TSUCKY BLOG Written by ツッキー(Tsucky)

Binance(バイナンス)でDefiステーキングをする方法【保有→運用へのシフト】

Binance

バイナンスでDefiステーキングをしたい人「長期保有してる仮想通貨があるから、Defiステーキングで運用したいけど、やり方が複雑で分からないなぁ。やり方を教えて欲しい。」

このような悩みに答えます。

本記事では、BinanceでDefiステーキングをする方法について、僕の画面を使いつつ、解説していきます。

「ステーキングってなに?」と疑問に思う人でも、バイナンスでステーキングをするイメージを掴めます。

ステーキングを知りたい・したい人は是非最後まで、本記事に目を通していただければと思います。

それではよろしくお願いします。

まだBinance(バイナンス)の口座を持っていない人は、以下の記事を参考にしつつ、口座開設しましょう。
»Binance(バイナンス)の公式ページはこちらから

この記事を読んでわかること

  • ステーキングについて
  • ステーキングのリスク
  • Defiステーキングのやり方

スポンサーリンク

そもそもステーキング(Staking)とは

そもそもステーキングとは

BINANCE(バイナンス)のステーキング(Staking)(※ステーキングは“預け入れ“の意味)とは、自分が保有している仮想通貨を、一定期間預け入れて、そのブロックチェーンのネットワークに貢献することで、対価として、トークン(仮想通貨)が得られる仮想通貨の運用方法のこと。

ここで疑問点が出ていると思います。

まず「ブロックチェーンのネットワークに貢献する」とは、そのブロックチェーンの参加者になって、ネットワークの維持に貢献している、というイメージです。

なので、参加者に対して、定期的にトークンが報酬として支払われます。

株式を保有して、その会社を応援することで、配当がもらえる感じに似てる。

ステーキング(Staking)の種類

ステーキングには以下、3種類あります。

  • フレキシブルステーキング(Flexible Staking)
  • 定期ステーキング(Locked Staking)
  • DeFiステーキング(DeFi Staking)

このなかで本記事でやり方を伝えるDefiステーキングは、分散型金融(DeFi)と呼ばれる金融サービス(アルゴリズム)のために仮想通貨を預け入れることにより、定期的に利息を受け取ることができる運用方法です。

バイナンスで提供されるステーキングは次の2種類

  • Defiステーキング:自由に仮想通貨を出し入れ可能
  • 定期ステーキング:一定期間資産を預け続ける

得られるリターンとしては、定期ステーキング>Defiステーキングになります。これは、ロックタイプのステーキングの方がリスクが高いためです。

Defiステーキングのリスク

Defiステーキングに限らず、ステーキング全般に言える話ですが、保有期間が固定されている方が、価格の変動リスクにさらされやすいです。そのため、期間がロックされているステーキングの方がリスクが高くなります。

フレシキブルで買った方が、好きなタイミングで出し入れができるので、「あ、下がりそう」と思ったときに、すぐに取り出せるので、変動のリスクは低いです。

Defiステーキングのやり方

実際にバイナンスで、Defiステーキングをする方法を紹介して行きます。まずホーム画面より、「もっと見る」をタップします。

defi-staking-1

金融→ステーキングに移動します。

defi-staking-2

つぎにDefiステーキングに移動

自分のDefiステーキングしたい通貨を検索し、「今すぐステーク」をタップ。僕はバイナンスコインに今回Defiステークします。

defi-staking-4

つぎに入金する金額を入力します。

defi-staking-5

金額を入れたら、チェックを入れて、確認をタップします。

defi-staking-6

その後、以下の画面が出て、ロック完了となれば、Defiステーキングは完了です。

defi-staking-7

さいごに:仮想通貨も保有→運用へシフト

今回の記事では、バイナンスをこれから使う人向けに、①ステーキングについて、②Defiステーキングのやり方をまとめました。

バイナンスで保有しているだけの仮想通貨を運用することで、収益を上げることが可能になります。

正直、売買するのは手間だし技術もいるけど、運用ならだれでもできますよ。

この記事を参考にしつつ、Defiステーキングも試してみて下さい。

ということで今回の記事は以上です。

まだBinance(バイナンス)の口座を持っていない人は、以下の記事を参考にしつつ、口座開設しましょう。
»Binance(バイナンス)の公式ページはこちらから

またコメント、質問がある場合はツイッターでメッセージを頂くか、問い合わせからコメントを頂ければ、返信させていただきます。よろしくお願いします。

期間限定①Amazonのコンテンツギフトで文章力レベルアップ【音声は神】

人気記事①資産を爆増させる米国株投資ブログ【始め方・稼ぎ方まで徹底解説】