。

この記事を読んでわかること

  • ブログで使う画像の種類、メリットとデメリット
  • おすすめの有料・無料画像サイト6選
  • 画像をするときの注意点

スポンサーリンク

ブログで使う画像の種類、メリットとデメリット

ブログで使用する画像は下記の3つです。

  • 有料画像
  • 無料画像
  • 自分で撮った画像

サクッとそれぞれのメリット・デメリットを確認していきましょう。正直フリー画像でもシンプルで使いやすい画像は沢山あるので、ブログを始めたばかりの初心者であればフリー画像一択かなと思います。

少しずつブログを「ほかのサイトと差別化したいなあ」と思うようになってから有料の画像サイトを見ていくのがいいと思います。

有料画像メリット・デメリット

メリット

  • ほかのサイトと被ることが少ない
  • なんかみたことあるな感がない
  • クオリティの高い
  • 種類・数が豊富

デメリット

  • 費用がかかる

記事を見たときに「試しに読んでみよう。(画像を見て)あれ、なんかこの記事まえに見た記事と似ているかも、ありきたり内容だと時間がもったいないなぁ。閉じよ。」と思ったことはありませんか?

こんな感じに無料画像ではなってしまうかもしれませんが、有料画像ならありきたり感がでないので、OKです。

無料画像のメリット・デメリット

メリット

  • お金がかからない

デメリット

  • 他のメディアと画像が被る
  • 商用利用の可否、クレジット表記の必要性を確認しないといけない

自分で撮った画像

メリット

  • 無料
  • 自由に使える
  • 欲しい画像が手に入る

デメリット

  • 手間がかかる
  • クオリティ低め(人による)

上記を理解したうえで使っていきましょう。

つっきー
つっきー
僕はどの画像も使っていますよ。

おすすめの有料・無料画像サイト6選

※良さげなの無料、有料の画像サイトが見つかり次第随時追加予定

僕がおすすめする画像サイトは下記6つです。

  • ①Shutterstock
  • ②Unsplash
  • ③いらすとや
  • ④Storyset
  • ⑤unDraw
  • ⑥illlustrations

それぞれについて深堀していきます。

Shutterstock:シンプルでキレイめ画像が豊富

こちらは有料のサイトになりますが、「カッコいいなあ」と思える画像が多くあったので、この画像サイトを使用しています。(たしかマナブさんもおススメしていたと思います。)

有料画像を使う1番のメリットは「ありきたり感の排除」と思いますので、自分のブログをほかのひとと違うものにしたい人にはおススメできますね。

無料で1カ月だけ使用できる「トライアル」もあるので、1ヶ月だけ使ってみて、継続すれば決めると良いと思います。

Shutterstockのトライアル期間を忘れることはない

「Shutterstockの無料トライアル期間をやったはいいけど、期限を忘れちゃって、お金取られそう」と思う人のために。

下記画面がホーム画面ででていつでも確認できるので、あと何枚の画像をダウンロードできるのか、いつまでなのかを忘れる心配はないです。
>>Shutterstockのトライアル利用はこちらから

shutterstock_1

「英語」「イラスト」「横長」で検索すると良さげが画像が多いです。

shutterstock_2

当ブログでは下記記事などでShutterstockの画像を使用中


Unsplash:クオリティ高め

unsplashはシンプルにクオリティが高い画像が多いです。実際に調べてほしいですが、「なんかいいなあ」と思える画像が沢山出てきます。

これが完全無料なのか、、と思いました。

「英語」「Landscape(横長)」でブログに使える画像が見つけられます。

unsplash_1

当ブログでは下記記事などで使用中

いらすとや:アイコンに最適です。

アイコンに使用できる画像が豊富なのでよく使用しています。アイコンは「なんか見たことがあるなあ」と思われた方がむしろ共感してもらえるので、「いらすとや」を使わせてもらっています。

つっきー
つっきー
本記事の冒頭でも使用してます。

注意点あり

下記、「いらすとや」より抜粋です。

21枚以上する場合、高解像度の画像の作成は有償になります。

Storyset

シンプルだけど、いろいろな状況の無料イラストがあるので便利です。

「英語」「STYLES」「COLOR」で自分のサイト向けにカスタマイズ可能

STYLES、COLORを変更することで、イラストの雰囲気を変更することが可能です。

storyset_1

下記資格サイトで使用中

統一されていてシンプルなサイトになっていますね。

unDraw

シンプルな画像が見つかります。
記事の途中に入れるイラストに便利と思い、使わせてもらっています。

illlustrations

数は限られていますが、かわいいイラストがあるので、使わせていただいています。

画像サイトを使う際の注意点

つぎにこれらの画像サイトを使用する際の注意点をメモしておきますね。
画像サイトの画像を使用する際に下記注意点は確認しましょう。

つっきー
つっきー
画像を使用する際は、以下の点を確認して使用するようにしましょう
  • 商用利用可能かどうか:
    アフィリエイトで報酬を得るブログなどでの利用はOKか
  • クレジット表記が必要かどうか:
    画像製作者・サイト名の表示が必要かどうか

まとめ

今回の記事では僕の厳選した有料・無料の画像サイト6選を紹介しました。

僕がおすすめする画像サイトは下記6つです。

  • ①Shutterstock
  • ②Unsplash
  • ③いらすとや
  • ④Storyset
  • ⑤unDraw
  • ⑥illlustrations

どのサイトも僕が実際に使用しているサイトです。一度見てみて、「いいなあ」と思うサイトがあれば使って、あなたのサイトで是非使ってみて下さい。

今回の記事が画像サイトを探すあなたの参考になれば嬉しいです。

またコメント、質問がある場合はツイッターからメッセージか問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。